辛い過去を話す心理は心を許しているサイン

辛い過去を話す心理は心を許しているサイン

辛い過去を話す心理は、もやもやしたことをすっきりと開放したい時や、相手に対する思いがアピールされる時に働きます。誰でも話したくない過去や出来事は、ひとつくらいあるはず。

触れてほしくないことを自分から話すのは、大切な意味や理由があります。男性にとって気になる、辛い過去を話す女性心理。あまりも深刻な内容だと、どう受け止めればよいのか困惑する場合もありますよね。

そこで辛い過去を話す女性心理はなぜか、今回は奥底まで深く理解していきましょう。

 

辛い過去を話す女性心理について

辛い過去を話す心理は心を許しているサイン

辛い過去を話す女性は心理的にどのような意味があるのか、話を聞く側の男性としては色々と考えてしまいます。世間話とは違う過去の話は、誰でもできるわけではないのです。では女性心理で考えられる内容を見ていきましょう。

 

共感してほしい

辛い過去を話す心理は、相手に共感してほしいため。辛い時期を乗り越えて頑張った自分を、同じ目線で受け止めてほしいのです。

他人には恥ずかしい話や、自分が不利になる話はできれば避けたいものですが、辛い過去はいつまでも心の中に閉じ込めておくとトラウマになる場合も。

そんな時に同じく「辛さ」をわかち合える人がいると、とても癒されるでしょう。返事に困ってしまう場面ですが「大変だったね」と優しく声をかけてあげてください。

 

心を開いているサイン

辛い過去は封印したいものでもあるのですが、相談ごとや悩みごとが言える人なら、心を開き過去を共有したくなります。子供時代の出来事がきっかけで人間不信になったなど、いつまでも内緒にしておきたい内容もあるでしょう。

辛い過去を話せるのは、よほど心を開ける人だけ。つまり女性が過去を話してくれるのは、特別な存在である証なのです。世間話や天気の話、テレビの話題など相手が誰でもできる話題は色々とありますが、プライベートを話す際は誰でも慎重に相手を選びますよね。

 

慰めてほしい

辛い過去を話す女性心理は、たくさん慰めてほしいから。しかし話し相手を間違えると、期待通りの反応をされずがっかりする場合もあるでしょう。

辛い過去を体験している人は、価値観が構成され「こうあるべきだ」と自分の思い込みやこだわりが出来上がっています。そのため辛い話をしたら絶対に慰めるべきだと考え、相手の態度に期待しているのです。

あまり興味のない態度で話を聞いたら、二度と女性から近寄ってくることはないかもしれません。

 

全てをさらけ出している

過去に嫌な体験や辛い思いをした経験がない人は、世の中にいないはずです。何かあるたびに思い出す過去のこと。全てをさらけ出して自分を受け入れてほしい時に、辛い過去を話す女性心理が働きます。

いつも元気に仕事をするキャリアウーマンや、周りから強い人だと思われて期待に応えるよう無理している人。本当は辛い過去を乗り越えて、今の自分があることをさらけ出して全て知ってほしいのです。

口を閉ざしたくなる過去の出来事ですが、いっそのこと全て明かせば、これからは胸のつっかえがなくなりますね。

 

二人だけの秘密を持ちたい

辛い過去を話す女性心理は、相手と密接な関係を築きたいためです。プライベートな話はやたらと他の人に話せないので、聞かされた人は必然的に「内緒」にするでしょう。

心理的には秘密ごとを持つ人とは、精神的に距離感がなくなり密接な関係になりやすいといわれるので、気になる男性にアプローチしているのでしょう。

よほど辛い過去の話は、聞かされたほうも気持ちが暗くなるケースもあります。そんな人に見えなかった…というような意外な告白を聞いたら、他の人には言えないですよね。

 

好意を寄せている

好きな男性には自分の全てを知ってほしいので、辛い過去を話す女性心理が働きます。辛い経験は自分の糧になりますので、そんな時期を乗り越えて今の自分があると知ってほしいのです。

好きな人には自分の長所や短所も全て知ってもらい、隠しごとがない関係を築きたいですよね。また苦労した人は、平穏な生活を送る人にはない魅力やオーラがあります。

そんな部分も好きな人にアピールして、もっと好きになってもらいたいのでしょう。

 

辛い過去を乗り越えるためにやること

辛い過去を話す心理は心を許しているサイン

辛い過去は誰にでもありますが、大切なのは自分なりに乗り越えて、幸福な人生をスタートさせることです。辛い過去を話す女性心理を理解するためにも、もし自分がその立場になったらどうするべきか、立ち直る秘訣について見ていきましょう。

 

今を楽しむ

辛い過去があるからこそ、今の生活が豊かで価値のあるものに見えます。いつもニコニコとエネルギッシュに仕事をする人の中には、人には言えないほど悲しい過去を体験している人もいるでしょう。

なぜそんな過去がありながらも、今を楽しく過ごせるのか。それは現在と過去を比較できるためなのです。辛い経験は誰でも避けたいことですが、雨が降った後の快晴がとても価値があるのと同じで、辛い時期から人生を楽しむ方法を学んでいるのです。

 

注意深く人生を過ごす

辛い過去から解放されるためには振り返るだけでなく、前進して将来にフォーカスしてください。同じ間違いや辛い経験をしないためには、注意深く人生を送ること。

プランを立てられる物ごとはなるべく早く計画し、土壇場で困ることは避けてください。辛い過去を持つ人は、明確な目標を持っています。

ゴール設定ができるので、努力する部分がピンポイントでわかっています。幸せを勝ち取るためには努力が重要であると、誰よりも理解しているのでしょう。

 

信頼できる人に話す

辛い恋愛体験や体調について、お金のトラブルなど、思い出すだけで胸が痛くなる話がありますよね。このような影の部分はいつまでも閉じ込めておくよりも、信頼できる人に話してすっきりとしましょう。

一度他者に自分の過去を知ってもらうと、辛い話も笑いながらできるようになるかもしれません。思い出したくない内容は、思い出しても辛くないように考え方を変えていけばよいのです。

友人や家族、仕事仲間など相談ごとができる人に、それとなく過去を話してください。相手がいない場合は、カウンセラーなどにアドバイスしてもらうのも可能です。

 

深みのある人間になる

世の中の成功者の中には、苦労話を持っている人がたくさん存在します。昔は借金があったけれど今は億万長者、そんなサクセスストーリーを聞くと、苦労は決して無駄ではないと感じますよね。

辛い過去があるのは恥ずかしいことでなく、逆に自分を成長させる機会がありよかったと感謝すべきことなのかもしれません。

辛い過去や経験を持つ人は「深み」のある人間になり、周囲もよく見えています。とくに辛い時期を過ごす人に対しては、同じ痛みを感じてくれるので、スッと助けの手を差し出せる素敵な人になれます。

 

心を許した人だけに女性がやることは?

辛い過去を話す女性心理は、相手に特別な感情を抱いていることや、自分をもっと知ってほしい願望の表れです。大切な話は心を許せる人にしかできないため、特別な存在の男性であるのも共通点だといえるでしょう。

もし女性が心を許した場合、他にも自分の好きなものや苦手分野、家族の話など一歩踏み込んだプライベートの話をしてきます。

また自分について話すだけでなく相手の話も気になるので、過去の恋愛話や子供時代の話題なども興味を持って聞いてくるでしょう。

 

まとめ

辛い過去を話すのは、心理的にサポートが必要かもしれません。優しく声をかけて癒してあげるのは、まず聞き手としてやるべきことだといえるでしょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>年上好きの心理について・恋愛パターンを知る

ページ上部へ戻る