口癖で心理が見えてくる!気になる深層心理と対処法

口癖で心理が見えてくる!気になる深層心理と対処法-1

無意識につい出てしまう口癖ですが、どのような心理を表しているのでしょうか。意識せずに発してしまう言葉には、自分でも気付かない心の声が隠されています。普段何気なく口にしてしまう言葉で、相手の心理もわかってしまうのは、少し複雑な気持ちになりますが、気になるところですよね。

あなたの口癖にも、どんな心理が隠れているのでしょうか。発する言葉によっては、直さなければ恥ずかしい場合も…。どんな性格なのかも見えてしまうので、気をつけたいですよね。今回は、口癖に隠されている心理についてお話しましょう。

 

「だから」…自信家タイプのリーダー資質あり

話をしていても、相手の話を遮るようにいつも「だからさぁ…」と割って入ってくるタイプは、自分をしっかり持っている人です。だからと言われてしまうと、強い口調に聞こえてしまいますよね。自分の言葉をよく聞きながら、気に留めて欲しいと言う口癖から心理が見えてきます。

このタイプの人は、相手の発言を否定しても自分のことを否定されてしまうと、イラっとしてしまう部分を持ち合わせています。プライドが高いので、思い通りにいかないとストレスを抱え込んでしまうことも…。接し方としては、話の主旨を理解して行動すると相手の機嫌を損ねません。

 

「とりあえず」「まあ」…穏便に済ませたい平和主義

口癖には、心理的に自己防衛を表していることがあります。相手を刺激しないように、当たり障りのない展開を望むタイプに多くみられます。細かく指摘されることが苦手で、相手に対し緊張感を持って接していることがあります。

自信がないので、自分の意見がなかなか言い出せないタイプです。しかし、聞き出すと自分の意見も答えてくれるので、周囲との連携も乱さない一面も…。気を使うことが多いので、リラックスするような言葉を掛けてあげると緊張感がほぐれます。

 

「でも」…ネガティブ思考の甘えん坊

会話の合間に「でも」を入れて話すタイプは、一生懸命に気持ちを伝えようと話そうとしている心理が伺えます。

言葉を伝えるのが苦手で、自分の気持ちをうまく表現出来ないことをコンプレックスとして抱えているところも…。

言われたことをマイナスに受け止めやすく、否定されたと思い込む癖があるでしょう。自分にとって不利だと感じた時に、わかって欲しいと訴える負けず嫌いの部分も垣間見られます。対処法として、褒めてあげることで不安な気持ちを拭き飛ばしてあげましょう。

 

「えー」「あの」…プライドが高くよく見られたい

男性に多い口癖ですが、心理的にはデキる男だと思わせたい願望が強いタイプです。言葉を繋げると言う意味で、思わず出てしまう言葉ですよね。言葉が出てこない時にも、使うことがあります。

あまり親しくない人と会話をすると口癖も多く、落ち着かない心理にソワソワする感情が現れています。言葉にするよりも、頭で考えることが得意な人に多いでしょう。焦らせずに、じっくり聞く体制で話を聞くことが一番の接し方になります。

口癖で心理が見えてくる!気になる深層心理と対処法-2

「どうして」「なんで」…不満やストレスの表れ

「どうして」「なんで」が口癖には、心理状態にも不満が見られます。納得いかないことや理解できないことをされた時に、不満が募ってしまうタイプです。自分だったらあり得ないことを、他の誰かがすることでイライラしている状態です。

指導者や上の立場の人が、部下に教える過程で使う言葉でもありますよね。答えさせることで相手の理解度を知ると言うためにも使われることがあります。また、誰かが好意でしてくれたことに対して、納得がいかない場合にストレスに感じ、つい出てしまう言葉になるでしょう。この口癖が多い人と接するには、行動を起こす前に事前に確認しておくか、事後報告をしっかり行うことが求められます。

 

「まぁいいか」…無理に納得させようとする口癖の心理

軽く聞こえる口癖の一つですが、心理的からは納得できないと言う気持ちの表れでもあります。周囲に対して常に客観的に物事を捉えている性格に多く、一つ距離を置いて接しているのが特徴です。

構ってもらいたくない一匹狼的な部分を秘めていますので、穏やかではありますが周囲からは適当な人と思われることも…。気になる時は、意見を求めると、遠回しの発言が返ってきますが、意外と細かいことを気にしますので、様子を伺いながら接していきます。

 

まとめ

口癖は心理状況からネガティブな気持ちが多く、自分の心の安定を図るために吐き出してしまいます。吐き出すことで、気持ちの切り替えが出来ると言う人もいますよね。しかし、何度も繰り返し発言するのは、好ましくありませんよね。印象を悪くしてしまうだけではなく、社会人としてのモラルが問われてしまうのです。

気持ちのスイッチは、誰もいないところで切り替えるように意識して、気になる口癖は封印してしまいましょう。思わず言いかけそうになった時は唾を飲み込む、水分を取る、楽しいことを考えるなどの対策をとり、マイナス思考を抱かない工夫が大切です。考え過ぎないことが、解決の一歩になるでしょう。

ページ上部へ戻る