存在アピールする心理には注目されたい思いも

存在アピールする心理には注目されたい思いも

存在アピールしたい時の心理は、なぜ働くものなのかわかりますか。周囲の視線がとても気になり、もっと注目されたい、ちやほやされたいと思う場面があります。

周囲には必ず存在感のあるタイプの人が存在し、何をしなくてもなんとなくその場の雰囲気が変わってしまう場合がありますよね。

自分もそうなりたいと思うのは、自然なことかもしれません。とくに職場など評価がキャリアに影響する環境だと、存在アピールしたい心理が働くケースもあるでしょう。

ではなぜそんな気持ちになるのか、またもっと注目される人物になるためにできることを、詳しくご解説していきますね。

 

存在アピールしたくなる心理背景とは?

存在アピールする心理には注目されたい思いも

周囲から注目を集め、一目置かれる存在には憧れますよね。そんな人になりたいと思う時、どのような心理背景があるのかご説明しましょう。

 

周りに愛されたい

子供の頃に充分な愛情を親から注がれずに大人になった人や、辛い人間関係を体験した人は、人一倍周囲に愛されたい願望が強くなる傾向があります。

すると自分から存在アピールする心理が働き、もっと愛情を受け取りたいのです。愛されたい欲求を満たすために、ひたすら待ち続ける人もいるでしょう。

しかし期待通りに周囲が自分を扱ってくれないと、視線を集めたくなり違った行動に挑戦する場合もあります。

 

無視されるのが怖い

いつもどこかのグループに所属していないと、不安になる人が周囲にいませんか。単独行動が苦手で、仲間の一員にならないと満足できません。

このタイプの人は無視されるのがとても怖いため、環境に溶け込むように存在アピールする心理が働きます。他の人が楽しそうに話していると、自分の悪口を言われていないか不安になり、話題に無理矢理入ってしまうケースも。

考えすぎる傾向があるので、人の視線や行動に敏感になっています。

 

キャリアを伸ばしたい

存在アピールすることで、何かとメリットになる場合があります。たとえば職場でリーダーシップを発揮しながら仕事をこなす人は、一目置かれて何かあるたびに頼られる存在です。

大人しい人に相談するよりも、存在感のある人のほうが何かと安心できますよね。周囲に与えるイメージを気にするこのタイプの人は、存在アピールするために目立つ行動をとることがよくあります。

ミスした人を大声で叱ったり、仕事のプロジェクトを積極に考えたり、自分の将来についても賢く考えているのでしょう。

 

有名になりたい

テレビで活躍する芸能人や話題になる人を見ると、とても憧れるタイプもいます。地位や名声を大切にするため、どういう手を使ってでも有名になりたいと思うでしょう。

存在アピールをするために派手なファッションや、目立つ行為を意識して自己満足しています。目立つということは存在感とは違う一面がありますので、間違った方法で周囲にアピールすると、面倒な人だと思われてしまいます。

 

モテたい

存在アピールしたい心理は好きな女性の前でも働き、自分の気持ちに気づいてほしいため特別な態度をとります。他の女性とは一切話さないのに、特定の人とだけニコニコと楽しそうに話す人。

好きな人の好みに近づきたくて、ファッションや髪型などを急に変える人もいるでしょう。気になる人がいると、できるだけ接近するチャンスが欲しくなりますよね。

しかし相手の反応を見ながら上手く存在アピールしないと、しつこい人だと誤解される場面もあるので注意してください。

 

存在感のある人になるための方法について

存在アピールする心理には注目されたい思いも

なんとなくその場の雰囲気が変わる存在感のある人は、見た目でなく内側から漂う特別なオーラがあります。存在感がある人は周囲の人から注目されるため、いつも気持ちが引き締まり人生の充実度が高くなるでしょう。

ではそんな憧れの存在になるための方法について、詳しくご説明していきますね。

 

自信を持つ

存在アピールしたい心理が働いて一生懸命頑張っても、数多い人の中の一人にしか過ぎない存在。しかし本当に存在感がある人は、無理をしなくても周囲に特別な雰囲気を残します。

その理由は誰に対しても、堂々とした態度で接しているため。自分のコア部分がしっかりと築かれているので、どのような場面でも勇気を持って対応できます。

存在感のある人は自分の立場や責任感を理解しているため、何をしても余裕が感じられるでしょう。

 

説得力を意識する

存在アピールしたい心理は、周囲から認めてほしい気持ちがあるためです。誰も振り向いてくれない環境だと徐々に自信がなくなり、発言するチャンスが来ても黙ってしまうでしょう。

存在感が強い人は、説得力のある話し方ができます。相手に合わせてわかりやすく説明したり、言葉や話し方のトーンを変えたりして、自在にコントールできるもの。

そのため周囲から信頼され、困った時に頼りたくなる存在になるでしょう。はっきりと意見が言えない人は、強い性格の人に流されてしまう場合が多いので、存在アピールしたい時は自分をしっかりと持つ必要があります。

 

マイナス感情を見せない

性格の悪い人や態度が大きい人など、逆の意味で存在感がある人も世の中に存在します。そんな人が近くにいると、次はどのような態度をとってくるのか周囲がハラハラしますよね。

本当の意味で存在感のある人は、決してマイナスな印象を与える感情表現はしません。いつもリラックスして落ち着いた話し方ができるので、一緒にいる人まで心が安定します。

ゆったりとした態度は、周囲から嫌われやすい短気な人とは違った、ポジティブな存在感が魅力的ですね。

 

個性をアピールする

存在アピールしたい心理になると、人とは違うことをして目立たなければならないのでは?と誤解する人もいるでしょう。意図的に目立とうとする人は周囲と温度差が生まれ、結果的に存在感はアピールできません。

個性を大切にする人は、自分の独自のキャラを自然にアピールしているので、周囲の記憶に残りやすいのが特徴です。初対面でもインパクトを残し、また会いたいと相手が思うかもしれません。

話が楽しい、オシャレにこだわりがあるなど、自分の個性を上手く魅力にプラスしています。

 

コミュニケーションのタイミングを掴む

存在アピールしたい時は「ここぞ」というタイミングで、コミュニケーションをとっていくことがコツです。一方的に会話を進める人は、次第に人が遠ざかる原因。

しっかりと相手の話を聞ける人は、話の重要ポイントを押さえています。そのため周りが知りたいことを上手く質問したり、周囲の流れに合わせてコミュニケーションをとったりできるでしょう。

会話のメインにならなくても、たった一言で周囲が納得するような的を射た発言ができるのも、存在感がある人の魅力ですね。

 

センスを磨く

存在アピールしたい心理になったら、センスを磨きましょう。トレンドを意識するだけでなく、好感を与えるようなファッションや立ち姿、背筋がピシッと伸びているかなど。

人の視線をいつも感じていることは、自然と自分を素敵に変える原動力になります。高級ブランドで身を固めるよりも、自分に似合うものを知っている人。これは自分に自信があるからこそ、できる技かもしれません。

 

存在アピールしたい心理には存在感が関係している!

存在アピールしたい心理になったら、その理由をまず考えてみましょう。もっと自分を知ってもらいたい、見てほしいと感じるのはきっかけがある可能性も。

たとえば仕事のミスや失恋など、辛い経験を乗り越えるために存在感のある人になりたくなるケースがあります。自分らしく内側の魅力をアピールできるように、他人に対する思いやりや優しさを意識すると、徐々に視線を感じるようになるかもしれません。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>高級腕時計を持つ心理と仕事やセンスの関連性

ページ上部へ戻る