お金を使いたい心理になったら時の対策法

お金を使いたい心理になったら時の対策法

お金を使いたい心理になった時、計画的な出費をしないと後悔して、さらにストレスが溜まるかもしれません。

金銭に関する悩みは精神的に負担を与え、普段の生活が苦痛になります。ストレスは色々なところからやってきますが、発散方法は人によって違いますよね。

トラブルの原因になるお金。思い切り使うことが、ストレス発散の人もいます。やけ食いするような行為と、同じ意味があるのでしょう。

しかしお金を使いたい心理になった時は、自分で気づかない心の奥を理解して、上手に気分転換するのが必要です。

 

お金を使いたい心理になるのはなぜか?

お金を使いたい心理になったら時の対策法

お金がなくても、やたらと使いたくなる時がありませんか。洋服や家電など、さほど必要のないものまで好きなだけ買い物して、お金を使いたい場面です。

そんな時は心理的に考えられる理由を知り、お金を使ったほうが安心でしょう。

 

節約生活に飽きたから

一人暮らしで少ない給料、目標があってお金を貯めている人など。毎日節約生活していると、ある日我慢が爆発して衝動買いすることがあります。

節約生活は「買ってはいけない」「お金を使わない」という自分のルールがあるため、「我慢」ばかりの要素の中で暮らしていますよね。

食べたいものを我慢する時もあるでしょう。友人との約束を断って、家で大人しくする人もいるもの。

こんな生活の中、やってはいけないことを急にやりたくなる衝動が走ります。お金を使いたい心理は、節約しなければならないルールを破って満足したいためなのです。

 

ストレスを発散したいため

お金を使いたい心理は、ストレス発散が考えられます。気分転換するために普段やらないことをやるのは、誰でも経験があるでしょう。

ストレス発散は一時的な感情で決める場合が多いので、いきなり部屋の掃除をしたり暴飲暴食したり、自分の行動力が怖くなるケースもありますよね。

ストレスを溜めないようにしても、今の時代はあらゆる場所でストレスを感じるものです。無理にストレスを避けるよりも、上手に付き合うのが大切。

堅実な人がいきなり衝動買いをしたくなったら、ストレスのせいかもしれません。そんな時はまず一呼吸おいて、次の行動を考えてみましょう。

 

自分にご褒美

お金を使いたい心理は、幸せを感じたいためともいわれています。お金を使うことで、自分の欲しいものが手に入りますよね。

その喜びが快感につながる場合や、お金を使うという行為自体を心地よく感じます。いつも頑張る自分に、たまにはご褒美をあげようと贅沢する場合があります。

ボーナスでいきなり新車を買うなど、自分のためにお金を使うと達成感のようなものが得られますよね。

自分へのご褒美が習慣になってしまうと、それは「ご褒美」にはならず無駄使いに。その違いをはっきりと知っておかないと、後で金銭トラブルが待ち構えています。

 

自己顕示欲が強い

お金を使いたい心理は、ブランド志向の人のように自己顕示欲が考えられます。このタイプはオシャレに使うお金が多く、外見重視なので心を磨く場面は少ないでしょう。

誰が見てもすぐにブランド品だとわかるような、大きなロゴがプリントされた洋服や高級腕時計。あるいはオーダーメイドしたスーツなど、人の視線を集めるためにお金を使っているのです。

自己顕示欲がある人は一見強いタイプに見えますが、深層心理を探ると実は自信がないため、無理に自分をアピールしている場合があります。

性格や価値観などの本質的な自分に納得しないので、お金を使って自分を大きく見せたいのでしょう。

 

生存本能のため

人間には色々な欲求がありますが、生きていくために大切な生存本能は、お金を使いたい心理と関係があります。

人間の生存本能は、目の前にあるものを手に入れたい欲求があるといわれています。たとえば買い物ですが、実物を見せられた場合と写真の場合では、実物を見た人のほうが買う確率が高くなるかもしれません。

生存本能は誰にでもあるものですから、お腹が空いた状態でスーパーに行くと、余計な買い物をする可能性が高くなるでしょう。

お金を使いたい心理には、自分でも気づかない本能が働いているケースがあります。

 

お金を使いたい衝動を抑える方法

お金を使いたい心理になったら時の対策法

お金を使いたい心理になっても計画的に使える人ならよいのですが、ほとんどの場合は衝動的に買い物をして後でがっかりしますよね。

失敗しないためにはお金を使いたい心理になった時、次のポイントを思い出してみましょう。

 

自分の買い物パターンを知る

なぜ買ったのか覚えがないアイテムは、家の中に色々とありませんか。無性にお金を使いたくなった時に、必ず自分の買い物パターンがあるでしょう。

グルメな人なら食べ物、趣味がある人は専門的なアイテム、オシャレな人は洋服など。「ついつい」買ってしまうアイテムがあるはずです。

買い物パターンを理解すると自分が苦手なところが見え、衝動的に買ってしまうものがわかります。このタイプは家に新しい靴下が何十足もあるなど、ターゲットになっているものがあるでしょう。

これからはこれらのアイテムをなるべく避けて、衝動買いしないようにするのも方法ですね。

 

1日我慢しよう

お金を使いたい心理になったらすぐに買わず、しばらくその商品を見るか売り場を離れるか、冷静になるまで待ってください。

たとえば数万円もする家電のように、リスクが高いアイテムが欲しくなる時は注意が必要。「セールだから今買わなければ損」というのは、つい心を動かされる原因です。

セールで安いものを買うのは、自分にとって「得」に感じる人が多いでしょう。しかし結局買い物には変わりありませんから、自分のお金はなくなるのです。

高額なものはとくに時間をおいて、本当に必要かどうか考えてください。1日時間を置くと多くの場合、購買欲求はなくなります。

 

ストレス原因を考えよう

お金を使いたい心理になるのはなぜなのでしょうか。買い物したい気持ちを無理やり抑えたり、買い物でごまかしたりしていると、本当の理由が見えてきません。

衝動買いをしやすい人は客観的に考え、自分の消費活動の目的や意味を探してみましょう。「買い物すると幸せになる」というのは錯覚かもしれません。

ストレスが招く普段とは違う行動は、よく考えて判断しなければならないのです。最近はSNSがストレス発散になっている人もいるようですが、インスタグラムに写真を載せたいために、無理な買い物をして満足する人もいるでしょう。

後悔する買い物が増えたらストレスがどこからやってくるのか、よく考える必要があるといえますね。

 

お財布管理をきちんとする

無計画な出費で困らないためには、普段からきちんとお財布管理するのが大切です。買い物は一時的な喜びになるかもしれませんが、将来の自分にデメリットをもたらす場合もよくあります。

無計画にお金を使ってしまい、もっと大切なことにお金を使えないのは困りますよね。衝動買いしやすい人は、毎月のお小遣いを決めておきましょう。

またクレジットカードを持たず、現金生活にするのもよいですね。お金を使いたいのは欲求のひとつ。

自分を満たすためについやってしまうことですから、物理的にやらないようにしっかりとお財布の中身を管理するのも、重要な改善策になります。

 

まとめ

お金を使うのは楽しいですよね。欲しかったものをやっとゲットした時は、なんともいえない満足感があります。

お金を使いたい心理になったら、その瞬間だけにフォーカスせず、その先で待つ自分の姿を思い浮かべてください。納得できるかどうか、少し冷静な時間を持つとよいですね。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>物欲の心理をおさえて快適に暮らす方法!

ページ上部へ戻る