飲み過ぎる人の心理状況と飲み過ぎない対策

飲み過ぎる人の心理状況と飲み過ぎない対策

飲み過ぎるのは場合によって、心理的な理由が考えられます。あまり健康によくないとわかっていても、つい止まらない飲酒習慣。

適量でストップできず飲み過ぎるのは、ただお酒が好きであることが理由ではありません。飲み過ぎるとダメージを受けてしまう可能性があるため、できるだけ楽しめる程度にしておきたいですよね。

しかし自分でコントロールできないのは、深層心理が関係しているため。では飲み過ぎる人の心理状況と対策について、詳しくご解説していきましょう。

 

飲み過ぎる心理状況はなぜか

飲み過ぎる人の心理状況と飲み過ぎない対策

稀に飲み過ぎてしまうことは、誰しも経験があるはずです。会社の飲み会や一人酒など、あらゆる場面で飲む機会がありますが、飲み過ぎる場合の心理状況について考えられる原因をご説明しましょう。

 

完璧主義者

お酒を飲むと気分がよくなり、普段の自分とは違った一面が現れます。飲み過ぎる人の心理は完璧主義を求める傾向があり、お酒の力を借りて自分の本音を全て伝えたいためなのです。

よくお酒に酔うと、泣き上戸になる人がいますよね。完璧主義者はいつも人の視線や評価を気にして暮らしているので、プレッシャーがかかっています。

ストイックな性格のため、お酒で普段見せない感情的な自分を発散しているのです。このタイプは酔いが冷めた後に、お酒を飲み過ぎたと後悔する場合があるので注意しましょう。

 

現実逃避したい

楽しくお酒を飲める環境は、現実を忘れる別世界があります。普段大人しい人が酔った勢いでカラオケを何曲も歌うように、現実から逃げたい心理背景があります。

人間関係や仕事の負担など、あらゆるプレッシャーがかかっていると、ついお酒を飲みたくなりますよね。飲み過ぎる人の心理は、お酒が現実世界を変えるものではないと知っています。それでも一時的に違う世界に行けるのが、お酒の魅力になっているのです。

 

ストレスが溜まっている

真面目で仕事一筋の上司が、会社の飲み会で泥酔するような場面。ストレスが溜まっていると、つい飲み過ぎるケースがあります。

不安や怒りなどを発散したいために、お酒の力を借りているのです。普段は大人しい人がお酒を飲むといきなり変わるように、人がどのようなストレスやプレッシャーを抱えているのか、お酒を飲まないと本質が見えてこない場合がありますよね。

酔った時に、ぽろりと本音が出る人も多いもの。周囲から堅実なイメージを持たれている人ほど、つい飲み過ぎることがあるかもしれません。

 

楽観主義者

お酒を飲み過ぎて酔っ払うと周囲に迷惑がかかるため、お酒はマナーを守って飲むのが大切。楽観主義の人はその場が楽しければそれでよいので、雰囲気で飲み過ぎてしまうことがよくあります。

基本的に楽しい性格なので、一緒に飲みたい仲間的なタイプ。いつも飲み会に誘われ、断ることをしません。お酒を飲み始めるとさらに性格が盛り上がり、笑い上戸になったり周囲を盛り上げたりする役。後先について考えず、気分でお酒を楽しんでいます。

 

わがまま

子供がお菓子を我慢せず食べすぎてしまうように、飲み過ぎる人の心理は人の注意を聞かないわがままなところがあります。欲しいものが手に入らないと気分を害し、周囲に辛く当たってしまう人。

お酒を減らしたほうがよいと誰かに忠告されると、余計に飲みたくなるタイプです。わがままな人は自分さえよければそれでよいので、仲間と一緒に飲んでいても一人だけお店に残ってしまう場合もあるでしょう。

わがままな性格は集団生活には合わないところがあるので、一人酒のほうが快適かもしれません。

 

