深爪する人の心理と爪でわかる人の特徴

深爪する人の心理と爪でわかる人の特徴

深爪は、心理的に無意識にやってしまう場合があります。爪の形は人それぞれ。何気ないところでも、その人の特徴や心の中が見えてきます。

爪が伸びすぎると不衛生に見えるので、定期的な爪切りは必要不可欠。習慣的にやっていることでも、その時の心境で爪の長さは変わっているかもしれません。

深爪すると指先が痛くなり、しばらくは生活の中でも不都合に感じる場面があります。なるべく避けたいことですが、世の中にはあえて深爪する人の心理があるのです。

 

深爪する男性の心理背景について

深爪する人の心理と爪でわかる人の特徴

深爪は、ほとんどの人が好きでやってしまうことではないですよね。うっかり切りすぎる場合が多いはずですが、爪を深く切ってしまう癖がある人には心理的な意味が隠されています。

 

仕事のため

接客業や営業でお得意先に出かけることが多い人は、身だしなみが仕事にも影響します。女性なら多少爪が長くても、綺麗にネイルをしていればごまかせるかもしれませんが、男性の場合は爪切りが何よりも適切なケア。

長い爪だとあまり清潔に見えず、お客さんからじっと爪を見られる場合もあるでしょう。仕事柄、いつも爪を短くしなければならない人は、毎回切るのが面倒になるので短めにカットすることが増えます。

 

不満を抱えている

ストレスがあると、自分の体の一部分を無意識に触ることがありますよね。子供が爪を噛むのと同じで、生活に不満を抱えると深爪してしまいます。

ストレス発散の手段のひとつなのですが、痛みを感じることで逆に自分を安心させている部分もあります。ストレスの度合いが強いほど、爪の長さは短くなってしまうといえるでしょう

 

安心したい

爪を噛むのが癖の人、緊張すると爪をいじる人など、指先に意識が行くのは安心したいためです。深爪する心理は、誰かに甘えたい気持ちや助けてほしい願望の表れ。

深爪する男性の中には、子供時代と同じく爪を噛んで、気持ちをコントロールさせている人もいるでしょう。スーツ姿でビシッと決めたビジネスマンが、いきなり爪を触り出すとイメージが急変してしまいます。

 

繊細な性格

人の感情に振り回されやすい繊細な性格の人は、周囲から受けるさまざまな刺激を、自分なりに解消しないと苦痛を抱えてしまいます。

とても感受性が強いのも共通し、映画を見て泣いたり笑ったり、感情表現もはっきりとしているでしょう。繊細な性格の人は相手の気持ちを考える反面、逆に優しい性格が原因で不幸や不安なども一緒に抱え込んでしまいます。すると深爪する心理になり、辛い気持ちを発散しているのです。

 

潔癖な人

爪が伸びてくると白い部分が気になり、さほど長く伸びていなくてもこまめに切る人がいます。白い部分があると爪が不潔に見えるため、神経質で潔癖な性格の人は深爪する心理が働きます。

すぐに伸びないよう髪を短くして、カットの頻度を増やしてしまうのと同じかもしれません。潔癖症の人はすぐに爪を切るので、会社にもカバンにもいつも爪切りを携帯しているでしょう。

 

深爪する女性の心理背景について

深爪する人の心理と爪でわかる人の特徴

最近はネイルサロンが大人気。セルフネイルでいつも爪のオシャレをする女性が、とても増えているといわれています。指先は女性らしさを示す部分ですが、深爪する人にはどのような心理背景があるのでしょうか。

 

イライラしている

イライラした時に、普段しないような行為をしてしまうケースがあります。深爪する女性の心理も同様で、悔しい出来事や頭にくることがあると、発散する場所が必要になってしまうのです。

たとえば机を落ち着きなく軽く叩いたり、近くにあるものに思わず触ってしまったり、体が我慢できず反応します。イライラするといきなり髪を短くカットするのと同じで、勢いに乗って深爪する心理が働くかもしれません。

 

