年下男性におごる女性心理と姉御肌の特徴

年下男性におごる女性心理と姉御肌の特徴

年下男性におごる女性心理の裏側には、どのような意図があるのでしょうか。デートで食事やお茶をした時、女性がサッとお金を払う場面はそれほど多くはありませんよね。

しかし相手が年下男性となると、状況が変わってくるようです。男性の中には年上女性を好む人がいますが、姉御肌の人は性格を理解して付き合わないと、ぶつかるケースもあります。そこで今回は年下男性におごる女性心理や、姉御肌の特徴について詳しくご解説していきましょう。

 

年下男性におごる女性心理について

年下男性におごる女性心理と姉御肌の特徴

会社の後輩、大学の後輩など、自分よりも若い男性にお金を出させるのが申し訳ないと思う女性がいます。会計はどちらがすべきか、年上女性と一緒に食事をして困った時は、相手の心理を考えて判断してみましょう。

 

年上だから当たり前

年下男性と食事をした時に、お金はどちらかが払うべきか割り勘か、一瞬考えてしまう瞬間ですよね。そんな時は「年上だから当たり前」と思う女性心理があるのです。

年齢が上の人がその場を仕切るべき、と普段から考えている人も。仲間と何かする時も意見がまとまらないと、年齢が一番上の自分がまとめ役になります。

この場合は、相手に好意があるということは一切関係なし。仕事関係や友人などでも年齢で判断するので、年下男性は相手の目的を深く考えてしまう場合もあるでしょう。

 

お金があるアピール

年下男性におごる女性心理は、金銭的に余裕があることをアピールしているためです。お金があっても割り勘と決めている人は、世の中にたくさんいるでしょう。

節約家の人、しっかりと割り切る人など、性格によってお金の出し方は違いますよね。男女で出かけた時は色々な要素を考えて、どちらがお金を出すか判断するもの。

年下男性に自分の豊かな人生経験を知ってほしいために、お金でアピールする女性がいます。会社でも役職についている人、給料の高い大企業で働く女性などは、お金で男性に頼ることはしないでしょう。

 

優しい性格だから

食事代は誘ったほうが払うという、暗黙の了解がありますよね。女性から行きたいお店を指定されて一緒に行くとしたら、お金はほとんどの場合で男性が払うでしょう。

それは男性の「プライド」や「常識」のようなルールがあるため。逆に年下男性におごる女性にはそんな理由は一切なく、ただ優しい性格で年下の人の面倒を見たい心理が働いています。

優しい人は相手の負担をいつも考えてくれるため、友人でも恋人でもなるべく割り勘にしたり、自分が多く払おうとしたりするでしょう。

 

借りを作らせたい

年下男性におごる女性心理は相手のことが好きだったり、興味を持っていたりすることが考えられます。そのため付き合いを続けたいので、誘いやすい環境を作ろうとしています。

たとえばお茶を飲みに行った時、女性がサッとお金を払い男性がおごってもらう立場に。普通の人ならここで「借り」を作った気持ちになるでしょう。

そんな貸借関係を利用して、今度は男性から誘ってほしいと計画しているのが年上女性です。またおごった借りがあると、女性から何かとお願いごとをしやすくなりますよね。立場が下になるので、男性も言うことを聞いてしまいます。

 

男性に頼りたくないから

年下男性におごる女性心理は、男性に頼りたくない自立した女性であるためです。とくにお金に関する部分は「自分のことは自分でする」とこだわりがあるので、数百円程度のドリンクでもきちんと払う習慣があります。

女性の中には金銭目的で男性に近づく人もいますが、そんなタイプの女性をとても嫌うのも自立した人の特徴だといえるでしょう。相手が年上で自分よりも豊かな生活をしている男性でも、きっと自分がお金を払おうとするはずです。

 

姉御肌の女性の特徴と付き合い方のポイント

年下男性におごる女性心理と姉御肌の特徴

年下男性がキュンとなる姉御肌の女性。いつも食事をおごってくれたり、何かと心配して面倒を見てくれたりする女性は、男性も頼りたくなりますよね。

ではそんな姉御肌の特徴と、振り回されないで付き合うコツについてご説明しましょう。

 

わがままなのかリーダー気質なのか判断しよう

好きになった女性が自分よりも年上だと、上から目線で接してくる場合がありますよね。その場合に考えたいのは、単なる姉御肌で相手に関係なくその場を仕切りたい人なのか、それともわがままな性格なのか。

この二つのタイプは線引きが難しいところがありますが、本当の意味でのリーダーシップがある姉御肌なら、まずは相手の立場や気持ちを考えて次の行動を判断します。

しかし自己中でやりたい放題の女性だと、感情的に判断するケースもあり、相手の都合に振り回される可能性があります。

 

自立している

姉御肌は人に頼るのが嫌いで、なんでも自分でやっています。そんな姿は男性にとっても憧れの存在になり、甘えん坊の人だと恋人対象にしたくなるでしょう。

たとえばデート。多くのカップルは彼女が彼氏を頼り切って、なんでも決めてもらうかもしれません。「どこに行きたい?」「何を食べる?」と聞いて、相手の意見を優先しなければならないので、自立していない女性だと負担になることも。

逆に日頃から自分の考えや価値観を、はっきりとぶれずに持っている自立した女性は、恋愛しても男性が付き合いやすい魅力があります。このタイプと上手く付き合うなら、相手のペースで進展させるのもコツです。

 

負けず嫌い

姉御肌の特徴は、負けず嫌いであること。とくに男性から「女なのに」や「女性だからできないだろう」と思われるのを嫌います。軽くあしらわれるとプライドが傷つき、相手をコントロールしたくなるのです。

このタイプの姉御肌は、相手の機嫌をとりながら付き合うのがコツ。褒め言葉を連発すると、もっと頑張ってくれるかもしれません。チャレンジ精神が旺盛なので、困った時に素直に頼るとよいですね。

 

裏表がない

姉御肌はなんでもストレートに発言するので、本音なのかどうか疑う手間がありません。サバサバした性格で、男性にとっても付き合いやすいタイプ。

男友達と一緒にいるような気軽さも感じるでしょう。裏表がないのは周囲にとってわかりやすい存在ですが、逆にエスカレートすると相手の気持ちを考えずに発言したり、行動したりすることも多くなります。

そのままやりたい放題させてしまうと、自分勝手なわがままな人になるでしょう。年下男性や大人しい性格の男性は、譲れないことだけはしっかりと相手に伝えてくださいね。

 

ギャップがある

姉御肌の人を好きになる男性は、自分以外に見せないギャップがあるため。仕事中はバリバリとリーダー的で、周囲から尊敬される人。

でもプライベートになると、急に甘えてきたり不安そうな顔をしていたり、ギャップが魅力になっています。強い性格というイメージがありますが、本当は神経質で悩みやすいタイプかもしれません。

そんな姉御肌の人とはプライベートを大切にして、ストレスが溜まらないように素の自分に戻ってもらいましょう。悩みごとを聞いてあげたり、一人の時間を大切にしてもらったり、思いやりを見せるのもアプローチ方法のひとつです。

 

まとめ

年下男性におごる女性心理は、男性側から考えると好意なのか性格なのか、判断できない場合もあるでしょう。女性におごってもらうのは恥ずかしいと考える男性もいます。

しかし女性は色々なタイプがいるので、男性に頼られたいと思う自立した人も近年増えています。付き合う際はお互いの立場を理解して、感謝の気持ちや丁寧な対処でよい関係を維持してくださいね。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>付き合ってないのに嫉妬する心理に隠れた思い

ページ上部へ戻る