トプ画でわかる心理と男女の特徴とは

トプ画でわかる心理と男女の特徴とは

トプ画、またはトップ画像と呼ばれるプロフィール写真や画像。SNSのアカウントを持っている人なら最初に選択する際に、色々と悩んだ経験があるでしょう。

このトプ画ですが、その人の心理や特徴がわかるということを知っていましたか。その時の気分でなんとなく選ぶ人、こだわりのある画像を選ぶ人など色々です。

自分のトプ画を改めて見直すと、なるほどと思う部分があるかもしれません。ではトプ画でわかる男女別の心理について、詳しくご紹介していきましょう。

 

男性が選ぶトプ画でわかる心理

トプ画でわかる心理と男女の特徴とは

なんでもいいやと適当に選んだトプ画。実は深層心理が反映されて、フォロワーや友人などに見抜かれている場合もあるでしょう。では男性に多い、トプ画でわかる心理についてご説明しますね。

 

ペットや動物

自分が可愛がっているペットをトプ画にする心理は、基本的にペットが大好きで家族の一員のように扱っている様子がわかります。

ペットのトプ画は動物好きをアピールしているだけでなく、私生活を周囲に知ってもらいたい願望が隠れています。家にはこんなに可愛らしいペットがいるよ、と友人に見てほしいのでしょう。

動物が好きな人は、とても素直で優しいタイプ。また動物やペットを介して、初対面の人とコミュニケーションをとりたい思いもあるので、社交的な一面もありますね。

 

仕事中やスーツ姿の自分

男性のトプ画でよくあるのが、仕事中の自分の画像やスーツ姿のスナップ写真など。このトプ画の心理は、自分の仕事を誇りに感じるバリバリのビジネスマンです。

また自分は仕事ができる男だと、周囲にアピールしたい行動ですね。スーツ姿は働くことを連想させるものなので、アイコンにしたりプロフィール写真で使ったりするのは、自分が真面目で責任感があり信頼できるタイプだと教えている意味があります。

プライベートよりも仕事が好きな自分を知ってほしい、やり手の人かもしれません。

 

家族の写真

トプ画の心理ですが、家族の写真を選ぶ人は家族愛がたっぷりとある人。自分の家族はできれば他人には見られたくないと考える人は、世の中に多く存在します。

逆に自分からアピールする人は、家族を誇りに思っているため。またはとても大切に想っているので、トプ画にするケースもあるでしょう。

このタイプの人は男女関係なく、何よりも家族が大切。家族を土台にして社会生活をする人は、間違ったことをしない傾向があり、男性なら他のものに目を向ける確率が低いともいわれています。

 

風景

目の前に広がる海、ビルの谷間などの風景をトプ画にする心理は、現実逃避したい状況があります。とくに自然の風景は、とても綺麗で行ってみたくなりますよね。

今の生活に不満を抱えていて、そこから解放されたい願望がある人は、無意識に綺麗な風景を選ぶでしょう。窮屈な日常が嫌になり、知らない土地でのんびりとしたいと思うのかもしれません。

トプ画で自分の置かれた環境をアピールするのは、今の自分を他人に理解してほしいため。疲れているので誰かに癒してほしいと、メッセージを送っている可能性もあります。

 

後ろ姿

正面でなく後ろ姿。顔を見られるのが嫌な意味もありますが、後ろ姿は本来見えないところを周りに見せているので、裏表がある典型的な性格だといえます。

たとえば、仕事と私生活が真逆な人もいますよね。バリバリと仕事をするビジネスマンで、職場でも評価されるリーダー的な人でも、プライベートになると大人しくて異性に近づけないなど。

後ろ姿とは自分を守る意味もありますので、守衛本能が強いのも特徴です。SNSはあくまでも付き合いで、一歩踏み込んだ深い関係は築かないタイプが多いでしょう。

 

