のろける男の心理・特徴とやってしまう行動

のろける男の心理・特徴とやってしまう行動

のろける男の心理状況については理解できますか。女性なら彼氏とラブラブで、つい友人にのろけてしまう場面があるかもしれません。

しかし恋愛話をすること自体、男性の場合は違和感を覚える時がありますよね。人ののろけ話は、聞いている側からすれば色々な意見があるでしょう。

しつこく話をされると、あまりよいイメージを持てないのろけ。とくに男性の場合は、どのようなことが理由なのか気になりますよね。そこでのろける男の心理や特徴について、詳しくご解説していきましょう。

 

のろける人の行動パターン

のろける男の心理・特徴とやってしまう行動

のろける人は男女共によくいますが、圧倒的に女性のほうが多いですよね。そこで少し気になる、のろける人の行動パターンや仕草についてご紹介しましょう。

 

聞いてもいないのにデートの話をする

「のろける」とは、自分が幸せであることを第三者に自慢気に話す行為です。周囲には必ずのろけ話をしたがる人がいるはずですが、話を聞く側としてはどう対処すればよいのかわからないほどのろける人もいます。

よくあるのが、デートの話を自分からしてくる人。月曜日になると週末にどこへ出かけた、彼女とこのようなことをして楽しかったなど、誰も聞いていないのに自分から話し出す人がいます。

親しい関係であると周囲に知ってほしいため、何かにつけて彼女の話題が出てきます。

 

彼女を褒め続ける

他の女性と自分の彼女を比較して、どれほど彼女が素敵か自慢します。たとえば職場の女性社員。デスクの上が散らかっている人を見て「俺の彼女ならすぐ掃除する」など、彼女の行動パターンや性格を女性の判断基準にしています。

「俺の彼女は大人しくて優しい」「彼女はいつもオシャレ」など全てを褒め、愚痴こぼしもしないでしょう。あまり頻繁にのろけ話をされると、周囲は楽しくありません。しかし本人は、冷めた周囲の反応にも気づいていないのです。

 

自分が買ったプレゼントを自慢

のろけ話と自慢話は、共通する点がいくつかあります。たとえば彼女に買ってあげたプレゼントの話。高級ブランドのジュエリーを誕生日に買い、今月はお金がないなど。

自慢ではないように話しているつもりですが、周囲にとってはあからさまな自慢やのろけに聞こえます。今度の記念日に彼女にサプライズの旅行をプレゼントするなど、恋人想いの行動を一瞬女性は羨ましいと思うでしょう。

しかし自慢とも捉えられるのろけ話。自分から積極的にアピールしてくる人は、あまり会話をしたくなくなりますよね。

 

彼女が自分にベタ惚れである

彼女が自分にベタ惚れであることをのろける男性。ほのぼのとしているようですが、頻繁に聞かされるとあまり嬉しくありません。

「彼女が寂しがるから早く帰る」と、飲み会からそそくさと帰る男性。友人付き合いも減り始め、徐々に恋愛だけにのめり込んでしまいます。

女性の場合はこれでも許されるのですが、男性は社会的なポジションを大切にしなければならない場合もありますので、友人や職場関係の人付き合いもこまめに行うのが重要。彼女優先の生活は、あまりよい印象を与えない場合もあるでしょう。

 

のろける男の5つの心理について

のろける男の心理・特徴とやってしまう行動

のろける男を、心理的な角度から分析してみましょう。人を好きになると周囲が見えなくなるといわれますが、全ての人がのろけるわけではありません。ではのろける男性の深層心理で、考えられる内容をお伝えしていきますね。

 

夢中になりすぎて冷静さを失っている

のろける男の心理はラブラブな恋愛中で、冷静に物ごとが判断できないためです。自分がのろけ話をしているのかどうかわからず、無意識に彼女の話題をしてしまう人。

恋をすると心理的にも満たされているため、自然とポジティブ思考になっています。夢中になっていると悪いところが見えなくなり、よい面がさらによく見えてしまう場合も。

そのため彼女の欠点がわからず、つい嬉しくなってのろける男の心理が働いてしまいます。

 

