失恋ソングを聞きたい心理と気分転換するコツ

失恋ソングを聞きたい心理と気分転換するコツ

失恋ソングを聞きたい心理になるのは、今心の中にモヤモヤを抱えているサインかもしれません。幸せの絶頂なら、わざわざ悲しくなることはしないはず。

音楽は感情を揺さぶるものなので、その時の心境に合わせて無意識に聞きたい曲を選んでいます。そこで今回は失恋ソングを聞きたい心理と、気持ちをリフレッシュする方法についてご解説していきましょう。

 

失恋ソングを聞きたい心理になるのはなぜか

失恋ソングを聞きたい心理と気分転換するコツ

突然失恋ソングを聞きたくなるのは、心理背景が関係しています。恋愛中、失恋したばかりなど、あらゆるシチュエーションの中で考えられる心理をご説明しましょう。

 

音楽と脳の関係について

音楽が大好きな人は、毎日どこに行くにも音がないと寂しくなるでしょう。人間の心理に絶大な影響を与える音楽。気分を盛り上げるだけでなく、生活の中で重要な役割を担っています。

音楽を聞くと脳のあらゆる部分で反応し、それが仕草や感情につながる可能性があります。たとえば体を動かしたり、踊ったり、楽器を弾くなどの動きを司る部分。

そして演奏者の動きを確認する時に、使われる部分などがあります。音やメロディによって脳の反応が異なり、さらに心理的な部分が加わると、ある時期には特定の音楽が聞きたくなるのです。

 

実らない恋をすると失恋ソングが聞きたくなる?

絶対に振り返ってもらえない相手や、結婚している人に恋をするなど、恋愛は必ずしもハッピーエンドではありません。叶わぬ恋をするのは一方的な思いが強くなり、ネガティブ思考になりやすい傾向があります。

「どうせ無理だから」とマイナスな発言も増え、次第と無意識に悲しいものを好むようになるのです。実らない恋は臆病になるので、そんな気持ちをメッセージにしている失恋ソングが聞きたい心理になる場合もあるでしょう。

切ない気持ちを音楽が、自分の代わりになって周囲にアピールしてくれています。

 

自己投影している

失恋したばかりの人が同じような体験の曲を聞くと、まるで自分が曲の主人公になった気分になります。それは現状をリンクさせたい願望があるため。

失恋直後の人が失恋ソングを聞いて、思い切り泣くような場面です。徹底的に音楽に自己投影して、今の自分と向き合いたいのかもしれません。

これから失敗しないで恋をするためにどうすればよいのか、適切なアドバイスを音楽に求める人もいるでしょう。失恋ソングを聞きたい心理は、自己投影することで現状から立ち直るための準備になるでしょう。

 

可哀想な自分に陶酔している

失恋ソングを聞きたい心理になるのは、辛くて可哀想な自分に陶酔しているためです。こんな時期からすぐに解放されたいと思いながらも、失恋して悲しむ自分を周囲が優しく扱ってくれるのが、意外と気に入っています。

もっと気にかけてほしくて、労わってくれる人がいると失恋した自分に自惚れてしまう場合も。基本的にこのタイプは、見栄っ張りなところがありますので、今感じていることを他者に受け入れてほしいと一方的なアプローチをします。

 

失恋を理解したい

なぜ失恋したのか、疑問を抱いた時に失恋ソングが聞きたくなる心理が働きます。音楽は内容を理解する感情と、実際にそのシチュエーションを体験する感情の二つがあるといわれています。

辛い恋愛体験がある人は、客観的に「理解」するために失恋ソングを選びます。失恋ソングを聞いても涙を流さず、普通に鑑賞する人もいますよね。

このように音楽に抱く感情はその時の心理が反映され、恋愛経験を土台にして失恋ソングを聞く人は、今後素敵な恋をするためにも過去を整理しているのです。

 