飲み過ぎない予防策を考えておくこと

飲み過ぎる人の心理状況と飲み過ぎない対策

飲み過ぎる人は心理状況を頭に入れて、事前に予防策を考えておく必要があります。「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉があるように、適度にコントロールしながら楽しむのが理想です。では飲んだ翌日に後悔しないために、心がけておきたい内容をご説明しましょう。

 

短時間にたくさん飲まない

その場の雰囲気に流されて一気飲みしたり、どんどんおかわりをしたりしてあっという間に酔ってしまうケースがあります。飲み過ぎる人の心理は、ストレス発散がとても多い理由になっていますので、生活に不満を抱えている時は注意が必要です。

同じ量のお酒でも、ちびちびと時間をかけて飲んでいれば、アルコールもきちんと分解されていく可能性があります。しかし短時間だと体が間に合わず、悪酔いするかもしれません。

また飲み会なら、グラスのお酒が減らなければ注がれることもないので、無理に飲むプレッシャーも減るでしょう。

 

限度量を決めておく

「これ以上飲んだら酔う」という飲酒量を知るのが、飲み過ぎ予防のために大切なポイントです。楽しい飲み会だとついペースが速くなり、自分の限度量を超えてしまう場合がありますよね。心理的に飲みたくなる時は、とくに注意しましょう。

お酒を楽しむことよりも酔うのが目的になっていると、結果的に周囲に迷惑をかけることになります。気がついたらタクシーの中だった、というようなことはできれば避けたいですね。

 

水を一緒に飲む

飲み過ぎる人は、必ずお酒と一緒に水を飲みましょう。アルコールを摂取し過ぎると、脱水症状を起こしてしまう可能性もあるもの。

そのため飲んでいる間に気分が悪くなり、せっかくの飲み会も途中で退席せざるを得ないかもしれません。水、もしくはジュースなどをお酒と交互に飲むこと。

また空腹時にお酒を飲むとよくないといわれていますので、必ずおつまみなど食事をしてから飲むことをオススメします。

 

飲み会は帰る時間を決めておく

飲み過ぎるのは、いつまでもお酒の席にいるため。酔ってしまうと自分の行動をコントロールできなくなるので、あらかじめ帰る時間を決めておくと安心です。

もし数人で飲む場合は、仲のよい人に帰る時間を先に伝えておきましょう。飲み過ぎないように忠告してもらったり、一緒に帰ってもらったり。

周囲のサポートがあると、飲み過ぎ対策がやりやすくなります。お酒は飲みたくなくても、その場の雰囲気に流れやすいものですよね。

後悔するのはそんな時なのです。本当は早く帰るつもりが、結局終電を乗り過ごすまで飲んでしまったという日は、次の日が辛いでしょう。

 

お酒について理解する

自分にとってよくないとわかっていても、つい飲み過ぎてしまうお酒。ダイエット中でも飲み会で盛り上がると、ついカロリーの高いお酒を飲んでしまいます。

飲み過ぎを予防するためには、お酒についてきちんと理解しておくのも大切です。酔いが回ると感情的になったり、正しい判断ができなくなったりする可能性があります。

そのためその場にいる人に思わぬ発言をしたり、普段やらない行動を起こしたりする場合もあるでしょう。またお酒は、健康についてのことが何よりも心配な部分。

アルコールを習慣的に摂取してしまうのは、体調に悪影響になってしまっている可能性もあります。健康診断で問題があった場合は、とくに飲酒量には注意しましょう。

 

まとめ

飲み過ぎる人の心理背景は、誰にでも共通することがあります。イライラしている時や楽しく騒ぎたい気分の日は、少しだけ冷静な自分を残しておくと安心かもしれません。

お酒は楽しく飲むのが一番。そのためにはセルフコントールを意識して、体調を整えてからお酒を飲むことも大切です。お酒に関する失敗は誰でもあるはずですが、周囲に迷惑をかける飲み方には注意するようにしたいですね。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>カラオケで一緒に歌う人の心理が謎…本音とは

ページ上部へ戻る