スマホ画面が割れたまま使う心理について

スマホ画面が割れたまま使う心理について

スマホ画面が割れたまま使う心理は、なぜだと考えられますか。早く修理すればよいのに、いつまでも割れたままのスマホ。

こんな状態で使い続けるとさらにダメージが悪化し、修理できなくなる場合もありますよね。スマホはすぐに新しい機種が登場して、毎年買い替えるのは大変です。

高額なデバイスなので、いつまでも大切に使いたいもの。しかしふとした瞬間にスマホを道路に落としたり、間違って踏んでしまったりして画面が割れる瞬間があります。

近年では、生活に欠かせないツールになっているスマホ。画面が割れたまま使う心理について、詳しくご解説していきましょう。

 

スマホ画面が割れたまま使う人の心理はなぜか?

スマホ画面が割れたまま使う心理について

スマホ画面が割れたまま使うのは、とても危険な印象を受けますよね。いつまでも修理せず、そのまま使い続ける人の心理について詳しくご説明しましょう。

 

修理するお金がない

スマホ画面が割れたまま使う心理は、経済的な部分が関係している場合がよくあります。スマホの修理は、場合によっては新規で買ったほうが安くなるほど、修理代が高額になる場合がありますよね。

そんな不安があると修理に出せず、いつまでもスマホ画面が割れたまま使う心理が働くのでしょう。新型のスマホは、軽く10万円を超えるほど高い買い物です。

アップグレードしたくても、経済的な問題でできない人も多いでしょう。画面が割れたら新しい機種に買い替えるチャンスですが、お金がもったいない人はそのまま使い続けるしか選択肢がないのです。

 

スマホが生活のメインではない

何をするにもスマホを握ったままの人がいますが、スマホの重要度は人によって違います。めったに連絡がこない人や何台も使い分けている人、ゲームなどのアプリを一切使わない人など。

スマホの画面が割れたまま使う人の心理は、さほど気にしていないことが考えられます。スマホをとても大切にしている人だと、画面の角に小さな傷がついただけで深刻になるでしょう。

しかしスマホを持たずに出かけるタイプなら、画面の割れはさほど影響しません。誰かに無理やり修理するように言われるか、機種変更のキャンペーンなどお得なチャンスでないと修理はしないでしょう。

大切な思い出がある

恋人とお揃いで買ったスマホや、社会人になって初めて両親に買ってもらったスマホなど。大切な思い出があると、画面が割れたまま使う心理になります。

新しく買い替えなければならないほどのダメージでも、思い出を手放せないことが心理背景にあるのでしょう。スマホは単なるツールにしか過ぎないものですが、毎日使っていると何かしら思い入れがあります。

スマホの画面が割れてもまだ使えるなら、しばらくはそのまま変えずに大切にしたいと感じるのです。

 

まだ使えるから

スマホの性能は年々飛躍的に高まり、落としても多少の衝撃なら対抗できるほど強い作りになっています。たとえ画面が割れてしまっても内部の精密部品は損傷が少なく、そのまま使用できるケースが多くなっています。

ただ画面が割れていると見た目があまりよくなく、周囲の人からなぜ修理しないのか、しつこく聞かれることもあるでしょう。まだ使えるスマホは修理の緊急性がなく、画面が割れたまま使う心理になります。

画面が割れていても必要な部分はきちんと見えて、しかも動作にも問題なし。これならお得に機種変更できるまで、なんとか持ちこたえようと考えます。

 

修理する時間がない

スマホ画面割れたまま使う心理は、修理する時間がない場合や手続きが面倒に感じるのも理由です。修理といえば、いつも利用している携帯ショップ。

しかし順番待ちのお客さんで混雑している風景を思い出すと、なかなか行く気がしません。するとスマホ画面が割れていてもとりあえず使えるなら、慌てて修理に出す必要性は低いでしょう。

仕事やプライベートが忙しいと携帯ショップに行く時間がなく、そのうちに…と後回しになってしまうのです。

 

スマホの画面が割れた時の対処は?

スマホ画面が割れたまま使う心理について

高いお金を払って買ったスマホ、未だに分割払いが残っている機種など。スマホを落とした瞬間に怖くなってしまうのは、誰しも同じ気持ちですよね。

スマホ画面が割れたまま使う人は、心理的にそうさせている理由があるものの、そのままでは使いにくいのが現実問題。ではスマホ画面が割れた時にできる対処方法について、詳しくご紹介しましょう。

 

スマホ画面はデリケートに扱う

今のスマホはとても丈夫に作られているのは事実ですが、とくに画面はデリケートに扱う必要があります。スマホ以前の携帯電話は、プラスチック製の画面がメイン。

スマホは液晶画面でガラス素材になっていますので、割れやすい素材であると覚えておきましょう。スマホ画面はタッチパネルで感度を高めるためにも、プラスチックよりもガラスのほうが適しています。

スマホをポケットから取り出すと、スルッと地面に落ちてしまう場合がありますが、落ちる角度や場所によっては一度で画面が割れる可能性があります。

 

自分で修理する方法

ショップに持っていって修理するのは、かなり費用がかかりそうで不安。少しでもコストを抑えて画面の割れを修理したい場合は、修理キットを購入して直せます。

修理キットは、特定のスマホにしか対応していませんのでご注意くださいね。キットがあると部品だけを単品で購入して使えるため、よく画面を割ってしまう人は修理キットを持っていると安心です。

しかし自分で修理するのは全て自己責任なので、よほど慣れている人でないと難しいかもしれません。

 

メーカーに修理依頼する

iPhoneの画面修理ならAppleに修理依頼、またソニーやサムソンなども、メーカーに問い合わせて修理することが可能です。iPhoneはAppleCareというサービスに加入していると、修理を無料で受けられます。

保証内容は本体やバッテリー、イヤホンなど2年間まで延長され、多少お金はかかりますが破損や水漏れなどの修理も依頼できます。

スマホの修理はお金がかかるので、不安な人は早めにメーカーの保証プランに加入しておくと安心ですね。

 

キャリアショップに依頼する

携帯電話会社では、スマホを買う時に修理保険の安心パックなどを提供しています。月額料金を払い、万が一の時のために対応する保険のようなもの。

このプランに加入している人は、スマホ画面が割れた時はまずキャリアショップに持っていきましょう。もし保険に加入していない場合も修理は受けつけてもらえますが、実費で請求され数万円ほどかかる場合もあるのでご注意ください。

 

修理店に依頼する

携帯の修理専門店では、短時間で修理してくれるのがメリット。金額はお店ごとに違うものの、画面割れの修理は1万円~などすぐに直したい時にオススメです。

都心部に行くと駅の近くに必ず修理ショップがありますので、仕事の休憩時間などを使ってサッと直しておくのも可能です。携帯ショップなどでは修理に1週間ほど時間がかかることも多いので、時間がない人にはとてもよいサービスです。

 

まとめ

スマホ画面が割れたまま使う人の心理は、費用の問題やまだまだ使用できるなど、色々な背景があります。全ての情報が詰まった大切なスマホ。

使っている間に愛着が湧き、手放すのは惜しくなりますよね。画面割れの状態で使用すると防水機能がなくなったり、ひびがさらに悪化したりする恐れもあります。

できれば信頼できるお店で、早めに修理してもらうのが一番。いつまでも大切にスマホを使うためにはきちんとお手入れをして、画面フィルムや防護ケースなどを使う必要があります。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>本を捨てられない心理になる人の思いについて

ページ上部へ戻る