喧嘩後に連絡しない心理と仲直りする方法

喧嘩後に連絡しない心理と仲直りする方法

喧嘩後に連絡しない心理は、多くの人が共感できる部分があるでしょう。彼女と些細なことで口論になり、そのまま無言で家に帰る場面。

その後は一人悶々として、次の行動をどうすればよいか考えてしまいますよね。頑固な彼女だと彼氏から謝ってくるまで、喧嘩後に連絡しない心理になる場合がよくあります。

でもそのままでは、いつまで経ってもやりとりできないまま。自然と仲直りする方法がないか、頭を悩めた時にオススメの方法をご説明していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

喧嘩後に連絡しない心理について

喧嘩後に連絡しない心理と仲直りする方法

頭にきた後は、相手と話をするのはとても嫌ですよね。それは友人や会社の人でも同じこと。とくに恋人になると、しばらく時間を置きたくなるケースもあります。では喧嘩後に連絡しない理由について、心理的に考えられる意味をご解説しましょう。

 

自分は悪くないと思っている

自分から連絡するのは、何かしら用件があるため。とくに喧嘩後に最初に連絡してくるのは、相手に謝りたいことが想定できますよね。

彼女からいつまで経っても喧嘩後に連絡がこないのは、自分は悪くないと思っているため。どちらかが「ごめん」と言えば、それで丸く収まるシチュエーションなのに、絶対に譲れない場合があります。

謝るという行為は、かなり心を広く持たないとできないこと。もしくは自分が悪かったと認めて、許してほしいためにすることです。絶対に相手が悪いと思っている間は、連絡しない心理になるのは仕方ないでしょう。

 

とても感情的になっている

怒っている、ショックで言葉も出ないほど感情的になっている時は、連絡して自分が何を言うか自信が持てません。そんな場合は冷静になるまで、喧嘩後は連絡しない心理になる場合も。

言い合いしている間は二人とも熱くなり、傷つける言葉もどんどん言ってしまうでしょう。喧嘩が一瞬収まると、そこから歩み寄るまで時間がかかります。

感情的な人は喧嘩を思い出すたびにイライラして、せっかく他の物ごとに夢中になっても同じことの繰り返し。そんな状態では、まだ恋人とコミュケーションをとる準備はできていません。

 

このまま別れたいから

喧嘩後に連絡しない心理は、この機会をチャンスに別れたいと思っているからです。いつも喧嘩が絶えないカップル。どちらも歩み寄る気配がないと、そのまま自然消滅する場合もあるでしょう。

連絡して仲直りしたいのは、よりよい関係を維持したいため。しかし二人の関係に将来性がないと判断した場合は、大きな喧嘩が別れるきっかけになるケースもあります。

彼女からずっと連絡がこないと心配になる彼氏。でも自分からどう切り出せばよいのか、頭を悩める時でしょう。

 

反省させたい

なんで連絡してこないのだろう…と彼氏が悩む姿を思いながら、わざと彼女は距離を置いて反省させています。喧嘩の原因がいつも同じで、いい加減にしてほしいと思っても結果的に仲直り。

今回だけはきちんと反省させたいと思った場合は、彼氏の言い訳や弁解は一切聞かず、無言で対処するはずです。いつもとは違う彼女の態度には、危機感を感じて毎日不安になります。

一人でじっくりと考える時間を与え、きちんと謝ってほしいために自分から連絡しない心理になるのです。

 

プライドが高い

プライドが高い人は、自分が悪くても頭を下げることはしません。友人や職場の人で、そんなタイプはいませんか。恋人も同じくプライドが高い性格だと、喧嘩後に連絡しない心理背景があり、絶対に相手に謝らせたいのです。

プライドが高い人にとって、人に謝る行為は屈辱的。恥ずかしい気持ちやみっともない行動は、絶対にしたくないのです。こんなプライドは、場合によっては捨てなければならないこともあるでしょう。相手の性格を理解して、上手に近づくのが大切なのです。

 