自慢したい

自分の価値や周囲の評価をとても気にする男性は、ライバル意識があるので常に自分を人よりも上の立場に置きたがります。そのためにやるのが「自慢」。

仕事だけでなくプライベートもいかに充実しているか、たとえ恋人と上手くいっていなくても、幸せの絶頂のような態度になっています。

飲み会でいきなり彼女を連れてくる人も、このようなタイプだといえるでしょう。見せびらかして、周囲に褒めてもらいたいのです。

 

コンプレックスがある

のろける男の心理は、現実と真逆なことを周囲にアピールするのが目的です。たとえば自分のルックスにコンプレックスを抱く人が、逆に強い闘争心が生まれ綺麗な人ばかりを狙うようなもの。

自分にないものを相手に求めることは、無意識にやってしまうのです。のろける男の心理もこれに似たところがあり、今恋人と上手くいっていないため不安を転化してのろけているのです。周りにラブラブカップルだと思われたい気持ちが強いのでしょう。

 

ナルシスト

のろける男の心理はナルシストの傾向があり、普段から彼女以外にも何かと自慢することが多い人は、根本的に自分が大好きです。

自己主張して周囲から称賛されるととても幸福ですが、逆に注目されないと不安で自信喪失します。素敵な恋人と、今幸せに暮らしている自分。イメージから先に入ってしまうので、恋愛相手を見つけるのは大変でしょう。

 

大人になりきれていない

子供っぽい面が残っている人は、相手の気持ちを考えず感情をそのまま発言します。子供がお気に入りのおもちゃを持って、友人に見せびらかすようなもの。

精神年齢が低い可能性もありますので、のろけることがよいのか悪いのか、きちんと判断できないのです。また他人から認めてもらうことだけにフォーカスする人は、無神経な部分もあるでしょう。相手の気持ちを考えられないのは、大人になりきれない部分が残っているためです。

 

人に嫌がられないのろけ方

のろける男の心理・特徴とやってしまう行動

幸せな時はどうしても、その気持ちを周囲とシェアしたくなりますよね。ではのろけすぎないで、上手に人に話す方法についてポイントをご紹介しましょう。

 

自分から話を切り出さない

のろける男の心理は、周囲に何かアピールしたい内容があるため。聞かれる前に自分からのろけるため、周囲との温度差ができるケースもあるでしょう。

大人らしくのろけるなら、自分から話を切り出さないこと。「日曜日、何してたの?」と質問されたら、ようやく伝えたかった話題を提供できるのです。

 

のろけ話をしやすい人を見つけておく

のろけ話は興味深いことに、お互いにのろけ合う関係があると、どちらも嫌な気持ちになりません。思い切り彼女について自慢したい時は、自分と同じくのろける男の心理が働く人、または彼氏自慢する恋愛体質の女性を話し相手にするのも方法です。

 

のろけた後は相手にも質問する

コミュニケーションは、お互いのやりとりがないとつまらなく感じますよね。とくにのろけ話を、一方的に聞かされるだけの人は退屈です。

そうならないためにものろけ話をしたら、相手にも質問してみましょう。「彼女は元気?」など、のろけのチャンスを与えてあげるのがコツです。のろけ話を交換できる相手とは、なんでも話しやすくなります。

 

まとめ

のろける男の心理は、自己顕示欲の表れなのでしょう。周囲にそれとなく自分の立場をアピールして、羨ましがってもらいたいのです。

逆に考えるとのろけ話をするほど、恋愛にどっぷりとはまっているのは素敵なこと。自分の幸福は人に押しつけず、恋人と二人でしっかりと共有したほうがよいかもしれません。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>誰か紹介しようかと言う心理に隠れた男性の心

ページ上部へ戻る