サシ飲みの心理・男女で違う目的とは

サシ飲みの心理・男女で違う目的とは

サシ飲みの心理は男女で違い、誤解されないよう上手に誘うのが大切です。サシ飲みは「差し向かい」という言葉から生まれたもので、一対一で飲むこと。

イメージ的には二人でただ飲むということよりも、二人だけで向き合ってお酒を飲みながら、特別な時間を過ごす意味もあるようです。

そんなサシ飲みですが、男性二人組、または女性二人組など仲がよい人ならたまにあるでしょう。しかし男女のサシ飲みとなると、単なる世間話だけではない場合も。

そこでサシ飲みしたくなる心理について、男女で違う目的を詳しくご解説しましょう。

 

男性から誘う心理について

サシ飲みの心理・男女で違う目的とは

飲みに行くのは食事とは違い、特別な意味合いがありますよね。女性を誘うとなると、男性はかなり覚悟する部分もあります。ではサシ飲みの心理で、男性が女性を誘う場合の意味について見ていきましょう。

 

信頼する友人だから

男性から女性をサシ飲みで誘うのは、とても少ないことかもしれません。しかし信頼するよい友人なら、お互いの近況報告や仕事の内容、人生についてなんでも話せるので、たまには貴重な会話の時間が欲しくなります。

男性がサシ飲みに誘うのは職場の仲間などが一般的ですが、友人になれそうな女性が現れるともっと相手を知りたくなり、サシ飲みの機会が欲しくなるでしょう。

男性は女性と違い、相手構わず食事したりお茶したりすることはありません。とくにお酒を飲む場面は、何かしら意味があると考えてよいでしょう。

 

もっと親しくなりたい

お酒を飲んで好きな人が酔ったら、今までよりも開放的になれるかもしれない、そんなシチュエーションを期待して男性が女性をサシ飲みに誘う心理があります。

これを機会にもっと親しくなれるはずだと思い込んで誘ってくる男性もいるでしょう。しかしそれはあくまでも男性の考え方で、一緒にお酒を飲んだからといって心を許す相手になれるとは限りません。

女性があまりお酒好きではないのに、どんどんお代わりをオーダーする男性は、お酒の力を借りなければ親しくなれないと考えているのかもしれません。ところがそれをお見通しの女性も、案外多いのです。

 

好きな人だから

サシ飲みの心理は、男性が女性を誘う時は好意を寄せている人、好きな人だからです。お茶や食事だけではわからない相手の本性。

お酒を飲んで、どのような性格が見えるか知りたいのです。二人きりの楽しい時間でほろ酔いになり、一気に仲良くなる場合もあるでしょう。

男性は興味のない女性に、あえて忙しい時間を使うことを嫌います。真面目な顔をしてサシ飲みに誘う人は、将来付き合いたい願望がありチャンス到来だと思っているでしょう。

 

本音で話したいことがある

男性にとってサシ飲みする心理とは、相手と腹を割って話すイメージがあります。たとえば仕事の仲間。普段言えないことを飲みながら相手に伝え、仕事のやり方を変えたり職場のトラブルを話し合ったりする場合もあるでしょう。

女性を誘う場合も同様で、二人だけの空間を作って大切な話をしたい意味があります。それは告白であったり、仕事関係の大切な話、または本音を明かしたい話があったりする場合も。

サシ飲みすると、今までよりも距離が縮まる感じがするのは、お酒を二人で飲むという特別なことを成し遂げたからでしょう。

 

女性から誘う心理について

サシ飲みの心理・男女で違う目的とは

どのような内容でも、男性が女性から誘われると期待しますよね。脈ありなのかと勘違いして、がっかりする場面もあるかもしれません。では女性から男性をサシ飲みに誘う心理について見ていきましょう。

 

好意を寄せている

好きな人と二人でお酒を飲みたいと思うのは、男女共に共通すること。女性の場合はとくに「飲む」というシチュエーションは、特別な人とでないとできないことなので、好意を寄せている意味があります。

