嫉妬させたい心理を知って親しくなるコツとは

嫉妬させたい心理を知って親しくなるコツとは

嫉妬させたい心理はきちんと理解して、相手の思うことをしっかりと掴むのが大切です。嫉妬が、恋愛関係に効果を発揮するとは限りません。

場合によっては嫉妬されてしまい、仕返しをするような悪い関係になってしまうこともあるでしょう。

好きな人の行動はとても気になり、もっと自分を意識してほしい場合に嫉妬させたい心理が働きます。

嫌な思いをさせるのは好きなのか、それとも傷つけたいためなのか。嫉妬は恋愛において、重要な意味をもたらすもの。

相手の気持ちを引き寄せるためには、嫉妬させたい心理について正しく知っておきましょう。

 

嫉妬させたい心理はなぜか

嫉妬させたい心理を知って親しくなるコツとは

嫉妬深い人は、あまり周囲によい印象を与えません。でも大好きな恋人となると、嫉妬する場面はよくありますよね。ではわざと嫉妬させたい心理になるのはなぜか、気になる理由を見ていきましょう。

 

彼女が嫉妬深くないため

男女の嫉妬心を比較すると女性よりも男性のほうが、圧倒的に嫉妬深い人が多いといわれています。

その理由は男性の動物的な本能な働きで、他の人に自分のものをとられないように守るためなのです。

たとえば、友人とばかり出かける恋人に対して嫉妬するのは、女性よりも男性のほうが多いでしょう。

同じことをしても自分のように嫉妬しない彼女を見ると、わざと心配させるような行為をして嫉妬する姿が見たくなるのです。

 

気持ちをしっかりと確認したい

自分のことを真剣に好きなのか不安になってしまったら、好きな気持ちを知るために嫉妬させたい心理になります。

好きな人が別の異性と仲良くしていたら、とても不快な気持ちになりますよね。嫉妬するのは愛情があるため、それをチェックするためにわざと相手を怒らせるような態度になります。

愛情表現は人によって違いますので、自分ではしっかりと伝えているつもりでも、愛情不足になるケースもあるでしょう。嫉妬させたい心理で、相手の本当の気持ちがわかると安心できるのです。

 

嫉妬のお返し

彼女がわざと彼氏を嫉妬させるように飲み会に行ったり、他の男性から誘われた話をしたりするのは、もっと自分に注目してほしいサインかもしれません。

そんな作戦で振り回されると、逆にやり返したくなりますよね。嫉妬させたりしたりの繰り返しは、本当の愛情表現がわからなくなる原因です。

信頼できる関係なら嫉妬させなくても、相手の気持ちははっきりとわかるもの。嫉妬のやり返しをして満足する恋人関係は、将来的に問題になるかもしれません。

 

承認欲求がある

自分を認めてほしいという承認欲求は、仕事や友人付き合いなどでもあります。もっと評価されたいのに周囲が認めてくれない場合は、自らアピールしたくなるでしょう。

恋愛関係にも承認欲求があり、恋人に自分の存在をもっと知ってほしいために、わざと嫉妬させたい心理になることがあります。

愛情表現が苦手な人だと、恋人はいつも不安を抱いているでしょう。すると嫉妬させる方法で、自分をしっかりと掴んでいてほしいと思うのです。

承認欲求は上手に対処しないと自信不足になり、人間関係が上手くいかなくなる場合もあります。

 

独占欲がある

独占欲がある人は、自分の持ち物を人にとられるのが嫌い。とくに恋愛関係では、しっかりと相手を自分のそばに置いておかないと、いつも不安になります。

独占欲が強くなりすぎると、相手の行動を全て把握しないと安心できないため、束縛する関係に進展することも。

どこで誰と会うのか、どこで何をしていたのか。毎日恋人に報告させるような、不安定な関係になります。

独占欲は最初の頃は嬉しいかもしれませんが、徐々に負担になり縛られた関係から逃げ出したくなるでしょう。

 

