空を見るのが好きな心理でわかる思い

空を見るのが好きな心理でわかる思い

空を見るのが好きな心理は、ストレスの度合いが関係しているといわれています。嫌な出来事があるとうつむく人や、遠い目でぼんやりとする人などさまざまです。

忙しい日常生活の中で、空をゆっくりと見上げる機会は少ないかもしれませんが、心に引っかかるものがあるとふと上を見上げる場合があります。

真っ青な空は気分爽快ですが、曇り空だと気持ちまでどんよりとしますよね。人にとって空の表情は、あらゆる意味で影響を与える存在です。

では空を見るのが好きな心理と、ストレスの関係性についてご解説していきましょう。

 

空を見るのが好きな心理はなぜか?

空を見るのが好きな心理でわかる思い

果てしなく広がる空、雲の上には何があるのか。子供の頃に不思議に思った経験は、多くの人があるといえるでしょう。

ふと見上げる場面もある空ですが、中には見るのが好きな人も存在します。ではそんな時の心理背景について、詳しくご説明していきますね。

 

考えごとをしている

空を見るのが好きな心理は、頭の中に色々な物ごとを抱えて、無意識に目線が上に行っているためです。すぐに解決しないことを考える時は、ふと上方向を見上げる場面がよくありますよね。

考えごとをしている時は、視線まで意識していません。そのため遠いところを見ながら、ついでに空も一緒に視野に入っている場合があるでしょう。

 

精神的に疲れている

恋人と喧嘩した後や仕事で上司に怒られた時など、気分が落ち込むと自然と空を見たくなります。ストレスが多くなると現実から逃げ出したいために、空を見るのが好きな心理が働くケースも。

誰もいない広い世界に行きたい、邪魔されたくないと問題を放棄したい気持ちの表れかもしれません。精神的に疲れている時は空を見上げて深呼吸すると、少しは心が落ち着きますよね。

 

創作力が欲しい

クリエティブな仕事を任された際やアイデアが欲しい時、空を見るのが好きな心理になります。細々した生活風景だと思考力がまとまらず、よい考えが出てこない場面がよくあります。

そんな時に気分をリフレッシュするために、ふと空を見上げる場合があるでしょう。たとえば絵画でどの色を使うか迷った時、空を見るとひらめくものがあるかもしれません。

 

イライラしている

通りすがりの人と肩がぶつかり、相手が無視していってしまう時。恋人といつまでも意見が食い違う時など、毎日イライラする瞬間はどこかしらに隠されているものです。

そんな時は空を見て、感情をコントロールしたくなりますよね。入道雲が広がる空、ふっと息を吐き出すと、イライラも一緒に出ていきそうな気持ちになります。

感情的になっている時は空を見て、まずは心を落ち着かせるのも大切です。

 

空を見るとよいことがあるかも!

いつもうつむきながら生活している人は、これからなるべく空を見上げる習慣を意識してみませんか。空から受けるさまざまなエネルギーは、次のようなメリットが期待できるといわれています。

 

心が元気になる

空を見る時の姿勢を思い出してください。頭が上を向き背中がピンとなり、自然と胸を張っていませんか。この姿勢だけでも心を元気にするメリットが期待でき、さらに真っ青な空を見ることで自然とモチベーションがアップします。

悲しいことや辛い出来事があると、人間は肩を落として背中が丸くなります。そして地面を見るように視線が下を向いてしまうので、姿勢もさらに心を暗くする原因になります。

空を見るのが好きな心理は姿勢を正し、体から精神面に働きかけているかもしれません。

 

癒される

空は薄いブルー、白い雲などの優しい色が多いもの。黒や赤など、原色が持つインパクトがありません。そのため空の色は目立たない代わりに、心を癒してくれるメリットが期待できます。