育児や仕事のため

育児や家事があるので、爪を長く伸ばせない女性は多く存在します。赤ちゃんを抱っこしている人が、ネイルで綺麗なオシャレをしているのを見ると、少し不思議に思ってしまう場面もありますよね。

また看護師さんや飲食店で働く人、美容師など手を使う仕事で、衛生的にしなければならない職業も深爪する心理になります。爪は雑菌が入りやすい可能性があるため、風邪のシーズンなどは爪切りをこまめにやったほうが安心です。

 

愛情不足

子供時代に深爪したり、爪を噛んだりした経験がある人は、大人になっても深爪する癖が残っています。それは愛情不足が原因で、爪を深く切ることで満たされない気持ちを解消しているのです。

いつも爪が短い女性は清潔感がある反面、そんな心理背景を考えると愛されたいメッセージを送っているのかもしれません。

 

神経質

神経質な人は周囲の視線を気にして、爪を頻繁に切る習慣があります。手は人に見られやすいところで、とくに女性はネイルのオシャレが気になるので、つい他人の爪を見る場面がよくあります。

神経質な人は長い爪で、周りから嫌がられないように深爪して、いつ見られてもいいように対処しています。

 

爪の形でわかる特徴や性格について

深爪する人の心理と爪でわかる人の特徴

爪の形は色々とあり、指が短く見える丸い形や、指先が美しく見える綺麗な形などさまざまです。では爪の形でわかる、人の性格や特徴についてご紹介しましょう。

 

横長の爪

横長の爪の人は、しっかりと考えて結果を出すタイプ。短気な部分もあり、自分の意見を押しつけてしまう場面もあるため、周りと温度差ができることもあります。

感情的な人を嫌い、冷静になんでも判断する性格なので、一見冷たい人に見られるケースもあるでしょう。きちんと論理的に説明されないことには、納得がいかないタイプです。

 

縦長の爪

縦長の爪の人は完璧主義で、その場の雰囲気に流されやすい一面もあります。クリエイティブな仕事に適しているので、集団生活ではみ出してしまう場合もあるでしょう。

逆に論理的な考え方をするタイプの人とは、上手くいかないこともあるかもしれません。

 

逆三角形の爪

天才肌で、繊細な性格の持ち主の逆三角形の爪。このタイプは人が気にしない細かい部分まで気を配る人なので、肝心なところで活躍してくれる場合もあります。

また独自のアイデアが豊富なので、個性的な人だと思われるケースも。爪が三角形の人は基本的に神経質なところがありますので、大雑把に物ごとを考えて、あまりイライラしない生活を意識するのも大切です。

 

卵型

丸みを帯びた形は、どのようなものでも優しく平和な印象を与えます。爪の形も同様で卵型の人は人当たりがよく、平和主義者のサイン。

誰かが喧嘩すると必ず中立の立場になり、その場を収めようと頑張るタイプです。周囲から好まれるタイプでありながらも、逆に優柔不断で人間関係があいまいになるケースもあるので、自分の立場をはっきりとさせなければならない場面は注意が必要です。

 

真四角

丸みがない四角形の爪は、真面目な性格で忍耐強いのが特徴です。この爪の形は女性よりも男性に多く、頑固者と周囲に思われている人も少なくありません。

仕事も真面目で、人付き合いもきちんとしていますが。柔軟性が乏しいので他者とぶつかる場面もあるでしょう。もっとリラックスして、余裕を持つとよいかもしれません。

 

まとめ

深爪する人の心理は、男女共にストレス発散の意味があり、イライラや不安を隠すためについ爪を深く切ってしまう部分があります。

爪切りする時は、無意識に考えごとをしながらやってしまう瞬間がありますので、切りすぎないように大きく深呼吸してから始めるとよいかもしれません。

爪の形は個人差がありますので、初対面の人はまず爪の形を確認してから対処するのも、付き合い方のコツになるといえるでしょう。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>スマホ画面が割れたまま使う心理について

ページ上部へ戻る