頭をかく心理~シチュエーションでわかる思い

頭をかく心理~シチュエーションでわかる思い

頭をかく心理について、気になった経験はありませんか。なぜ人前で頭をかくのか、自分の動きや人の動きはつい深読みしたくなることがあります。

心理的な行動は瞬間的に起こるので、自分でも予期せぬ動作をやってしまうケースがあるでしょう。

そんな時に相手にどう見られているか考えると、意外な結果がやってくるかもしれません。頭に関する動きはさまざま。

髪の毛を触ったり頭を動かしたり、毎日の生活の中でもあらゆる動きが見られます。では早速ですが、少し気になる頭をかく心理について、シチュエーションごとの意味を考えていきましょう。

 

男性は女性よりも頭をかく人が多い?

頭をかく心理~シチュエーションでわかる思い

頭をかく人の姿をイメージしてみましょう。その時にすぐ思いつくのは女性でなく、男性ではありませんか。

実は男性のほうが、頭をかく心理が多いといわれています。それでは考えられる、次の理由を詳しく見ていきましょう。

 

髪を触る癖の延長

髪を触る仕草は緊張を隠すためだといわれていますが、髪が長い女性なら頭部を触らなくても、肩にかかった髪をいじることができます。

でも短髪の男性は、必然的に頭部に行かなければ髪が触れないため、緊張した時に頭をかく仕草になってしまうのでしょう。

男性の髪型を考えると大抵の人は短いので、女性のように指に絡めるようなことは不可能。髪を触ると安心する人は、頭をかく心理となり髪を触っているのかもしれません。

 

ストレスを抱きやすい

男性は女性よりも、ストレスを抱きやすい傾向があるといえるでしょう。心理的なことだけでなく、ストレスを多く感じる環境が周囲に多いのも理由です。

頭をかく心理は女性よりも男性のほうが多く、不安やストレス解消のためにやってしまうケースがよくあります。

漫画やドラマでも、見ることがあるこの仕草。少年が頭をかいて困っている姿などが、すぐに想像できますよね。

 

頭皮がかゆい

男性の皮膚は、女性よりも皮脂の分泌量が多い可能性もありますので、頭皮も同様にべたつきが増えてしまいます。

そのため頭がかゆくなるのは男性のほうが多く、しかもジェルやムースなども髪が短いので頭皮に付着しやすくなっています。

髪が抜けないように、育毛トニックでマッサージする男性がいるように、何かと頭皮には負担がかかっているのです。

かゆみを止めるには専用のシャンプーを使うと、頭皮トラブルが解決するかもしれません。

 

頭をかくのはこんな時・考えられる心理について

のんびりとテレビを見ている時に、いきなり頭をかき始める人は少ないでしょう。この動作は心理的な意味が隠されていますので、シチュエーションごとに考えられる意味についてお伝えしていきますね。

 

困っている

どうしよう?と困っている時に、頭をかく場合があります。トラブルを解決する時に、無意識に人間は体の一部を触る習慣があり、頭をかく心理も誰かに助けを求めているサインです。

困っている時に頭をかくのは、その動作で自分を落ち着かせているという説もありますが、困っている自分を励ましているのかもしれません。

早く状況を改善したいと焦っている時は、落ち着かせるために頭をかく不自然な行為になるのです。

 

精神的な不安がある

頭をかく心理は、あらゆることが複合的に重なっている場合がよくあります。なぜだかわからないけれど、不安を感じることは誰でも経験があるでしょう。

完璧にやったはずの仕事も、何か引っかかることがある場合など。このような不安が日常的に続くと、精神的にも圧力がかかってしまいます。

すると頭をかく心理が働き、不安を外にアピールしているのかもしれません。落ち着きのない行動は、何か不快なことがあるためです。

頭をかく仕草がとても多い人は、何か抱えている問題があるためかもしれないのです。

 

恥ずかしい

恥ずかしい時にやってしまう、色々な仕草や行動。頭をかく心理も同じで、恥ずかしい場面でついやってしまうケースがあります。

たとえば好きな人にいきなり話しかけられて、言葉が出てこない場面。頭をかいて、恥ずかしさをごまかしているのでしょう。

こんな時は同時に緊張して、体全身で汗をかいています。頭部も汗をかき、ひどい場合はダラダラと額から汗がこぼれる人もいるかもしれません。

頭皮が汗をかくとかゆくなり、自然と手が伸びてしまうのも理由になるでしょう。恥ずかしくて顔に手を当てる、場合や口に手を当てるなど。頭をかくのも同様の、恥ずかしいサインなのです。

 

ストレスを感じている

頭をかく心理で、最も多いのがストレス。人間関係や仕事など、あらゆることから毎日人はストレスを受けています。

頭をかく心理は強いストレスを感じた瞬間に起こり、頭を激しくかく人もいますよね。イライラや怒りを静めるために、自分自信を落ち着かせようと頭をかいているのです。

ストレスを感じると、頭を無意識にかくという話も。しかし緊張をほぐすためには、体が自然と反応して動いてくれるのかもしれません。

 

何かに我慢している

誰かをずっと待っている間、試験の結果を待っている間など。我慢している時は、体が意外な行動を起こすことがあります。

頭をかくのはこのような場面で、我慢して辛い心境になるため一時的に強いストレスを感じているのです。

後どれくらい我慢すればよいのかと、困惑や不安なども一度に襲ってくるでしょう。心のモヤモヤを解消するために頭をかき、我慢している自分を落ち着かせているのかもしれません。

 

癖でやってしまう

頭をかくのは心理的な意味がある場合だけでなく、ただ癖でつい手が行ってしまう人も少なくありません。

たとえば鼻を触る、顎を掴むなど、意味がないけれどやる動作もありますよね。頭をかく癖は自分ではさほど気にせず、習慣的にやっているので周囲から指摘される時もあるでしょう。

気になると余計に緊張して、つい頭をかいてしまうということにもなりかねません。

 

緊張しやすい

土壇場に弱い人や心配性でいつもあがってしまう人など、性格的にも体の動きは色々な違いがあります。

緊張しやすい人は頭をかく動作が多く、人前に出るとついやってしまうことがあるでしょう。

人の視線を感じやすく、それが恐怖やプレッシャーになってしまい、頭をかいて安心させています。

緊張しやすい人は、他のタイプよりも頭をかきやすいといえるかもしれません。落ち着きのない動作は周囲からも認知されるため、余計に人前に出るのが嫌になります。

 

頭をかく癖をやめる方法

頭をかく心理~シチュエーションでわかる思い

頭をかくのは心理的な動作なので、根本的なところから改善しなければなりません。人前でいつも頭をかくのは、決してよい姿には見えないため、できれば意識して減らしていきたいことです。

そのような人は次のポイントを意識して、頭をかかないように練習してみましょう。

 

ストレス発散をする

頭をかくのはストレスが根底にある場合が多いので、普段から運動をするなど、ストレス解消を積極的に始めてください。

 

睡眠時間を増やす

寝不足が続くとイライラしやすくなり、頭をかく場面が増えてしまいます。朝すっきりと目覚めた日は気分が安定して、緊張や不安を抱えることは少なくなるでしょう。

 

まとめ

頭をかく心理は、自分でも気がつかない心の不安などが隠されている可能性があります。ストレスは誰もが抱えるものなので、大切なのは自分に合った方法でストレスに向き合うことです。

また頭をかく人を見かけたら、何か気になることがあるのだろうと理解してあげる気持ちも大切。人間の瞬間的な動作には、本音がたくさん隠されているのです。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>指を鳴らす時の心理には驚くものも!

ページ上部へ戻る