女性が選ぶトプ画でわかる心理

トプ画でわかる心理と男女の特徴とは

女性のトプ画はバラエティに富んでいるので、友人の画像を見て「いいな」と思ったら真似する人もいますよね。好きな女性のトプ画は気になる存在。どのような心理が隠されているか見ていきましょう。

 

食べ物

女性のトプ画でよく見かけるのが食べ物。人気レストランのメニューの写真を使っている人や、自分が料理したものを選択する人もいます。

このタイプの女性は見た目を重視する傾向があり、トプ画にする料理は綺麗に撮影するために頑張っています。見た目が何よりも重要なので、初対面の人をルックスで判断する場面がよくあります。

男性を選ぶ時は、とくに顕著にそんな考え方が表れているでしょう。または単純にグルメで、その食べ物が好きだから。好みを仲間と共有したい気持ちがわかります。

 

趣味

手芸やエクササイズ、アートなど自分の趣味をアピールするトプ画は、自分の世界観がある人。他の人とは違う自分を知ってもらいたいため、こだわりのあるものをトプ画にする心理が働きます。

趣味はプライベートを見せる部分なので、自分の世界を誰かに受け入れてほしい気持ちもあるかもしれません。同じ趣味仲間を見つけたい、趣味の話題をきっかけに仲良くなりたいという近づき方をしています。

 

加工した自分の顔

まつげを増やしたり目を丸くしたりして、加工した自分の写真をトプ画にする女性心理は、自己愛がとても強いためです。もっと奥深くまで追究すると、逆に自分にコンプレックスがある場合も。

気に入らない顔のパーツを編集して、完璧にすることで安心するのでしょう。このままの自分では受け入れてもらえない、と極端に誤解している人もいるかもしれません。

顔の一部を変えるのは、本当の自分の姿をさらすのが怖いため。他人から認められるよう、周囲の評価を基準に自分の魅力をアピールしています。

 

仲間と一緒

仲良しの人と一緒の写真、仲間とBBQしている風景など、友人と一緒に写ったトプ画にする心理は協調性がある人です。自己主張が苦手なので、自分一人の写真よりも誰かと一緒でないと不安。

またグループの写真は、自分の交友関係を周りにアピールしたい気持ちもあり、孤独でないことを知らせています。このタイプはいつも誰かとつながっていないと怖くなるので、TwitterやFacebookなども友人やフォロワーの数が多い傾向があります。

 

芸能人

好きな芸能人をトプ画にする心理は、その人に対する強い憧れがあり、実は理想が高い人の特徴です。素敵なモデルの写真をトプ画に選ぶ女性のように、こうなりたいという姿をアピールするのは自分に不満があるため。

認めたくない姿よりも、芸能人や有名人の写真のほうがよいと思っているのでしょう。

 

よくあるトプ画の心理背景について

トプ画でわかる心理と男女の特徴とは

トプ画でよくあるパターンの、男女に共通する心理背景についてご説明しますね。自分もこの仲間の一人ではないかどうか、早速チェックしてみましょう。

 

設定しない

女性よりも男性に多い、トプ画を設定しない人。何もないとあっさりとしていて、インパクトが残りませんよね。この場合は設定した時に選びたい画像がなかったため、もしくは自分を間違って周囲にアピールしたくない慎重派です。

プライベートを大切にするので、個人情報がわかりそうなことは全てブロックしています。

 

自撮り

自撮り写真をトプ画にするのは今の自分に満足している、自己愛が強い、プライドが高い人の特徴です。恋愛では自由奔放で、思ったように感情表現できる人。

周囲からは積極的に話しかけて近づく人に見えますが、自己中なところもあるので注意が必要です。変な顔や面白い顔にするのは、極度の寂しがり屋で本心を知られないように、わざと演出している可能性があります。

 

まとめ

トプ画の心理は自分のことや気になる人、友人などの心を知るチャンスになるかもしれません。定期的に変えて、その時の心理をアピールしてみませんか。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>存在アピールする心理には注目されたい思いも

ページ上部へ戻る