視線の心理を読み解くコツとは?視線でわかる今の本音

  • 2017-4-18
  • 視線の心理を読み解くコツとは?視線でわかる今の本音 はコメントを受け付けていません。
視線の心理を読み解くコツ。視線でわかる今の本音-1

視線の心理には、どのような思いが関係しているのでしょうか。会話をする時は、相手の顔を見て話しますが視線をどこへ向ければよいのか悩みますよね。言葉や動作はごまかすことが出来ても、視線については嘘がつきにくいもの。確かに緊張している時は瞬きが早く多くなりがちです。そして集中したい時には目を閉じることも。

このように視線から心理を読み取ることは色々とあるものです。今回は視線からどのようなことがわかるのかをお伝えしていきましょう。

 

女性の目は口より素直

視線の心理を読み解くコツとは?視線でわかる今の本音

視線から心理を探ろうと思っても、女性の目を観察するのは難易度が高いですよね。しかし、話しかけた時の視線の位置によって、本音がしっかりと表れています。言葉とは裏腹に心の中では真逆のことを考えている女性もいるでしょう。女心はわかりにくいという男性は多いですが、視線についてはしっかり物語っているのです。

 

会話をしている女性の視線

一生懸命会話をしている女性の視線には、どこか落ち着きがなく緊張している様子が見られますよね。男性としてフォローをしてあげたくなる時もあるでしょう。彼女や気になる人の気持ちは、視線に表れていることがあるのです。このため普段から気に掛けておくと、女性の気持ちがわかるようになるでしょう。

 

女性の視線を意識してみる

女性の視線を意識することにより、相手の考えや思いについて気付くケースは案外多いのです。相手が何を考えているのか気になる時には、目をじっと見つめるようにしてみましょう。そうすることで相手の気持ちが分かり、やりとりがしやすくなる可能性も高くなるのです。やりとりがしにくい相手だと思い、避けていては親しくなるのは難しいでしょう。

相手の考えについて知りたい時には、視線について注目をするように意識するとよいですね。

 

男性は視線も行動もわかりやすい

視線の心理を読み解くコツとは?視線でわかる今の本音

女性は目で真実を語りますが、不器用なのでその時の感情をそのまま表現しやすいのです。このため浮気についても、すぐに見抜かれてしまうことが多いでしょう。悟られたくないとの思いが強くなると、無意識のうちに目を閉じて考えを整理することもあるのです。

 

本気で伝えたい時には

本気で伝えたいことは、相手から視線をそらさずにまっすぐな思いを体全体で表現します。複雑な表現が苦手だからこそ、男同士の友情の絆の深さが女性より強いのも納得できますよね。女性から見て分かりやすいと感じることも、実際に多いかもしれません。視線により、嘘を見破ることができるのは男性が純粋だから。そう考えると、相手とのやりとりが楽になってくるケースもあるでしょう。

 

視線の先には好きな人がいることも

視線の心理を読み解くコツとは?視線でわかる今の本音

好きな人を見掛けた時は、どんなに遠い位置でも視線を送りたくなる心理が働きます。これはドラマや漫画のシチュエーションによく登場しますよね。しかし、女性は好きな人が話している時は、恥ずかしさから視線をそらしたくなるのです。男性も恥ずかしいと感じた時は、視線を一瞬そらしますよね。こちらを見ていたはずなのに、気付くと違う方向に照れたように目を向けてしまうのは、恋愛対象として意識されている可能性があるのです。

 

目をそらすのは嫌われているから?

