靴のかかとを踏む人の心理と特徴について

靴のかかとを踏む人の心理と特徴について

靴のかかとを踏む心理について考えられる理由や、性格の特徴についてご説明していきますね。学生時代に学校の上履きのかかとを踏んで、先生に叱られた経験がある人も中にはいるでしょう。

靴のかかとを踏む姿には、決してよいイメージは持てません。でも大人になっても子供時代のままで、靴のかかとを平気で踏んでいる人がたまにいます。

物の扱い方はその人の性格や価値観などが表れ、心理的な背景も窺える場合があります。では早速ですが、靴のかかとを踏む人の心理と特徴について見ていきましょう。

 

靴のかかとを踏む人の心理と特徴

靴のかかとを踏む人の心理と特徴について

靴のかかとを踏む人の心理はなぜなのか、理解できない人は多いでしょう。深層心理に隠された内容と、かかとを踏む人の特徴についてお伝えしますね。

 

大雑把な人

靴を履くという動作は毎日なので、それほど特別感を意識しないもの。しかしじっくりと考えると、靴はスタイルによって靴紐を縛ったり、つま先まできっちりとフィットさせたり、履き方にこだわる人もいるでしょう。

大雑把な性格の人は靴を履く動作が面倒なため、かかとまできっちりと足を入れる前に、踏んで終わりにしてしまいます。

たとえば待ち合わせに遅れてしまいそうで、のんびりと靴を履く時間がない時は、サンダルのようにかかとを踏んでしまう場合がありますよね。大雑把な人は、常にそんな心境なのかもしれません。

 

威圧感をアピールしたい

ワイルドで威圧的という印象を受ける、靴のかかとを踏む人。ルールに違反するような靴の履き方は、自分の悪さを周囲にアピールしている心理があります。

足元は意外と見られていないようで、人目につく部分。それとなくアピールしたい時には、靴は好都合なアイテムになりますね。

 

癖でやってしまう

子供の頃からの癖で靴のかかとを踏む人は、心理的な意味よりも無意識にやってしまいます。

子供ならまだ許せるものの、大人になってもこのままでは困りますよね。たとえば社内で履く靴のかかとを踏むサラリーマンは、会社のイメージダウンにもつながるかもしれません。

身だしなみは社会生活において大切なポイントになりますので、未だに靴のかかとを踏んでしまう人は、意識して直したほうがよいでしょう。

 

物を大切にしない

靴のかかとを踏む心理ですが、物理的にそんな履き方をすると、靴がダメになってしまいますよね。

わかっていてもやってしまう人は、物を大切にしない性格なのかもしれません。靴は毎日履くもので足を守る重要なアイテムですから、丁寧にお手入れをしていつまでも履き続けたいですね。

ブランドの靴はとても高価なので、適当な扱いはしたくありません。かかとを踏むと靴の形が変わり、見た目まで悪くなってしまいます。

 

ゆったりとした靴が好き

靴のかかとを踏む人の心理の中には、足元はゆったりとしているほうが好きな人もいます。スニーカーやブーツなど、しっかりと足が固定されるものよりも、すぐに脱げるサンダルタイプ。

近所に少し買い物に行く時に、気軽に履けるような靴を好む人がいます。着脱が簡単なのはよい点ですが、かかとが開いているタイプは、運動には適していません。

ゆったりタイプの靴を好む人は、あまりアクティブな人ではない可能性もあるでしょう。

 

靴のかかとを踏むのは運気

靴を大切に扱うためには、かかとを踏んで履くのはまずやめたいことです。見た目が悪く、靴をダメにしてしまう行為。

さらに運気を悪くするとしたら、すぐにかかと踏みはやめられるでしょう。では少し気になる、靴のかかとを踏む行為と運気についてご説明しますね。

 

