人と深く関わりたくない心理と気分転換の方法

人と深く関わりたくない心理と気分転換の方法

人と深く関わりたくない心理になる時は、冷静に自分の気持ちを判断して無理のない対処をしなければなりません。嫌な出来事があると、他人と距離を置きたくなりますよね。

そんな経験は誰にでもあるはずですが、大切なのは人と深く関わりたくない心理の原因を知り、そこから抜け出すことなのです。

一旦線を引いてしまうと、どんどん自分だけの世界に閉じこもってしまいます。他人との交流は何かにつけて大切なので、辛いと感じた時は今できる気分転換方法でリフレッシュしましょう。

 

人と深く関わりたくない心理とは?

人と深く関わりたくない心理と気分転換の方法

世間話をする程度の人間関係ならなんとなくこなせるけれど、一歩踏み込んだ関係に対して苦手だと感じるケースはありませんか。そんな気持ちになるのはなぜか、心理背景についてご説明していきましょう。

 

傷つきたくないため

世の中には色々なタイプの人がいますので、自分と相性が合わない人とも上手くやり過ごさなければならない場面がよくありますよね。

人付き合いが得意な人は相手が苦手でも、上手く折り合いをつけて付き合っています。しかし過去に嫌な目に遭った経験があると、不安があるため傷つかないように人と深く関わりたくない心理になる場合も。

過去の体験がトラウマになっているため、相手を信頼したり好きになったりするのが怖いのです。

 

知られたくないことがある

人と深く関わりたくない心理になるのは、知られたくないことがあるためです。重大なミスを犯した人が逃げ回るように、自分の弱点はできれば人には知られたくないこと。

たとえば恋人と別れたばかりで、その話題に触れてほしくない時は、自然と周りから身を引いてしまいます。自分について全て話すことは、まず信頼関係がないとできません。

初対面の人に過去の辛い恋愛体験や、仕事のミスの話題はしませんよね。知られたくない話があるのは、人を信じるのが苦手なのかもしれません。

 

人付き合いが面倒

表面的な付き合いしかない相手とは、メッセージや挨拶程度でも済みますが、少し仲良くなると一緒に出かけるなどの約束も増えます。

そんな付き合いが面倒に感じる人は、誰とでも表面的な付き合いしかしなくなります。一歩踏み込んだ後に相手が自分を頼りにしてきたり、逆に自分も同じように対応しなければならなかったりする関係。

しばらく連絡しないと、嫌われたと誤解される場合もあるでしょう。相手の価値観や性格を考えながら付き合うのはストレスになるので、人と深く関わりたくない心理になります。

 

マイペースな性格

人と深く関わりたくない心理になるのは、とてもマイペースな性格のため。暇な時だけ誰かと遊びたい気分になるなど、相手の都合に振り回されるのが嫌いな人です。

全て自分のペースで人付き合いをしたいので、普段から他者と深く関わることはありません。感情的に行動する時もあるので、周囲と上手く合わない場合も。

会話していてもつまらなそうにしているのに、突然飲み会に参加するようなタイプです。

 

考えすぎる

人と深く関わりたくない心理になるタイプは、決して悪い人ではありません。他人と距離を置いており魅力の部分が周りに通じていないので、孤立しているように思われるケースもあるでしょう。

人と深く関わらないのは、相手のことを考えすぎて空回りするためです。気配りができる性格なので、相手の考えることを一歩先回りしています。次第にそれがストレスとなり、最終的にストレスが溜まってしまうのです。

 

価値観の合う人がいない

価値観が合わない人とは、積極的に近づいて仲良くなろうとは考えませんよね。人と深く関わりたくない心理になるのは、自分の周辺に価値観が合う人がいないため。

挨拶程度なら誰とでもできますが、自分の考え方を共有したくなる人がいないのです。そのためうわべだけの付き合いになってしまい、結果的に自分をよく理解してくれる人がいない状態に。

価値観が合うかどうかは、時間をかけて付き合わないとわからないところなので、勇気を出して自分から心をオープンにするのも必要ですね。

 

人と深く関わりたくない時は意識改革しよう

人と深く関わりたくない心理と気分転換の方法

長い人生、人間関係を避けて暮らすことはできません。しかし極端に人と深く関わりたくない心理が働く場合は、心の奥に辛い思いを抱えている可能性もあるので、そんな時はすぐにできる意識改革から始めてみませんか。

 

ストレス耐性をつける

人と深く関わりたくない心理になるのは、ストレスを感じているためです。自分と違った環境で暮らしている人や、性格や年齢、性別などの違いは人間関係を難しくする要因。

上手くやろうと無理をすると、次第に人間関係がストレスになってしまいます。それは誰にでも起こるもの。決して自分が悪いのでなく、ストレスとどう向き合うかがコツなのです。

これからは少しだけ、ストレス耐性を強くする心がけを持ちましょう。相手が自分をどう考えているか、嫌われないためにはどうすればよいのかなど、自ら負担を作り出さないこと。人付き合いで失敗しても、新たな関係を見つければよいのです。

 

好きな人とだけ付き合う

SNSでたくさん友人がいるのは、とても羨ましいですよね。最近の人間関係は表面的になり、名前と顔を知っているだけでも「友人」と呼べる時代です。

しかし本来は、相手を詳しく知ったうえでよい関係が築けるもの。友人が何人いるかよりも、なんでも話せる好きな人がそばにいるかいないか。それが一番大切なことなのです。

話が合わない人や苦手な人と、無理に付き合う必要はありません。それよりも一人だけでもよいので、自分をきちんと理解してくれるよい関係を探しましょう。

 

人付き合いが苦手でも大丈夫

人付き合いが苦手に感じると自信喪失し、自分から積極的に行動できなくなります。それは周囲を基準として物ごとを判断しているためで、誰とでも上手く付き合わなければならないルールが出来上がっているからなのです。

しかし実際は色々なタイプの人がいますので、上手くいかない人のほうが多くて当たり前。人付き合いを苦手に感じるのは、食べ物の好き嫌いと同じで誰にでもあるものです。

それよりも「できない」自分を作る以前に、挑戦する気持ちを大切にしてみましょう。

 

本音で付き合う

人と一歩踏み込んで付き合えないのは、自分から相手に歩み寄らないのも原因です。もっと仲良くなりたいと思う人が現れたら、本音で付き合ってみませんか。

自分はこんな人間だとアピールすれば、相手も共感できる部分を見つけてくれて、急接近するかもしれません。気に入ってもらうように、無理して作る自分の姿は長続きしません。素の自分、本音で接する自分をもっと大切にしてみましょう。

 

ネガティブな人とは付き合わない

人間関係は少なからずストレスの要因になりますので、ネガティブな発言をする人とはできるだけ距離を置いたほうが安心です。人の悪口ばかりを言う人は、一緒にいると自分まで気持ちが暗くなります。

よくない印象を与える人とはなるべく交流を控え、気持ちが明るくなるタイプと接する機会を探しましょう。誰とでも気さくに話せる人など、苦手意識を克服するためにもまずは練習してください。

 

まとめ

人間関係のストレスや悩みは、抱えやすいものでもあります。人と深く関わりたくない心理になったら、今は無理をせず自分と向き合うこと。

好きなことをして気分転換しながら、話の合う人や気の合う人をのんびりと探してみませんか。たくさんの人に認めてもらおうと頑張りすぎると、人間関係の素晴らしさが見えなくなってしまいます。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>誰も信じられない心理に隠れた思いについて

ページ上部へ戻る