自分だけを見てほしい

嫉妬させたい心理は、自分だけを見てほしいため。モテる人が恋人だと、常に異性の視線が気になり、もっと自分を中心にしてほしいと思いますよね。

友人が多い人だと恋人を後回しにすることも多く、寂しくなる人もいるでしょう。恋人がいても、異性の存在は気になります。

上手にバランスをとらないと恋人がいつも心配になり、気持ちを確かめるためにわざと嫉妬させる行為になってしまうのです。

本当はよい愛情関係があるにもかかわらず、コミュニケーション不足がこのような事態を招くケースもあるでしょう。

 

恋人の気持ちをもっと引き寄せるためのコツ

嫉妬させたい心理を知って親しくなるコツとは

なんとなく心配に感じる時、恋人の気持ちを引き寄せるには嫉妬させるだけでなく、他にも意識するべきポイントがあります。

 

嫉妬する時の対処方法

嫉妬は自分でコントロールできるレベルならよいのですが、抑え切れないほどだと恋愛関係が悪くなる要因です。

嫉妬しやすい性格の人は今後誤解されないように、上手く気持ちを整理しましょう。嫉妬するのは自分の弱い部分や苦手があるためで、他の人が優れていると不安になります。

嫉妬は誰にでもあるもの。しかしストレスを溜めないためにも、これから自信を持つことが大切です。

自分が劣っていると思う部分だけをフォーカスせず、得意や長所をもっと意識して生活してみましょう。

恋人が他の異性と楽しく過ごしていても、自分のほうが魅力的で離れることはないと安心してくださいね。

 

正直な気持ちを伝えよう

嫉妬させたい心理になる場合は、何か心の中に引っかかるものがあるはず。たとえばデートがつまらない、恋人の態度が最近変わったなど。

気になることははっきりと相手に伝え、コミュニケーションで解決しましょう。嫉妬作戦は、自分の本意が相手にそのまま伝わらない時もありますので、失敗すると嫉妬が原因で別れるカップルもいるので注意しましょう。

 

二人の時間を充実させよう

嫉妬させたい心理は、二人の関係が不安定なサインかもしれません。もっと一緒の時間を多く過ごして恋人関係を強化すると、なんでも話せるオープンな関係になるもの。

安心できない時は逆の態度になり、攻撃的になるケースもあるでしょう。嫉妬する間柄は愛情があるので、まだ方向転換をすることは可能です。

しかし嫉妬はネガティブな気持ちなので、そこから相手に対して敵対心を抱くようになると、上手くいかない可能性もあります。

 

メールでコミュニケーションをとる

メールしてもすぐに返事が来ない時や、友人と出かけている間は一切返事が来ない場合など。

メールやメッセージはコミュニケーションツールなので、お互いに心配をかけたくない時は、メールの頻度も意識してください。

たとえば嫉妬しやすい相手なら、出先からこまめにメールや写真を送るなど、余計な心配をさせない配慮が必要な場合も。

わざと連絡せずに嫉妬させるのは、思いやりにかける態度にも見えます。メールは絵文字ひとつだけでも気持ちを伝える時がありますので、相手のことを常に考えてあげるのが愛情の証です。

 

信頼関係を築く

信頼関係がないと、相手の行動は常に怪しく感じます。嫉妬し合う仲だと信頼関係が築けていない状態で、恋人以前に友人として付き合うことも難しくなります。

いつも隠しごとをしているタイプだと他人から信用されず、表面的な付き合いになってしまうでしょう。

恋人とはなんでも話せる関係が理想的なので、相手に近寄ってもらう前に自分から心を開くことも大切です。

 

まとめ

嫉妬がエスカレートすると、人間関係をダメにする恐れがあります。恋人同士には嫉妬よりも、適度な焼きもち程度が刺激になるでしょう。

焼きもちを焼いた時は、正直に気持ちを伝えること。他の異性から常に注目されるような魅力を持つのは、恋人関係をいつまでも刺激的に維持するコツになります。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>袖を引っ張る心理は女性のどんなアピール?

ページ上部へ戻る