弟扱いされる心理に満足できない時の行動

弟扱いされる心理に満足できない時の行動

弟扱いされる心理はなぜか、好きな女性に対して疑問を抱いた経験はありませんか。男らしく強い態度を意識しているにもかかわらず、好きな女性はいつもお姉さんのような存在。

頼りない自分がどんどん嫌いになり、コンプレックスを抱く瞬間があります。そんな時は弟扱いされる心理を理解して、自分の言動や態度を少しだけ変えていけばよいのです。

ではそのために、今日から何をするべきなのでしょうか。気になる対処ポイントについて、詳しくご説明していきましょう。

 

弟扱いされるこんな瞬間

弟扱いされる心理に満足できない時の行動

弟扱いされるのは、次のような瞬間がありませんか。恋愛対象になっていない可能性もあり、男性が不安になるでしょう。

 

男性の前で弱音を吐かない

困ったことがあっても、男性の前で強い態度を崩さない女性は、こちらを弟扱いしてくる可能性も。決して相談ごとをしたり、愚痴を言ったりしてこないでしょう。

頼れる人が相手なら、なんでも話せるもの。弟のような存在だと、自分がしっかりとしなければならないとわかっているため、相手を困らせることはしません。

たとえば仕事でミスをした場合、上司に怒られて好きな女性がへこんでいるとしましょう。そんな時に励ましの声をかけても、笑顔でなんでもないふりをするのは弟的な存在に見ているため。相談しても、期待するアドバイスをされないと思っているのでしょう。

 

デート中にリードされる

好きな女性とのデートは、自分が男らしくリードするチャンスです。しかし弟扱いされる心理があると女性が先になり、なんでも決めてくれるので自分の出番が全くありません。

初めて行く場所。二人ともよく知らないので、道に迷ってしまいます。しっかり者の女性なら男性の手を引いて、進むべき方向に連れていってくれるケースも。

自分が頼られていない証拠?と不安になりながら、女性の後を追ってしまう瞬間です。

 

命令口調で話す

お姉さんがいる男性は、女性から命令口調で話をされるのは慣れているかもしれません。弟扱いされる心理は、そんな態度が女性にもわかってしまい、相手がいつも命令口調で話をしてきます。

二人で相談することはなく、ほとんど女性の意思で物ごとが決まってしまうのは、お姉さんのような責任感が自然と湧いてしまうため。

「この店に行こう」と、相手の気持ちを確認せずに自分の意思だけで判断するのは、弟を守っている意味もあります。

「言うことを聞かせておけば安心」という内容が、頭の中に隠されているのでしょう。

 

注意される機会が多い

弟扱いされる心理でよくあるのは、女性から注意される場面が多いこと。何をやっても好きな女性が納得せず、結果的に失敗だけが目立ってしまう場合です。

たとえば、一緒に料理をしたとしましょう。一生懸命やっているつもりでも、どこか抜けてしまうところがあります。

そんな瞬間をすかさず見つけて叱る女性。何をやらせてもダメ…という落胆した表情が見えてしまいそうです。

性格が細かい女性だと、怒られる場面は常にあるかもしれませんが、へこまずに頑張る気持ちが大切になるでしょう。

 

甘えてこない

弟扱いされる心理ですが、好きな女性が自分に甘えてこないのは男性として見られていないのか、頼もしいと思われていないのか。

自分が相手にとってどのような存在であるか、恋愛関係においてはとても気になります。二人だけで誰も見ていない場所では、本当なら近くに座って甘えてほしいところ。

しかし毅然とした態度で隙すら見せないのは、弟扱いされる心理があるためかもしれません。男性なら恋愛関係で、自分がリードしたいはず。好きな人に甘えてもらうと、男としての自信もさらに湧いてきますよね。

 

弟のように扱われてへこむ一言

「弟みたい」とはっきりと言われなくても、女性の意図は言葉でわかります。次のような一言は、好きな女性に言われると男性がへこんでしまいます。

 

かわいい

かわいいという言葉を前向きに受け取ると褒め言葉になりますが、好きな女性から言われると複雑な気持ちになりませんか。

カッコいい、素敵など。恋愛対象になっている場合は、違う褒め言葉を使うはずです。かわいいという言葉は、恋愛対象に入っているのかどうか絶妙なところ。

女性が気になる男性にアピールする時、気持ちがわからないように言ってくる場合もあります。しかし男性が好きな女性からかわいいと言われると、頼りない人だと言われたような気持ちになりますよね。

 

頑張ったね

学校の先生によい成績を褒められるように、少し上から目線で男性を褒める女性。頑張ったねという言葉は、子ども扱いされたようでプライドが傷つく人もいるでしょう。

たとえば思い荷物を運んだ時、華奢な体型なので女性が少し心配する場面。ひとりでしっかりと運んだ後に「頑張ったね」と褒められると、小さな子供が親に褒められた時のような不思議な気持ちになります。

些細なことでも褒められると、大人の男性としての存在感がないようで不安が募ります。

 

いつでも相談してね

親切心で言ってくれる女性も多いものですが、何かあるごとに「いつでも相談してね」「何かあったら言ってね」などと気にかけてくれるのは、弟扱いされる心理になるでしょう。

友人ならそんな関係は、お互いに頼れるのでよいかもしれませんが、恋愛対象にそんなことを言われると自分が頼りなく見えますよね。

いつも女性に気にかけてもらう立場は、嬉しいような悲しいような。相談ごとができる関係は、恋愛相手に欠かせない要素。しかしあまりにも、心配される立場になるのも困ります。

 

頼りがいのある人になるためには?

弟扱いされる心理に満足できない時の行動

弟扱いされる心理は、悪気があってやっていることではないため、少しだけ雰囲気を変えて違う魅力を見せるのが必要です。

弟扱いされず、もっと女性に頼りがいがあると思われるためには、次のポイントを意識してみましょう。

 

一歩先を行く

二人で何か計画する時は、一歩先を行くように事前に下準備しましょう。たとえばデートコースについて、知らないところを調べ迷わないようにするなど。困った場面ですぐに対処できる姿勢は、安心して頼れる人に見える瞬間です。

 

こだわりを持つ

他の人に流されやすい人は、弟扱いされる傾向があります。自分の意思がなく人の意見に従ってしまうのは、恋愛関係でもその延長になるでしょう。

これからはブレない自分の軸を作り、こだわりを持つのが大切です。自分の意見をしっかりと持つ人は女性が興味を持ち、弟でなく男性として見るようになります。身体的な強さよりも精神的な強さが、男らしさとして女性の目に映っています。

 

決断力を持つ

「どちらにしようか…」となかなか決められない性格だと、女性がリードせざるを得ません。弟扱いするつもりがなくても、必然的にそんな力関係になる場合もあります。

優柔不断な性格は、女性が強くなる要因。選択するのは男性の仕事として、何かあっても自分で責任を持つくらいの心の準備をしましょう。

 

安心感を与える

弟扱いされる人は、どことなく心配になる行動パターンや言動が目立ちます。本当にそれで大丈夫?と、女性が見守りたくなる存在です。

もっと頼りがいのある人になるには、女性に安心感を与える人になりましょう。自分の経験値が高く、どのような場面でもうろたえない。

そして困った時に適切な判断が下せる人は、恋愛対象になる男性像です。安心できる関係になるためには、常に女性の話をしっかりと聞いてあげることも必要に。

 

まとめ

弟扱いされる心理は相手の性格を直すために、自分の印象を変えるのも大切ですね。男らしさとは何か考え、できることから始めてはいかかでしょうか。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>低い声で話す心理でわかる男性の思い

ページ上部へ戻る