仲間意識を持つ

失恋ソングを聞く心理は、自分だけがこんな思いをしているのではないと、仲間意識を持つためです。他にも同じ人がいると知ると、ストレスが軽減される可能性も。

怖いものや辛いことも、他に共感してくれる人がいると元気が出ますよね。仲間からの応援として、失恋ソングを聞きたくなる心理もあるでしょう。

「多くの人が体験していることだから」と理解できれば、さほど辛さも感じなくなるかもしれません。

 

失恋から立ち直るためのリフレッシュ方法

失恋ソングを聞きたい心理と気分転換するコツ

辛い恋愛体験をした後は、しばらく引きずってしまうかもしれませんが、いつまでもそんな状態では新たな出会いも見逃してしまうかもしれません。

気持ちをリフレッシュするために今できることは何か、次のポイントを考えて行動してみましょう。

 

テンポの速い音楽を聴く

ジョギングやエクササイズの時に音楽を聞くと、リズムに合わせて体が動かしやすくなり、さらに運動の辛さも乗り切りやすくなります。

テンポの速い音楽は、体の動きを機敏にしてくれるかもしれません。するとエネルギー効率もアップするため、ストレス発散にもメリットが期待できます。

失恋ソングを聞きたい心理になると、とことん辛くなるまで徹底する人もいますが、悲しい失恋ソングで気持ちを振り切るのは時間がかかるでしょう。

将来に希望を抱くなら、音楽を選ぶ際はロックやヒップホップなどのリズムのよい音楽がオススメです。

 

明るい失恋ソングを聞く

失恋ソングといっても、歌詞の内容やメロディは色々とありますので、明るく気持ちがワクワクする曲を選ぶのもよいでしょう。

たとえば好きな人に振られた人が、相手を見返すために恋人を見つけるなど。失恋経験が、全て悲しく辛くなるものではありません。

逆にこの体験を活かして、ステップにするのも可能なので、深みにはまる曲でなく楽しく失恋を語るような曲を選んでください。

 

仕事に打ち込む

失恋した後は孤独が辛く、何をしても過去が頭から離れなくなります。男性の多くは失恋後にしばらく落ち込むといわれるように、気分を入れ替えるまでは時間がかってしまいます。

そんな時に一人で考え込むと、さらに状況は悪化する可能性も。辛い事実を忘れるためには、仕事に夢中になってください。

毎週デートで残業せずに帰った日も、これからは残業。仕事に熱中する間に、徐々に失恋についても冷静に考えられるようになります。

 

反省する

いつまでも失恋ソングを聞いて、涙を流すだけでは次のステージに進めません。日々起こる出来事はただやり過ごすのでなく、なぜそんな出来事が起こったか、どのような対処をするべきか学習しなければならないのです。

失恋も同様で感情に振り回されず、冷静に自分の悪いところを考えて反省しましょう。気持ちの整理をするためには、納得できるよう自分自身に説明する必要があります。

反省を繰り返し、さらに魅力的な人間になるのが今やるべきことかもしれません。

 

人と話をする

失恋から立ち直る効果が期待できるのは、多くの人と話をすることです。愚痴こぼしするのでなく、今感じていることや恋愛観について、他者と意見交換しましょう。

するとストレスが軽減され、もっと素直に自分を見つめ直せるようになります。コミュニケーションはその場を楽しむだけでなく、他人からのエネルギーを吸収するチャンス。

黙っているよりも自分の思いを言葉にするだけで、気分がリフレッシュされるでしょう。

 

まとめ

失恋ソングを聞きたい心理になるのは、自分の経験を振り返りたいことが原動力になっているのでしょう。過去をどう受け止めて前進するか、失恋ソングから感じることをポジティブに消化するのが、気分を入れ替えるコツになります。

辛い体験をすると人の気持ちにも敏感になり、さらに魅力が増して異性からも注目を浴びるようになるはずです。

 

☆こちらの記事もチェックしてくださいね。

>>>急に冷める心理・長続きしない原因について

ページ上部へ戻る