好きな人を目の前にすると、ドキドキするのでお酒の力を借りて、この機会に一気に仲良くなりたい願望があります。食事なら誰でもできますが、親密になりたい人とは飲みに行く関係がまず大切。

気になる人にもっと近づきたい時は「お茶」でなく「お酒」が鍵を握っているのです。

 

カップルでないと行きづらいお店だから

オープンしたばかりの人気のバー、オシャレな街にある大人の隠れ家のようなバーなど、男性と一緒のほうが入りやすいお店もありますよね。

そんな時は仲良しの友人を誘うよりも、職場の気が合う仲間や大学時代の友人を誘って、サシ飲みする心理になるでしょう。

この場合は相手に何かメッセージがあるのでなく、単に行ってみたい場所に行きたいだけ。付き添って行ってもらうだけなので、1~2杯飲んであっさりと終わることもあるかもしれません。

 

相談ごとがある

サシ飲みの心理は、大切な話をしたい時のシチュエーションに働くもので、相手に言いたいことがある、または聞いてほしい話がある場合にサシ飲みに誘います。

女性が男性を誘う時も、相手を信頼して相談に乗ってほしいのが理由。たとえば職場の先輩社員をサシ飲みに誘い、人間関係で困っていることをアドバイスしてほしい場面もあります。

しかし男性は女性からサシ飲みを誘われると、全く違う方向に飛躍する場合もあり、話の内容が自分とは全く関係ない相談ごとだとがっかりするでしょう。

 

失敗しないサシ飲みの方法とは?

サシ飲みの心理・男女で違う目的とは

サシ飲みの心理は目的がありますので、達成するためにはどのような展開になるか、事前に考えておくと安心です。男性が女性を誘う場合、相手は警戒して心をオープンにしないケースもあります。

ではどういった点を注意してサシ飲みするべきか、よい雰囲気になるポイントをご説明しましょう。

 

無理に誘わない

男性が女性をサシ飲みに誘うのは、大切な用事があるからと感じますよね。好きな人だから、仕事の重要な話があるからなど、目的が気になるでしょう。

しかし男性と二人でお酒を飲むのはリスクもあり、酔ったらどうなるかと不安になる人もいるはず。もし好きな人をサシ飲みに誘って断られたら、そんな不安材料を考慮して無理に誘うのはやめましょう。

相手が脈ありの人なら、断った後に必ずお茶や食事の誘いがくるはずです。

 

景色がよく見える席を選ぶ

初めてのサシ飲みはお互いに距離感に慣れず、話題が続かないこともあるかもしれません。黙って向かい合わせになったままでは、きっと二度目はもうないでしょう。

そんな失敗をしないためにも、座る席は景色のよいところがオススメです。緊張する可能性がある場合は、外の景色を見ながら話題が増えたり、テンションが高くなったりして盛り上がる可能性があります。

夜景の綺麗なところ、外を通り過ぎる人がたくさんいる場所など、そんなロケーションを選ぶのもよいでしょう。

 

座る位置に注意

好きな女性をサシ飲みに誘った場合、お互いの顔がしっかりと見えるように向き合うのは、かなりプレッシャーになります。ドキドキしてグラスに視線を落としたままになると、なかなか話題が続きません。

またパーソナルスペースで心理的に近づくためにも、最初は横並び、もしくはL字型にすると効果的です。視線を合わせる回数が少ない割には近くで、肩が触れ合い親密度もアップするチャンスも。対面よりも物理的、しかも心理的にも距離感がない位置がオススメです。

 

まとめ

サシ飲みに誘われた人は特別な気持ちになりますので、どのような時間が過ごせるかが大切です。予想以上に盛り上がり、2軒目に行く時もあるでしょう。

またサシ飲みしたいね、と言って別れるような充実した時間をお過ごしください。楽しくサシ飲みした後はお互いに特別な相手として、急接近できるようになります。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>カウンター席に座る心理で分かる女性への想い

ページ上部へ戻る