弱みを握られたくない

謝ると、相手に弱みを握られた気分になりませんか。喧嘩後に連絡しない心理は、自分の負けを認めるようなもの。弱みを握られるとどんどんつけ上がって、彼氏が自由奔放になる不安があります。

謝るのは責任を認めることですから、仲がよいカップルでも大人として、マナーある態度で接したい場面はよくありますよね。喧嘩はどちらにも責任がありますので、どちらが先に近づくか勇気を持つのが大切なのでしょう。

 

負けず嫌いの性格

喧嘩は勝負のようなもので、勝敗によって負けたほうが謝る傾向があります。たとえば彼氏がデートの約束を忘れた時。彼女が何時間も待って、頭にきてメッセージを送ってくるでしょう。

負けず嫌いの性格だと、自分が悪くても言い訳をすぐに思いつきます。仕事が忙しかったら仕方ない、そうあっさりと逃げてしまう人もいます。

同様に彼女が負けず嫌いだと、彼氏が優しく謝って機嫌をとってくれるのを、ひたすら待ち続けています。性格を理解している人なら、本気でなくても謝罪の言葉でその場を解決するでしょう。

 

連絡しない相手と仲直りする方法

喧嘩後に連絡しない心理と仲直りする方法

いつまでもお互いに意地を張って、相手を無視するのも限度があります。時間が経過するとさらに連絡しにくくなるので、タイミングよく仲直りするコツについてご説明しましょう。

 

相手がまだ怒っているかどうか知る方法

喧嘩後に連絡するのは勇気が要る瞬間ですが、できれば火に油を注ぐようなリスクは避けたいですよね。連絡する前に、まずは相手がまだ怒っているかどうかチェックしてみましょう。

その手段として有効なのは、FacebookやTwitterなどのSNSのアカウントで近況を知ること。楽しそうに友人とお茶している様子がわかる場合などは、気分転換して怒りが収まっている可能性があります。

逆にしばらく投稿もなく変化が見られない場合は、未だに怒っている可能性があるのでもう少し様子を見ましょう。

 

電話をかける

喧嘩後に最初に連絡する人が、喧嘩の張本人とは限りません。相手が悪くても自分から連絡して事態を収拾させるのは、大人として立派なこと。

メッセージを送るにも、相手の反応がいつどうなるか不安ですよね。どうせ緊迫するなら、勇気を出して電話で済ませましょう。LINEだと、相手の声がわからず感情が見えてきません。

電話ならしばらくぶりにお互いの声を聞けてホッとするかもしれませんし、話し方や声のトーンで自分の対処もすぐに考えられます。

謝りたい時も、メッセージより電話のほうが誠実さはわかるので、仲直りしやすいのです。

 

スタンプを送り和ませる

喧嘩後に連絡しないのは、お互いにとって冷却期間になるため必要です。喧嘩した直後にやりとりしても、さらに喧嘩が再燃する可能性があります。

連絡がこない不安がある場合は、相手の気持ちを確認するためにも、まずはスタンプを送りましょう。癒し系のスマイルマーク、犬や猫などのGIFなど。

気まずい雰囲気を和ませて、お互いに歩み寄りやすい環境を整えるのが目的です。あまりふざけたスタンプだと、反省の色が見えないと彼女が怒る可能性もあるので、慎重に選んで判断してくださいね。

 

成り行きに任せる

お互いのことをしっかりとわかっている関係なら、連絡しなくても大丈夫な場合もあります。自然と仲直りするためには成り行きに任せて、連絡しなければならない用事ができるまで待つなど、深刻に考えずにお互いの時間を大切に過ごすのも気分転換としてよいですね。

 

まとめ

喧嘩後に連絡しないのは心理的な背景を考えて、お互いに相手の立場になるのが大切ですね。自分の気持ちに素直になること。謝るのは負けを認めることでなく、大切な人の気持ちを尊重するエチケットなのです。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>心配させたい心理は女性の恋愛テクニック!

ページ上部へ戻る