駅まで送る心理は女性が勘違いしやすい?

駅まで送る心理は女性が勘違いしやすい?

駅まで送るのは心理的な意味があるのか、それとも当たり前の行為なのかと、女性が深く意図を知りたくなる瞬間です。食事の帰り、周囲がそれぞれ自由行動していく中「駅まで送ろうか」と声をかけたくなる瞬間がありますよね。

大勢をまとめて車に乗せてくれる、心優しい男性も稀にいます。男性の行動は特別な人だけにやる行為が色々とあり、そんな違いを女性は敏感に感じ取っています。

駅まで送る心理も誤解される可能性がありますので、付き合い方を考えながら声をかけるのも大切かもしれません。では駅まで送る心理と、好きな女性だけに見せる態度についてご解説しましょう。

 

駅まで送るよと言う心理について

駅まで送る心理は女性が勘違いしやすい?

駅や家、会社など。送ってくれる人がいると、正直助かるのが本音ではないでしょうか。雨で面倒な時は、車でサッと目的地まで連れていってもらうと感謝したくなりますよね。

でもそんな場面とは若干違う、女性を「送る」男性の心遣い。心理的に考えられる意味について、詳しく見ていきましょう。

 

好意を寄せている人だから

好きな女性には好感を残したいために、相手が喜ぶことをしたくなります。駅まで送る心理は二人だけの時間が欲しいためで、少しでも長く一緒にいたい気持ちの表れなのです。

残業で遅くなった時は全く反対方向の駅でも、好きな女性のためなら駅まで送る心理が働くでしょう。特別な人だから心配しているのだと、態度で思い切りアピールしています。

もし嫌いな男性に送ると言われたら、女性ははっきりと断ってくるはず。どのようなリアクションをされるかは、今後の二人の関係にも影響を与えます。

 

危険な目にさらしたくない

駅まで送る心理は、女性一人で心配な場面でも働きますよね。たとえば友人同士で食事をした時、うっかり遅くなり周辺がシーンとしている場合は、駅に到着するまでの間に何かあっては困ります。

暗がりで危険な目に遭ってしまうリスクも、全くゼロではありません。そんな時に男らしく女性を守りたい気持ちになり、駅まで送るよと胸を張って言いたくなることも。

一緒に歩いて駅まで行ったり、タクシーで一緒に目的地まで行ってくれたりする人は、とても頼もしく感じられるでしょう。

 

特別に見てほしい

好きな女性に対して、はっきりと言葉でアプローチするのは恥ずかしいこと。でも自分の存在に気づいてもらえないのは、もっと残念ですよね。

気になる女性には自分の気持ちを知ってもらうために、さりげない行為で近づくケースがあります。駅まで送る心理は二人だけになりたい気持ちと同時に、他の人がやらないことで特別感を意識しているのです。

たとえば飲み会で、好きな女性が先に帰る場面があるとしましょう。そんな時にスッと席を立ち「駅まで送るよ」と態度に出したら、その場にいる人全員に自分の思いが伝わるかもしれません。

 

下心がある

駅まで送ると目的をはっきりとさせながら、相手と恋愛関係になりたい思いを持っている人もいます。なかなか二人きりになれない状態だと、駅までの距離は絶好のチャンスになるでしょう。

仕事が終わるのを待って、駅まで送る振りをしながらそのままデートに誘う計画を練っている場合もあります。「このまま帰る?」と相手の反応をチェックして食事に誘い、一気に仲良くなる方法も。

恋愛感情があるかどうかあからさまな態度だと、女性にもしっかりと伝わっています。

 

話したいことがある

駅まで送る心理は恋愛感情を抱く人だけでなく、大切な話をしたい時にも二人だけの環境を作るためにチャンスを使う場合があります。

仲がよい女友達に自分の恋愛話を相談したり、仕事仲間とミスについてアドバイスし合ったり。他の人に話を聞かれたくない時は、駅までの間にサッと要点だけでも伝えられますよね。