運気が逃げる可能性

「足元を見る」という表現がありますが、人の足元は弱点が現れる場所で、不運がそこにつけ込んでいく時もあります。

靴のかかとを踏むとしっかりと足が守られず、そこから運気が逃げてしまうとも考えられるもの。

運気をアップするには、靴の履き方にも注意が必要なのです。靴は足を守るもの。とくにかかとは歩くためにも大切な部分ですから、粗末に扱ってしまうと罰が当たることにもなるでしょう。

 

金運が悪くなることも

運気には恋愛運や仕事運、健康運などがありますが、靴のかかとを踏む心理は金銭運にも関係しています。

かかとを踏んでしまうと折り目がついて、長持ちしなくなります。そのためすぐに新しい靴が必要になり、無駄遣いになってしまうのです。

また物を大切にしない気持ちは何かと出費がかさみ、必然的に金銭運が逃げていく要因になります。

お金持ちに共通する、物を大切にする心。安い靴でも大切に履く気持ちが、金運を招くコツになるかもしれません。

 

靴はその人の性格を表すもの!

靴のかかとを踏む人の心理と特徴について

靴はオシャレに関するアイテムなので、頭からつま先まで気を緩めずにこだわる人は、とても多いでしょう。

好みのデザインや色など、靴はその人のセンスを示すものです。しかし人によっては、足元には一切気を遣わず、汚れた靴でも平気な人もいますよね。

靴は目立たないところだからこそ、その人の性格や人柄などがよくわかるのです。

 

いつも靴を磨いて履く人

いつもピカピカで、汚れひとつない靴を履く人は完璧主義者です。足元までこだわり、きちんとできる人は仕事の成績もよく、経済的にも恵まれる傾向があります。

しかし逆に失敗を恐れてしまうので、ちょっとしたミスで落ち込んでしまうこともあるでしょう。

靴屋さんのディスプレーに飾ってあるような綺麗な靴で毎日生活する人は、完璧すぎて周囲に要求することも多いかもしれません。

 

かかとがすり減った靴を履く人

いつの間にか靴のかかとは、すり減ってしまうものです。歩き方により外側が減りやすい人、内側が減ってしまうケースなど、劣化の仕方は違いますよね。

このタイプは表面上の部分を重視するタイプで、内面性が欠けている場合があります。靴は表だけを見ても、状態がはっきりと把握できないことがあるでしょう。

たとえば靴底がボロボロになっている、靴から嫌なにおいがするなど。表だけを気にする人は、実は心の中が荒れている可能性があります。

 

ハイヒールを好む女性

女性の靴はデザインが色々とありますが、足元が綺麗に見えるハイヒールを好んで履く人はプライドが高い性格の持ち主です。

ハイヒールは背も高くなりますし、足元が強調されます。自分の存在感をアピールしたい時や、注目されたい時に選ぶもの。

いつもハイヒールを好んで履く人は、自己顕示欲が高いといえるでしょう。もっと見てほしい、綺麗だと言われたいという評価を、首を長くして待っているかもしれません。

 

社交的な人はスニーカー

つい靴のかかとを踏む心理になりそうなスニーカー。カジュアルなオシャレには、絶対に欠かせないアイテムかもしれません。

そのためきちんとした場所には、スニーカーでは行けない場合もあります。カッコよくスニーカーを履ける人も増えていますが、オシャレな人でないとスニーカーを使いこなすのは難しいでしょう。

エクササイズや長時間歩く時に履くスニーカーは、その人のフットワークの軽さを示しています。

人当たりもよく社交的な性格なので、あちこち走ったり歩いたりする、スニーカーのような機能性を持った人なのでしょう。

 

まとめ

靴のかかとを踏む心理は、深い理由や意味があるのかもしれませんが、周囲には悪いイメージばかりが残ってしまいます。

お気に入りの靴は大切に履き、自分らしさをアピールできるように意識したいですね。毎日出かける前に靴の汚れをチェックして、しっかりと足を守ってもらいましょう。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>目が悪いのにメガネをかけない人の心理とは

ページ上部へ戻る