色の与える印象は心理的な部分にも関係がありますので、ストレスを抱えた時に空を見上げるのは、無意識に癒しを求めているためなのでしょう。

たとえば黒い壁、文字の多いボードなどをずっと見ていると刺激になり、逆にストレスを抱きやすくなってしまう可能性も。その点空には雲があったり鳥が飛んでいたりするだけで、余計なインパクトがないのが癒しにつながっています。

 

疲労回復の可能性も

パソコンやスマホなど、目を使う場面はよくありますよね。そのまま目を酷使していると、頭痛や肩こりなどが悪化する可能性もあるでしょう。

空を見るのが好きな心理になるのは、目の疲労解消が期待できるためで、遠くの空を見ると自然と視力の調整にもなるかもしれません。

目の疲れからやってくる体の不調は、時には精神的な負担にもなりかねないでしょう。体調が悪いとイライラするように、パソコンの使い過ぎで感情が不安定になるリスクもあります。

そんな時に空を見ると目の疲れがとれる可能性があるので、意外なところにもメリットが感じられるかもしれません。

 

ブルーは気持ちを冷静にしてくれる

色彩は人間の心理に働きかけるもので、それぞれのカラーが持つ特徴があります。空のブルーは寒色系で、感情をコントロールする際によい色だといわれています。

カッとなりオフィスから飛び出した時は、まず空を見上げましょう。ビルの隙間から見える透き通る空のブルーは、ハッと我に返るタイミングになるかもしれません。

 

好きな空でわかる今のストレス度

空を見るのが好きな心理でわかる思い

好きな空のパターンは人によって違いますが、その時に抱えているストレスの度合いによっても好みが変わるようです。では好きな空でわかる、ストレスのレベルについてご紹介しましょう。

 

青い空

青い空が好きな人は人間関係で、ストレスや不安を抱えている可能性があります。言いたい内容を言えずにいつも我慢している人は、友人に相談したり日記をつけたり、心のもやもやを発散する必要があります。

空を見る時は一緒に太陽の光を浴びて、幸せな気持ちをどんどん取り入れてくださいね。

 

夕焼け空

感傷的になっているので、些細な出来事でも泣いたり怒ったりする状態です。恋人と別れた後など、直視したくない事態が起こっているのかもしれません。

夕焼け空が好きな人は、自信を失っている可能性があるので自分を磨き、よいところを意識して人付き合いするのも大切です。いつまでもくよくよしていては、問題から立ち直ることができません。

 

星空

とてもロマンチックな星空は、好きな人と二人でいつまでも眺めていたい風景です。星空が好きな人は現実逃避する癖がありますので、しっかりと問題に立ち向かい改善するのが必要です。

苦手分野や嫌なものがあるとそこから逃げる傾向があるので、ストレスを感じた時は現実的な部分を意識して考えるとよいでしょう。疲れた時は一人で映画を観るなど、別世界で疲労回復するのも重要ですね。

 

曇り空

大勢の中にいると疲れる曇り空が好きな人は、もともと個人プレイが得意なので、集団生活をしているとすぐに疲労が溜まってしまう可能性があります。

その場合は快適に感じる、一人の時間を持つことが必要です。エクササイズや旅行、美術館巡りなど、知的好奇心を刺激するのもよいかもしれません。

 

瞑想しよう

空を見るのが好きな心理が働く人は、空と太陽のエネルギーを吸収するために、瞑想するのもひとつの方法。

たとえばオフィスの窓際など、休憩時間に光をたっぷりと浴びながら、数分間目を閉じてください。ストレスを解放すると、本当に求めるものが見つかるはずです。

 

まとめ

空を見るのが好きな心理は、今の生活に特別な思いがあるためなのでしょう。のんびりと芝生に寝転がり、大空に流れていく雲を眺める時間は、心身共に大切な意味があります。

時間に追われながら生活する時は、少しだけ余裕を持って空を見上げてくださいね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>自分のことがわからない心理になる5つの瞬間

ページ上部へ戻る