車ならさらにプライバシーが守れるので、大切な話をしたい時にはよいチャンスになるはず。また好きな女性に告白したい時も、駅まで送る時間に勇気を出すケースがあるでしょう。

 

紳士的な態度を意識している

レディファーストや女性を大切にするのは、紳士的な男性の魅力です。一人で駅まで行かせるのは可哀想、不安な場面に一緒にいてあげたいなど。

紳士は常に自分のことよりも、女性を優先して物ごとを考えてくれます。そんな品のあるタイプは女性全体を対象にしていますので、好意を抱く相手だけでなく仕事仲間や友人など、誰にでも丁寧に接してくれるはずです。

そのような態度を勘違いして、女性が認識してしまう可能性もあるでしょう。

 

好きな人だけに見せる男性の態度

駅まで送る心理は女性が勘違いしやすい?

好きな人には気に入ってもらいたいため、相手に頼まれたことや喜ぶ内容はなんでもやりたくなります。好きか嫌いかははっきりと態度に示すので、周囲もわかりやすいかもしれません。では男性が好きな女性だけに見せる態度について、詳しくご説明しましょう。

 

メールやメッセージが多い

友人とメッセージのラリーをいつまでも続ける女性とは反対に、男性は必要事項しか連絡しない場合がよくありますよね。でも好きな女性とはいつまでもつながっていたいので、件数が多くなる傾向があります。

天気の話やテレビ番組の感想など、緊急性が全くない話題でもメッセージをしてくることがあります。無意識に自分の存在を、相手の頭の中に焼きつけたい願望があるでしょう。

そんな時はメッセージを送ってなかなか返事が来ないと、とても不安になってしまいます。

 

好きな人をよく褒める

好きな女性だけにやるのは、相手を頻繁に褒める行為です。女性は「綺麗だね」と言われると、ますます美しくなる傾向も強いでしょう。自分を褒めてくれる男性には、決して嫌な気持ちは抱きません。

好きな女性は外見も内面も、全てを気に入っている存在のはず。好きなところをどんどん相手に教えてあげて、自分の存在をアピールしているのです。

褒めてもらうとオシャレにも意欲が湧き、もっと男性好みに変わっていくかもしれません。

 

食事に誘う

食事に誘ったり二人で出かける約束をしたくなったりするのは、相手に好意を寄せているためです。親密な関係になるには、まず二人だけの空間が大切ですよね。

お互いをもっと知るためにも男性から誘い、デートに漕ぎつけなければならない場面があります。興味がない女性に対しては、自ら距離を縮める態度はしないでしょう。

逆に離れていたいので、会話をすることすら重荷に感じるケースもあるはず。「今度帰りに食事しない?」と好きな女性を軽く誘いながら、心の中では断られたらどうしようかと不安になっています。

 

急に態度が変わる

大勢で話をしている中にいきなり好きな女性がやってきたら、自分の態度はころりと急変します。おしゃべりなタイプは急に黙ったり、逆に大人しい人はペラペラと話し始めたり。

いつもの自分とは違う行為になるのは、好きな人がいて緊張しているからです。また好きな女性には他の人にやらないほど優しく接したり、気を遣ったりする場合もありますよね。そんな男性の急変する態度は、他の女性も厳しくチェックしています。

 

誤解する態度

恋愛感情がない人に「駅まで送るよ」と声をかけると、女性は特別扱いされたと勘違いします。友人同士でも自分のために何かしてくれる男性は、特別視したくなる存在になります。誤解されたくない場合は、はっきりと目的を告げておくのも大切ですね。

 

まとめ

駅まで送る男性心理はなぜそんなことをしたくなるのか、自分の気持ちに正直になってください。恋愛の始まりは、意外なチャンスに訪れるもの。駅に着く前に言いたいことがあったら、はっきりと伝えておきたいですね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>嫉妬させたい心理を知って親しくなるコツとは

ページ上部へ戻る