女性が長電話する心理は?理由を知ると納得!

女性が長電話する心理は?理由を知ると納得!

女性が長電話する心理の奥には、どのような内容が隠されているのか、興味を持つ男性も多いのではないでしょうか。電話嫌いな人にとって、なかなか会話を終わらせない人は迷惑な存在ですよね。

女性は長電話好きが多い傾向にあり、忙しい男性にとっては避けたくなるもの。でも恋愛相手となると、電話の長さは特別な意味をもたらします。

すぐに話を済ませて電話を切られるより、ずっと話し込みたくなるのは相手に思い入れがあるから。女性の長電話の心理は、よく考えると脈ありサインになる場合があるのです。

 

女性が長電話する心理はなぜか?

女性が長電話する心理は?理由を知ると納得!

簡単な仕事の連絡だけのはずが、1時間以上も世間話などで長電話になる場合があります。女性の長電話の心理は「話し好き」だけが理由ではないこともあります。

 

好きな人だから

女性の長電話する心理は、相手の男性に興味を持っている場合や、好きな人だから。慎重な女性は外見だけで人を好きになることは少なく、相手をよく知りたいと思っています。

長電話する心理は相手を知るための行為で、会話の中で相手の性格や趣味、ライフスタイルなどの質問が色々と出てくるはずです。

電話というコミュニケーション方法は、メッセージよりも気持ちを伝えやすくリアルタイムである魅力、また顔を見て話をしなくてよい安心感もあります。

女性にとって長電話は、好きな男性を知るために好都合な方法だといえるでしょう。

 

寂しい

彼氏がいない人、一人暮らしで家に帰っても話し相手がいない女性は、電話が外の世界と自分をつなぐ大切なツールになっています。

会話がないと孤独になり、誰かの声を聞きたくなるケースがありますよね。そんな時に寂しさを埋めるために、女性が長電話する心理が働きます。

この心理が芽生えると友人や職場の仲間など、すぐ電話に出てくれる人を思い出すでしょう。寂しい時の長電話は、恋愛感情が土台にあるとは限りません。

長時間話をして満足できればそれでよいので、相手の男性が脈ありなのか?と誤解することもあります。

 

共感してほしい

男性にも女性にも共通しますが、話をしたくなるのは誰かに共感してもらいたいため。女性が長電話する心理は、自分の価値観を共有したいからなのです。

たとえば職場で起こった嫌な出来事。上司の悪口を誰かに話したい時は、自然と共感してくれそうな人を選ぶでしょう。そんな時に正直な意見で女性と対立する男性は、雰囲気が険悪になるケースもあります。

女性の長電話する心理は悩みごとの相談のようでも、ただ話を聞いてあげるだけで充分な場合も。無理やり解決策を考えると、逆に深みにはまってしまう可能性もあります。

 

ストレス発散

女性が長電話する心理は、イライラや愚痴こぼしなどのストレス発散のため。女性同士の長電話でもストレス発散はできますが、話題によっては男性の意見を聞きたくなることがあります。

たとえば彼氏に関する愚痴こぼし。共通の友人に電話をかけて、延々と彼氏の話をする人がいますよね。それはストレス発散しているためで、最近の出来事や気になることを口にし、気分をリフレッシュしているだけ。

こんなに話題が尽きない人は、自分に特別な感情を抱いているのかも?と、間違った解釈をする人もいるかもしれません。

 

暇つぶし

女性が長電話する心理は、他にやることがないので暇つぶししています。自分と同じく暇そうな男性を見つけて「とくに用事はないのだけど…」と話を切り出します。

女性は興味を引く話題がなくても、何時間も話せるでしょう。テレビ番組の話やメイクの話など、他人とのコミュニケーションはとてもよい時間つぶしに。

忙しい男性にとっては迷惑な存在ですが、冷たく電話を切ることができず、自分の貴重な時間を削ってしまいます。

 

脈あり女性の電話の特徴

女性が長電話する心理は?理由を知ると納得!

女性の長電話する心理は色々な背景があるので「時間」だけで、相手が自分をどう思っているか判断するのは難しいですよね。

電話は顔が見えないため、相手の声のトーンや会話の内容が、脈ありかどうか判断する基準になります。次のような場合は、気にしているサインだと考えたほうがよいでしょう。

 

積極的に質問してくる

相手が何かしながら聞いているのか、反応が少ない会話がよくあります。逆に女性が積極的に質問してくる場合は、相手に興味を持っているため。

好きな男性のことはなんでも知りたくなり、趣味や好きな食べ物、家族の話など質問がどんどん続くでしょう。男性の中には、電話が苦手な人もいますよね。

シーンと沈黙が続くととても焦り、無理に何か話そうとプレッシャーがかかります。脈ありの女性ならそんな不安は一切なく、質問に答えるだけであっという間に時間が過ぎるでしょう。

 

会話が盛り上がる

会話が盛り上がるのは、お互いに好感を抱いているため。脈ありの女性はいつも明るいトーンで話してくれるので、どういう話題にも食いついてくれます。

ひとつの話題から広がり、全く違うジャンルの話まで止まることがなく、話のラリーが無理なく続くでしょう。好きな人との会話はいつまでも続けたい気持ちがあるためで、電話を切られないよう必死に会話を盛り上げているのかもしれません。

 

女性から電話がかかってくる

どちらが電話をかけてくるか、気になる人の行動は脈ありかどうかの判断材料になります。女性から電話がかかってくることが多い場合は、相手をよく思っているサイン。

単なる愚痴こぼしなら、相手は誰でもよいはずです。自分から行動を起こすのはアプローチしている意味がありますので、こんなやりとりが続く場合は男性から告白されるタイミングを待っているのかもしれません。

たとえば電話にすぐに出ないで、後でかけ直して気持ちを弄ぶ作戦も、一気に仲良くなる効果が期待できます。

 

会う約束をしたがる

「今度一緒に行ってみない?」「電話だときりがないから会わない?」など、女性が会いたがるのは脈ありサインです。最初に電話で相手の態度をチェックして、これなら会えそうだと感じたら女性はデートに誘ってきます。

あからさまなデートコースでなく、食事したりお茶したり簡単な約束からスタートするでしょう。「長電話だと迷惑になるから、今度会って話そう」と気になる女性に誘われたら、すぐに会いたくなる可能性もありますね。

 

脈なし女性との電話

長電話であっても脈なしの場合があります。たとえば他の男性の話ばかりする人、合コンに参加してほしいとお願いしてくる人など。

気の合う人はどのような話でも何時間でも続けられるので、特別な人でなく仲間のような存在でしょう。また脈なしの女性は声のトーンが低く、会話に興味がない様子です。

こちらから電話をしないと、向こうからかかってくることがない人も。「へえ」「ふーん」と簡単な返事しかせず、早く電話を切りたがっているのがよくわかり、基本的には恋愛対象にはならないかもしれません。

 

迷惑な長電話を切るコツ

長電話の相手が好きな人ならよいのですが、誤解されたくない迷惑な人もいるでしょう。そんな時は相手に失礼にならないよう「後でかけ直していい?」など、電話の最初に予告すること。もしくは「今移動中だから」など、都合が悪いとアピールしてみましょう。

 

まとめ

女性が長電話する心理は、話好きであることが土台にあります。相手が好きな男性となると世間話だけでは物足りなくなり、何時間も声を聞いていたくなるでしょう。脈ありサインを感じたら、男性からも行動を起こすチャンスになります。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>友達の話をする心理・知り合い自慢について

ページ上部へ戻る