目をそらされるのは、嫌われているからかもしれないと思われがちですが意識している証なのです。もしも好きな人が誰なのか自分自身でもわからない時は、いつも自分の視界に誰が多く映っているのかを思い出せば好きな人が誰なのかすぐに分かるでしょう。

好きな人に対しては自然に目で追い、自分でも気づかないほど見つめてしまうことが多いことを理解するようにしておくとよいですね。

 

視線が利き手側の上=嘘をついている心理

視線の心理を読み解くコツとは?視線でわかる今の本音

相手の嘘がわかればいいのに…と思うことがありますよね。何かを考える時、無意識に上を見てしまう人もいます。これは、利き手側の脳に意識が集中して話を盛るための思考を巡らせていると言われています。

 

相手の視線の向きに注目する

飲み会の時や彼女の浮気が気になる時など、相手の視線がどこに向くかで相手の心理を読み取りましょう。しかし意識しすぎて怖い表情で見つめてしまうと、本心が読めなくなってしまいますので、さりげなく読み取るのがポイントです。

相手の視線の向きに注目をすることで、現在どのような思いでいるのかが分かる場合もあるでしょう。相手のことをもっと知りたいと思った時には、視線について意識をするように心がけてみることが大切なのです。

 

言い訳をする場合

言い訳をする人は、隠したい出来事をごまかそうと必死に考えている状態なので、会話が不自然になることも。相手の視線が利き手側の上を見た時は、話を全て鵜呑みにせずに半信半疑で聞くようにすると、感情的にならずに聞くことが出来ます。

言い訳をしている時には視線が落ち着かない場合も多いでしょう。どこかソワソワした雰囲気になるので、勘のよい人ならすぐに怪しいとわかるはずです。言い訳については、一度は素直に聞いておいて怪しいと思う面を後から尋ねてみましょう。最初から疑うような言い方をすると、相手は言い訳をするのさえ諦めてしまうのでよい関係が築きにくいのです。

 

視線を合わせないのは苦手な心理

視線の心理を読み解くコツとは?視線でわかる今の本音

とても苦手な人と接するのは、辛いですよね。関わりたくない相手とは距離を置きたいと思うため、視線を合わせたくない心理が働きます。見える位置から離れてみたり、顔を背けてしまうこともあるでしょう。しかし極端な態度は相手を不快にさせててしまいますので、大人の対応を心掛けましょう。

 

冷たさを感じる時

苦手意識が強いため、好きな人へ向ける雰囲気とは違った冷たさを感じますよね。思い当たる視線を感じて嫌われているかもと思った時は、今までの言動を考え直す必要があります。上司や先輩からいつも睨まれているような眼差しを感じる場合は、もっとこちらからコミュニケーションを取って欲しい、と言うサインの表れかもしれません。

これについて自ら気付くことが出来れば、関係が悪化する前に解決することも出来るでしょう。接し方を変えたら話す機会も増えて、仲良くなれたと言うケースもあります。程よい距離感を保つのがコツになるのです。

 

こちらからは視線を合わせる

相手が視線を合わせてくれなくても、諦めずにこちらは視線を合わせるようにしてみましょう。こちらができるだけ視線を合わせる努力をすれば、その思いが伝わる可能性があるのです。視線を合わせにくいと思い、こちらも目をそらしてしまってはいつまで経っても分かり合えない関係のまま。こちらから思い切って視線を合わせようとしているうちに、タイミングよく視線が合う場合もあるでしょう。

 

まとめ

視線一つで心理が見えてくると、目に注目してしまいますね。目を見て会話をすることが苦手と言う人には、克服できるきっかけになるのではないでしょうか。だからと言って目の動きばかりに気を取られてしまうと、会話が疎かになり相手に不快な思いをさせてしまいますので程々に観察しましょう。

しかし相手の気持ちを知るには、目だけではわからないこともあります。口調や態度、雰囲気によって総合的に判断していかなければ見えてこないことも多いのです。自分から積極的に挨拶をして、声を掛ける努力をしていくようにしましょう。恋愛だけではなく、コミュニケーションのきっかけとして、人間関係で悩んだ時には相手の視線に注目をして、こちらからも視線を向けるようにしていくとよいですね。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>友達を避ける時の心理について理解しよう!

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る