返信早い女の心理・脈あり態度を判断するコツ

返信早い女の心理・脈あり態度を判断するコツ

返信早い女の心理について、考えた経験はありますか。相手のことを好きでも嫌いでも、返信早い人に対してはとても好意的に感じますよね。

コミュニケーションはタイミングが大切な意味を持っているため、自分の期待通りに返信してくれる人は、それだけでも親近感が湧くでしょう。

好きな人や気になる人の場合、返信の早さは脈ありかどうか判断する基準になるのです。そんな気になるポイントについて、詳しくご解説しますのでぜひ参考にしてください。

 

返信スピードの感覚の違いとは?

返信早い女の心理・脈あり態度を判断するコツ

返信スピードは、男女によって感覚が違うようです。返信の早さの感じ方には個人差がありますが、早いと感じるのはどのような時なのでしょうか。

 

10分以内

メッセージを送ってから10分以内に返信が来ると、早いと感じる人がほとんど。さらに30分以内も早いと感じる時間で数時間以上、もしくは翌日になってからの返信は遅いと感じる人が多くなります。

返信のスピードは、心理的に相手に対する気持ちや付き合い方などの表れで、相手が見えないために返信のスピードは人間関係にも影響を与えます。

10分以内に返信をくれる人はスマホがいつもそばにあるか、早く返信したい相手だからでしょう。

 

遅い返信にはよい印象が持てない

どのような相手でも、いつも返信が遅いとなるとがっかりしますよね。自分の存在がその程度なのかと、不安に感じてしまう場面です。

大切な仕事関係の連絡や、友人からの重要でないメッセージなど、内容によって返信スピードが変わります。

それは頭で考えて操作する場合もありますが、どうでもいい人やあえて時間をかけたほうがメリットになる相手だと、返信が遅くなる傾向があります。男女関係なく場合によっては、全く返信しない人もいますよね。

 

返信早い女の心理について

返信早い女の心理・脈あり態度を判断するコツ

スマホを一日中手放さない女性だと、LINEのメッセージはすぐに読んで返信してくれます。それが習慣になっている人もいれば、相手との関係と考えてわざと時間をかける人も。では返信早い女の心理はなぜか、考えられる理由を見ていきましょう。

 

気になる存在

メッセージのやりとりで気になるのは、女性の存在。返信早い女の心理として考えられるのは、相手が気になる男性だからです。好きな人からの連絡は待ちきれず、その勢いで自分も早く返信してしまいます。

好きな人の姿を見た瞬間に、思わず笑顔がこぼれてしまう時もあるでしょう。返信が早いのは相手に好感を抱いているサインで、好きになってもらいたい、興味を持ってほしいと感じる人には、積極的な行動で接しているのです。

 

マナーがある

メッセージを送ってくれた人に対して、感謝の気持ちがあるマナーのある女性は、時間をかけずにすぐに返信します。人付き合いはどんなに仲がよくても、礼儀を守るのが大切ですよね。

好き嫌いの感情を抜き、大人の付き合いとしてマナーを守る人は、返信早い女の心理が働きます。そのため深夜でも友人からメッセージが来ると、短文でもきちんと返信するでしょう。

マナーがある人は相手に不快な思いをさせないよう、多少の無理をしてでもメッセージのやりとりを続けてくれます。

 

さらに返信を待っている

返信早い女の心理は相手のことが好きなので、ずっとメッセージのラリーをしたくて返信を待っています。そのため時間をかけず自分からメッセージを送り、そのタイミングで相手にも同じ行動を起こしてほしい気持ちの表れ。

声や顔がわからないため、同じテンポでやりとりするのは大切です。嫌いな人ならいつまでも返信せず、わざと待たせてそれとなく気持ちをアピールする場合もありますよね。返信早い女の心理は、脈ありの可能性が高いといえます。

 

責任感がある

メッセージの返信スピードにより、人間関係が悪くなる可能性があります。もし電話がかかってきて相手がいない場合、必ずかけ直して用件を聞きますよね。

メッセージだと放置してしまうことがよくあり、そこで自分の価値観や性格などがわかるようになっているのです。責任感がある人はきちんと人付き合いをするので、たとえ面倒でも必ず正しいタイミングで返信してきます。

相手を待たせては悪いと常識的な行動をとる人なので、メッセージを送る側もいつも確実な返事が来るため安心しています。

 

暇で都合がよい

返信早い女の心理は、相手に対する気持ちや恋愛感情などは一切関係なく、たまたま暇でよい時間つぶしになっているため。

移動時間中でやることがない時に、友人からメッセージが来ると話題を無理に広げて、時間つぶししたくなりますよね。メッセージのラリーは気がつくと、何時間も経過していることも稀にあります。

スマホさえあればできる簡単な暇つぶしで、しかも相手がいるので孤独感を覚えずに時間つぶしできます。

 

メッセージでわかる相手の脈あり度

返信早い女の心理・脈あり態度を判断するコツ

メッセージの内容ややりとりの方法で、相手の脈あり度がわかります。人間は心理的についやってしまうことがあり、とくに恋愛感情を抱く人に対しては習慣的に続ける場合も。では次のポイントを考えながら、気になる人の自分への態度を判断してみましょう。

 

返信が早い

返信早い女の心理は、好きな人や気になる人に対しての無意識な行動です。早くコンタクトをとりたいと思っている状態なので、10分以内には確実に返信するでしょう。

脈ありの人は嫌われないように無難な行動をとりがちですが、メッセージは相手が見えないので積極的なアプローチが大切です。

好きな人とは早くコンタクトをとり、次の返信が欲しくなるのは自然な気持ちです。やりとりを続けるほどお互いのことを理解できるようになるため、特別な関係の土台が作れるのです。

 

二人の話題にならないのは脈なしの可能性も

メッセージの話題がいつも第三者のことで、違う男性の話題になる場合は脈なしの可能性があります。好きな人なら、なんでも知りたくなるのが本音。

他の人が話題の中心になるのは、情報収集したいのか話題がなくて困っているサインです。二人の共通の話題を見つけないと、親密な関係になれないかもしれません。個人的な関係を築くためには、お互いに気になることをどんどん質問してみましょう。

 

プライベートな質問が多い

返信早い女の心理は色々なことが知りたいためで、プライベートな質問が多い場合は特別な感情を抱いている可能性があります。

たとえば休日の過ごし方。暇で何もすることがないのか、それとも休みはいつも出かけているのか、答えの内容で恋人がいるかどうかが判断できます。

また家族の話も、よほど心を開ける人でないとできませんよね。プライベートな話は、できるだけたくさん知りたい内容。質問されて相手が乗り気でないと、脈なしの可能性もあります。

 

夜のメッセージが多い

夜はのんびりと過ごす時間で、ロマンチックな気持ちになりやすいので、告白するには昼間よりも夜のほうがよいといわれています。

一日の中でも特別な時間帯なので、夜になるとメッセージが来る人は気になる存在、もしくは脈ありの可能性があります。

夜はお互いにプライベートな時間なので、本音トークもできるでしょう。脈ありの人はゆっくりとやりとりしたいため、時間がとれる夜を選ぶことが多くなります。

 

まとめ

返信早い女の心理は、自分の存在を知ってほしい時の自然な行為だといえます。気になる人とは距離感をなくした付き合いがしたいので、メッセージでもそんな気持ちが表れてしまうでしょう。

誤解されないためにも大切な人にはスタンプや動画でなく、きちんと文章で気持ちをアピールするのが大切ですね。

 

☆こちらもチェックしてみてくださいね。

>>>低い声で話す心理でわかる男性の思い

ページ上部へ戻る