オールバックの心理とは?雰囲気を変える意味

オールバックの心理とは?雰囲気を変える意味

オールバックにする人の心理は、自分を周囲にアピールしたい意味が関係しています。髪型はその時代の流行の象徴で、個性やセンスがわかりますよね。

またオールバックが素敵に似合う男性は、女性にとって気になる存在になるかもしれません。メイクや洋服でイメチェンできる女性とは違い、男性にとって髪型は大きな要素になります。

ある日突然髪型を変えてイメチェンする人は、どのようなことを考えているのでしょうか。ではオールバックにする心理と、いきなり雰囲気を変える人の気持ちについて見ていきましょう。

 

オールバックにする心理について

オールバックの心理とは?雰囲気を変える意味

ジェルでピタッと髪を押さえて作るオールバック。クールなスーツ姿が髪型に似合っている男性は、周囲の視線を集めることでしょう。

髪型には色々な種類がありますが、あえてオールバックを選ぶ人の心理について、詳しくご説明しますね。

 

自信がある

額を前髪で隠す人、全面にアピールする人などさまざまですが、一般的には額を出すことは心理的に不安を生じさせます。

オールバックの心理は不安を乗り越えている意味があり、自信家の傾向があるといえるでしょう。周囲に注目されたいので、顔にインパクトを残す作戦かもしれません。

前髪がある人とオールバックの人が並んでいたら、無意識にオールバックの人を見てしまうもの。何も隠すことがない自信を抱く人からは、不思議なオーラが出ているのでしょう。

 

仕事ができると思われたい

バリバリとどのような仕事でもこなす「デキる」男性をアピールしたい人が選ぶのが、オールバックという髪型。

その心理は外見で自分をアピールしたい気持ちがあり、自信過剰になっている可能性もあるでしょう。

仕事ができると思われたい人は、常に資格取得やセミナーなどに興味を持ち、メリットになりそうなものには次々とチャレンジしています。

自分とタイプが違う人とは付き合わず、損得勘定があるのも特徴になるでしょう。実際に仕事ができる人はさほど見た目を意識せず、自分らしさを大切にしています。

 

明るい人

前髪があると場合によっては、表情が暗く見える場合がありますよね。オールバックの心理は明るい人で、前向きな印象を大切にしています。

声がハキハキとしており、話す時は相手の目を見て笑顔が絶えない人。オールバックにすると周囲の視線を感じるようになるため、服装も次第とオシャレになっていくでしょう。

逆に考えると、明るい人は暗い人に見られないよう、過剰に神経を使っている部分もあります。

過去に暗いと言われてトラウマになっているなど、額を全面に出して自分を明るく変えたいのかもしれません。

 

テンションが高い

オールバックの心理は、テンションを上げるために頑張っている意味が隠されています。やりすぎている雰囲気がある場合もあり、周囲からは落ち着きがない人に見られることもあるでしょう。

オールバックの人の心理は静かな環境や苦手なので、沈黙する時は積極的に話題を提供してくれます。

自分と同じテンションでない人とは付き合いにくく、元気いっぱいで楽しく生活したい願望があります。

仲間の盛り上げ役で、オーバーリアクションをして関心を持ってもらいたいのが、オールバックの心理です。

 

強さをアピール

オールバックの心理は、男らしさをアピールする意味があります。オールバックの中には怖そうな印象を与える人もいて、性格とマッチしない人がやってしまうと、怖い人だと誤解される場合もあるかもしれません。

コンプレックスがあり自分の弱さを知られたくない人は、オールバックの心理で周囲に男としての強さをアピールしています。

髪型が少し変わるだけで、人のイメージは大きく変化しますよね。‌いきなりオールバックになり、いかついイメージになる人は多いでしょう。

 

オールバックが似合う人

モデルや芸能人など、素敵な男性はオールバックが多いですよね。やってみたいけれど自分に似合うか?そんな疑問を抱えている人は、次のポイントをチェックしてみましょう。

 

顔のパーツが濃い人

外国人のモデルのように、顔のパーツがはっきりとしておりインパクトのある人は、オールバックが似合うタイプです。

一般的に「彫りが深い」といわれる人で、オールバックにして額を出すと、さらにパーツのよさが引き出されます。

目が細くて、表情のインパクトが少ない人には向かないかもしれません。髪型のシュミレーションアプリなどで、試しにチェックしてみるとよいですね。

 

頭の形がよい人

オールバックにすると額の全面から後頭部、てっぺんなど、どの角度からも頭の形がわかりやすくなります。

オールバックを綺麗に見せるためにも、シルエットがよいほうがメリットになるでしょう。とがった頭部では、オールバックにすると頭の形が目立ってしまうため、ふんわりとしたパーマでカバーしたほうがよいかもしれません。

シャンプー後、髪が頭に張りつく状態で鏡を見てください。頭のシルエットがどう見えるか、オールバックにする前に確認しておきましょう。

 

初めてのオールバックのオススメ

オールバックといってもスタイルは色々とありますので、さらに自分に似合う髪型を選ぶのが失敗しないコツです。

初めての人は、清潔感がある七三分けのオールバックがオススメ。七三分けにするとトップに高さがつきますので、自然とオールバックをアピールできます。

前髪は下ろしているよりも、全面に額を出したほうが男らしく見えますし、さらに自信がつき色々な場面で周囲にアピールできます。

またオシャレにしたい場合は、カラーリングをしてアクセントをつけるのもよいでしょう。硬めのワックスを使い、分け目をしっかりとつけておくことがポイントです。

 

イメチェンする心理はなぜか?

オールバックの心理とは?雰囲気を変える意味

オールバックにする心理をはじめ、急にイメチェンする人が周囲にいますよね。何があったの?と、周りがとても気になる瞬間です。ではイメチェンする心理について、考えられるポイントを見ていきましょう。

 

嫌なことがあった

楽しい出来事が続く時は、気分転換をしたいとはあまり考えませんよね。しかし嫌なことや大変な状況がひと段落した時は、気分転換したくなって髪型を変える場合もあるでしょう。

イメチェンは「なんとなく」というよりも、何かしら心を掻き立てる理由があるものです。失恋や退職などの嫌なことを吹っ切るために、思い切ってオールバックにする心理になるかもしれません。

 

自分の存在を知ってほしい

いきなりイメチェンすると、周りからどうしたの?何かあったの?と声をかけられます。自分が中心になりたい時は、イメチェンで周囲に存在をアピールしているのです。

とくに異性に対しては、いつもと違った自分の魅力を知ってほしいもの。インパクトが少ない人がいきなりオールバックにするなど、劇的な変化が自分の性格まで変えてくれるかもしれません。

急にイメチェンをするのは注目されるチャンスなので、失敗なく自分らしさを上手く表現できるように考えましょう。

 

まとめ

オールバックの心理は自分の性格をアピールすると同時に、人にこう見られたいという理想像を抱えているケースが多いようです。

外見で人に与える印象はとても大切ですが、内面がそれに伴うようにならなければなりません。

オールバックで自分の殻から飛び出し、新しい魅力をアピールできるようにチャレンジしてください。

周囲が憧れるような素敵な男性になるためには、自分らしさを土台にオシャレをすることも大切ですね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>帽子をかぶる時の心理で考えられる5つのもの

ページ上部へ戻る