ペン回しする人の心理を知って接するコツとは

ペン回しする人の心理を知って接するコツとは

ペン回しする人の心理は、周囲にあまりよい印象を与えず、そばにいると目障りに感じる人もいます。

学生時代、授業中にひたすらペン回しする人や、会議中にペン回ししている人など。大勢の人が集まると、必ずペン回しする人はいるものです。

ペン回しは心理的な意味があるのか、それともただの癖なのか、気になる人は多いでしょう。そこでペン回しする人の心理にはどのような背景があるのか、詳しくご解説しますので参考にしてくださいね。

 

ペン回しする心理について

ペン回しする人の心理を知って接するコツとは

一瞬なら耐えられるものの、ずっとそばでペン回しする人がいたら、気になって仕方がありませんよね。ではなぜペン回しをするのか、心理について考えられるポイントを見ていきましょう。

 

イライラしている

イライラした時は、人の体に動きが表れるもの。たとえば貧乏ゆすりや、机をコンコンと叩くなど。

体を動かさないと、イライラが解消できない状態です。怒りたくなる気持ちを抑え、自然とペン回しの心理になるのかもしれません。

イライラしていると冷静な判断ができないので、体でなんとかして不快な気持ちを示しています。

ペン回しが得意な人は、無意識にやってしまう場面があるでしょう。しかしずっと隣の人がペンを回してイライラしている姿は、決して好感を残すものではありません。

 

つまらないというアピール

退屈な会議や授業中の間、体を動かしたくてうずうずとする場合。立ち上がって歩くわけにもいかず、ペン回しで退屈しのぎをしている心理があります。

くるくるとペンを回している間は、それだけに意識を集中させているので、大切なことを聞き逃す可能性もあるでしょう。

周囲の状況にお構いなしで、つまらなさをアピールしているのです。そんな退屈な時間も、自分の興味がある話題になるといきなり反応して、ピタリとペン回しがストップするかもしれません。

 

緊張している

ペン回しの心理は緊張する状況で、自分を落ち着かせるためにやる場合があります。たとえば会議で、意見を発表しなければならない場合。

自分の番が来るまでドキドキして、ペン回しする心理になってしまいます。緊張がマックスに到達すると、落ち着こうとしてもなかなか効果がありませんよね。

そんな時にペン回しをすると緊張がほぐれ、状況が見えやすくなるのです。普段からやっている人は、緊張時にはとてもよいリラックス方法になるかもしれません。しかしペン回しをやった経験がない人だと、上手くできずに逆に緊張してしまいます。

 

リラックスしたい

嫌なことがあった時、悩みごとを抱えて不安になっている時など。体は心理状態に合わせて、無意識に動いてしまいます。

たとえば一点をじっと見つめて無心になる場面がありますが、ペン回しも知らない間にリラックスしたい心理の表れになっています。

ストレスの多い毎日、ちょっとした瞬間に上手く気持ちを入れ替えられる人は、精神的に健康な状態にあるといえるでしょう。

リラックスしたいと思った場面で、自分にはどのような方法が合うか、日頃から考えておくとよいですね。

 

落ち着きがない

ペン回しの心理は、落ち着きがない人の特徴になっています。くるくると回す姿は、そばにいる人にとってとても目障りな存在。

周りの人が集中できなくなり、勉強中や会議中にはとても迷惑ですよね。落ち着きがない人は、自分でも気づかない間に色々な仕草をしています。

コントロールできない場合もあり、悪気があるわけではないのに周囲から誤解されることもあるでしょう。

とくに手元の動きは見えやすく、周囲に迷惑になりますので、意識を集中させる場面ではできるだけやらないように心がけましょう。

 

無意識にやっている

ペン回しが学校で流行った時期、必死に練習して上達した人は、大人になっても未だにやり続けています。

癖になるほどやり込んだ人だと、心理的な意味がなく無意識に体が反応してやってしまうでしょう。

ペンがあると、すぐに手が伸びてしまいくるくると回す人。大好きな人と初めてのデートで、思わず普段の癖が出てしまったら恥ずかしいですね。

 

知性をアピールしている

ペン回しの心理は、自分の頭のよさをアピールしたい願望が隠されています。冷静に物ごとを判断し、的確なことが言える人。

会話がスムーズで、相手に合わせて話ができるというイメージがあります。知的な人はなんでもわかりやすく説明してくれるので、仕事では頼れる存在になるでしょう。

あの人なら絶対に安心できると、周囲に評価され安心感を与えてくれます。そんなできる人をアピールしたくてペン回しをする心理になり、評価されたい気持ちが見え隠れしています。

 

落ち着きがない人がそばにいる時の対処策

ペン回しする人の心理を知って接するコツとは

イライラしているのか、それとも癖でやっているのか。ペン回しの心理がある人がそばにいると、どうすればよいか迷ってしまいます。

はっきりと「やめて」と言うのは、とても勇気がいること。そんな場面での対処策について、詳しく見ていきましょう。

 

落ち着かない原因を考えよう

落ち着きがなくなることは誰にでも経験がありますが、人によっては常に気分が落ち着かないタイプがいますよね。

そんな人と上手く接するためには、落ち着かない理由を考えてみましょう。共通する点のひとつに、いつも何かに追われている心理状況があります。

時間に追われる、仕事に追われる、嫌いな人の存在があるなど。見えない不安にいつも追われる人は、落ち着きをなくす傾向があります。また自分の許容量を理解せず、頑張りすぎる人も落ち着きがなくなります。

他の人にもできることは自分にもできると油断をすると、正しい判断ができず許容量をオーバーして慌ててしまうのです。なんでも抱え込んでしまう人や断れない性格の人は、注意したほうがよいでしょう。

 

休憩する

ペン回しする心理のように、周囲にも迷惑がかかる場合。落ち着きのなさは自分だけの問題でなく、集団生活ではデメリットになる場面がよくあります。

この場合は休憩をとり、一旦気持ちを整理するとよいでしょう。ペン回しする人は、何か心に引っかかるものがあるはずです。

イライラしているのか、その場の雰囲気がつまらなくて退屈しているのか。どのような理由にしても気分をリフレッシュしてやり直すことが、周囲の人がその場できる対処策になります。

 

話題を変える

落ち着きがない人は緊張や不安があるため、動作や仕草に心理状況が表れています。ペン回しの心理のようにいつまでも動作が止まらない場合は、話題を変えて違う角度からアプローチしてみましょう。

興味を持つ話題なら意識を集中させて、冷静な態度に変わるかもしれません。もしくは本人を中心的な存在にして、他のことに集中してもらうのもよいでしょう。

 

簡単に判断できない場合もあるので注意しよう

落ち着きがない人に接する場合、性格的や感情的な部分以外にも原因が考えられます。例えば、普段の行動で落ち着きのない状態になる場合も。落ち着けないような気持ちになることは、誰にでもありますよね。

でも単に落ち着きがない人と判断せずに、正しい対処方法が必要になることもあるのです。気になる場合は、他の人に相談することも大切でしょう。

 

まとめ

ペン回しの心理は、自分の心理状態が無意識に出てしまう動作なのかもしれません。注意したいのは周りがどう解釈するかわからないので、よいイメージを与えない場合もあること。

落ち着きがなく迷惑な人だと思われないために、ついやってしまう癖は直すよう、日頃から意識しておくとよいですね。

 

☆こちらの記事もおすすめです。

>>>目が悪いのにメガネをかけない人の心理とは

ページ上部へ戻る