連絡先渡す心理について・相手が期待するもの

連絡先渡す心理について・相手が期待するもの

連絡先渡す心理が湧くのは、どのような場面を想像しますか。好きな人と連絡先を交換する場面は、失敗しないようにタイミングを図る重要なポイントです。

自分から連絡先を渡すか、それとも相手から聞き出すか。ちょっとしたテクニックが、その後の展開にも影響を与えます。では相手が連絡先渡すのは、心理的にどのような背景があると考えられるでしょうか。

本気の恋愛サインはあちこちに転がっているものの、しっかりとキャッチしないとチャンスを見逃してしまいます。そこで連絡先渡す心理と、相手に期待できる内容について詳しくご解説していきましょう。

 

女性が連絡先渡す心理について

連絡先渡す心理について・相手が期待するもの

女性が連絡先を知らせてくれると、男性としてはドキッとしてしまうでしょう。女性が男性に連絡先渡す心理について、よくあるパターンをご説明していきますね。

 

好きな人だから

また会いたいと思うような初対面の人、仕事で知り合ったクライアントなど、お互いの連絡先を交換する場面はよくあります。

男性からアプローチする場面が多いのですが、稀に女性が連絡先渡す心理になることも。その最大の理由は、相手に恋愛感情を持っているためです。

連絡先を渡す行為は、相手に自分が歩み寄るアピールでもあるので、嫌いではないとすぐにわかります。好きな人に連絡先を渡した後は、いつ相手から連絡が来るか心待ちにしているでしょう。

 

社交辞令

ビジネスシーンでよくある社交辞令。恋愛感情は一切抜きで、今後も連絡を取り合う可能性がある場合は、女性が連絡先渡す心理になります。

仕事以外でも趣味の仲間など、情報交換の必要がある時は連絡先がないと困りますよね。また飲み会やイベントなどで、全員が連絡先を交換する場面。

とくに興味がない人でも、社交辞令として連絡先を渡すこともあるでしょう。綺麗な女性にいきなり連絡先を教わったら、ほとんどの男性は有頂天になり勘違いしてしまいます。

 

積極的な人

女性から積極的にアプローチするのは本当によいことなのか、困惑する部分でもあります。自分から連絡先渡す心理になるのは、性格的に積極的で押しの強いタイプです。

好きな人に告白されるのを待つよりも、自分から近づく人。そんな性格の女性はなぜか大人しい男性を好み、自分のペースで振り回してしまう場合もあるでしょう。女性の行動に圧倒されてしまい、慌てて自分も連絡先を渡すような場面です。

 

連絡を期待している

連絡先渡す心理は言葉では伝えないけれど「連絡して」というメッセージが込められています。男性から連絡を期待する場合、自分から行動を起こして相手にそれとなく気持ちを伝えているのです。

でも中には女性の心が読めず、そのまま放置して恋愛のチャンスを逃す男性もいます。女性から連絡先を渡してくるのは、よほど勇気がないとできないこと。

そんな行為に感謝の気持ちを示し、まずは男性からコンタクトをとるのが好ましいですね。

 

女性から連絡先を渡された時の男性の心理

連絡先渡す心理について・相手が期待するもの

「LINEを交換しよう」と気軽に言われる場合はよくあっても、連絡先が丁寧に書かれたメモ紙を渡されると驚きますよね。そんな女性の行動に対し、男性はどのような心理になるのでしょうか。

 

不慣れでどうすればよいかわからない

連絡先を交換するのと一方的に連絡先をもらうのは、少し違う意味合いがあります。女性から連絡先を渡されるのは、毎日あることではありません。

積極的な行為に圧倒されてしまう男性はとても多く、不慣れな場面なのでその後どうすればよいものか困ってしまいます。はっきりとした女性なら「連絡先、もらえますか」と急かす場合もあるでしょう。

完全に女性がリードする関係になると、言われた通りに行動せざるを得ないのです。

 

自分から聞き出す手間がなくホッとしている

シャイな男性は好きな女性にどうアプローチすればよいかわからず、連絡が知りたくてもなかなかチャンスが到来しません。そんな矢先に女性から連絡先をもらうと、手間が省けてホッとします。

女性に連絡先を聞くのは、軽く告白するような意味もあり、自分が好意を寄せていると相手にも伝わります。覚悟を決めてやらなければならないことなので、女性から近寄ってくれた場合は手間も時間も省け、何よりストレスがなくなるのです。

 

遊び慣れた雰囲気がある

どういう形で連絡先を渡すかにもよりますが、仕事以外で名刺を持っている人は、遊び慣れた印象を受けます。またメモ書きでも要点を捉えている人は、よく人に連絡先を渡しているのだろうと誤解される場合も。

連絡先をもらって嬉しい反面、自分だけでなく周囲にも同じ態度なのかと半信半疑になります。仕事でよく連絡先を交換する女性なら、やりとりにとても慣れているでしょう。

しかしプライベートもそうだと確信してしまうと、自分から連絡するのが面倒になりますよね。

 

正直嬉しい

「興味のない人なら、自分から連絡先を渡す心理にはならないだろう」と感じるのが、男性の自然な気持ちです。相手がたとえ恋愛対象でないとしても、女性から連絡先をもらうのは男性として嬉しいこと。

恥ずかしそうに照れながら連絡先を渡してくる女性なら、間違いなく気があると意識してしまいますよね。普段仕事やプライベートで、女性と連絡先を交換する機会が少ない男性なら、特別な存在として意識するチャンスになります。相手が何を期待するかは関係なく、純粋に喜んでしまう瞬間でしょう。

 

プレッシャーがかかる

女性から連絡先をもらうのは悪い気はしないけれど、もらった以上は自分から連絡しなければならないとプレッシャーを感じます。

せっかく連絡先をくれたのだからとメッセージや電話をしても、話が盛り上がらないことはよくありますよね。また連絡先をもらってから一度もコンタクトをとらずに再会すると、相手が不愉快そうな目で見てくるでしょう。

そんな展開を考えると、面倒でも一度は連絡を入れるべきなのだと、負担に感じる律儀な男性もいます。

 

ミラーリングで本気度をチェック

連絡先渡す心理について・相手が期待するもの

連絡先をもらうだけでなく、そのノリで自分からも相手に聞く場合がよくあります。今後も付き合いたいと思う人とはミラーリング効果で、相手が期待することを判断するのも方法です。

 

ミラーリングについて

好意を抱く人の行為や仕草を、無意識に真似してしまうミラーリング。連絡先のやりとりもミラーリングを土台にして考えると、相手との距離感が掴みやすくなります。

たとえば自分から女性に、連絡先を渡した場合。脈ありの人ならミラーリングで同じ行為を起こし、相手からも「連絡先を教えて」という言葉をもらえるはずです。

コーヒーカップを手にするタイミングが同じになるような、相手の行為は自分と似たり寄ったりになります。

 

連絡し合える関係

好意を寄せる人とはお互いに同じ行為や動作になるため、連絡をしたら次はお返しに相手から連絡というように、お互いさまの関係が出来上がります。

本気度をチェックする時は、相手の行動力も参考にしてみましょう。いつも一方が努力するのでは、よい恋愛関係は生まれないかもしれません。

ミラーリングのように、無意識に好きな人のやることを受け入れるのは、自分にとって特別な意味があるためなのです。

 

まとめ

連絡先渡す心理は、どのような場面でも嫌いな人は対象にならないでしょう。大切なのは、連絡先をもらった後の行為。せっかくチャンスを与えてくれた人には、お礼の気持ちを込めて自分からまずは連絡しましょう。

どのようなきっかけで、人間関係がスタートするかわかりません。せっかく連絡先をもらったのに、そのまま放置してしまうのはあらゆるチャンスを逃す要因になります。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>家を教える心理は遊びに来てほしいから?

ページ上部へ戻る