ピンクのネクタイ心理・色でわかる特徴とは

ピンクのネクタイ心理・色でわかる特徴とは

ピンクのネクタイを選ぶのは、どのような心理があると思いますか。毎日それとなく選んでいるネクタイですが、実はその時の気分や深層心理が、色に関係しているといわれています。

ネクタイは紺やグレーなど、なんにでも合わせやすい色は無難に選べますが、逆にピンクとなると少し特別な日を意識してしまうでしょう。

女性的なピンクをネクタイの色にするのは、抵抗になる男性もいるもの。ではピンクのネクタイの心理と、色でわかる性格についてご紹介していきますね。

 

ピンクのネクタイを選ぶ人の心理について

スーツが引き立つ、ピンクのネクタイ。周囲が注目しそうな目立つ色ですが、なぜ落ち着いた色のネクタイでなくピンクを選ぶのか、気になる心理について見ていきましょう。

ピンクのネクタイ心理・色でわかる特徴とは

女性の視線を意識している

女性が多い職場や女性客を相手にするサービス業では、ピンク色のネクタイはとても好評です。ピンク色は、女性的なカラーの代表。

女性から見たピンクのネクタイは男性の表情を明るくし、肌のトーンも輝かせてくれるものです。

第一印象の好感度がアップするため、気になる女性がいる職場ではピンクのネクタイの心理で、恋愛のチャンスを待っているのかもしれません。

 

センスがよい

自分はセンスがよいという自信がある人は、洋服と合わせるのが難しい色をネクタイに選びます。

ピンクのネクタイは全体的なバランスが大切なので、いつも着ているスーツにいきなり合わせても、ちぐはぐになることがよくあります。

髪型や眼鏡、スーツやシャツ、靴など。全てを意識したファッションでないと、ピンクのネクタイのほうが目立ってしまうでしょう。

オシャレが好きな男性は自分のセンスに自信がありますので、他の人にはできないコーディネートで勝負しています。

 

優しい印象を意識している

ピンクと黒を比較すると、色から受けるイメージは全く違います。ネクタイは男性の胸の中心に位置していますので視線が行きやすく、全体的な印象をコントロールするほどの大切な意味があります。

ピンクのネクタイの心理は、優しい印象を与えたいため。周りと仲良く仕事がしたい時やイライラしやすい環境では、ピンク色が心を優しくしてくれるので、自然と表情も柔軟になるでしょう。

優しい印象を出すためには、派手なショッキングピンクのような色でなく、桜色のような自然なピンクがオススメです。

モテたい

ピンクのネクタイの心理には、モテたい気持ちが隠されています。ピンク色は女性の色というイメージが強く、昔はビジネスシーンではあまり使われることがなかった色。

しかし最近は幅広いファッションがありますので、男性でもピンクを取り入れることが増えています。

ピンクのネクタイをしていると、まず女性が話題にして近づいてきますよね。「ピンクのネクタイ、素敵です」「似合っていますね」など、女性と接近するよいツールになる場合があるのです。

 

周囲に注目されたい

メンズファッションにピンクが増えたとはいえ、ピンクのネクタイで仕事をするのは、かなり勇気が要ることかもしれません。

真面目な職業だと、ピンクは敬遠される場合もあるでしょう。そんな環境でいきなりピンクのネクタイを着用すると、周囲が一斉に自分を見てくるはず。

このように注目されるのが、とても嬉しく感じる人もいます。魅力的な自分を積極的にアピールしたい人は、他の人がやらないセンスで毎日視線を集めているでしょう。やりすぎない程度のオシャレを意識して、ファッションを楽しみましょう。

 

ピンクを選ぶ男性の性格

ピンク色を上手に着こなせる男性は、女性からも注目されるオシャレな人。このタイプの人たちには、次のような共通する性格があります。

ピンクのネクタイ心理・色でわかる特徴とは

包容力がある

ピンクを選ぶ男性はこだわりがなく、心が広いことが性格的な魅力だといえるでしょう。「男性は、青や黒でなければならない」という狭い視野がないので人付き合いも上手で、多くの人から愛されるタイプです。

全ての人がそうとは限りませんが、優しい色を好む男性はどっしりと構えている性格が多く、女性から見ると頼りがいのある人に思われています。一緒にショッピングをしても、女性と意見が一致することも多いかもしれません。

 

オシャレが好き

「洋服は着ることができればなんでもよい」という男性は、世の中に多いですよね。最近は女性のように、ファッションにこだわる男性も増えています。

メンズファッション雑誌を購読して勉強したり、ネットで洋服を購入したり。オシャレが好きな人は洋服に取り入れるカラーの幅が広く、個性を大切にして自分の魅力を周囲にアピールしています。

シャツや靴などにピンクを選ぶ男性は、全体的なセンスを意識しています。ピンクを使うのは男性にとって高いハードルがありますので、上手にファッションで使える人はかなりセンスがよい人ですね。

 

優しい性格

男性があえて、ピンクを選ぶことは少ないですよね。色から受けるイメージや心理的な意味は、性別に関係なく共通するケースもあります。

ピンクは暖色系の色で、優しいイメージや柔軟な印象を人に与えるので、ピンクのネクタイを選ぶ男性は心が優しい性格だといえます。

自分は優しい男性だと女性にアプローチしたい時は、自然と優しい色を選んでいるかもしれません。初めてのデートにも派手すぎない、ピンクのシャツなどがよいでしょう。

 

ネクタイの色でわかる性格について

ネクタイは、色々な柄や色があります。しかし自分で選ぶものは、なんとなくタイプが似てしまう場合がありませんか。

それは無意識に、性格が表れている可能性もあるでしょう。ではネクタイのタイプごとに異なる、詳しい性格についてお伝えしますね。

 

派手な色が好きな人

原色や派手なカラー、大きなドット柄などの目立つネクタイが好きな人は、行動力があるタイプです。

ネクタイで周囲にアピールしながら、自分はこうあるべきだと意見を述べています。派手なネクタイの人は決断力があるので、グループのリーダーのような存在にもなるでしょう。

派手なデザインは、自分をもっと見てほしい願望の表れなので、自信家であることのサインです。その日に選ぶネクタイで、男性のテンションがすぐにわかるもの。

いつも地味なネクタイを選ぶ人が、いきなり目立つデザインのものをつけていたら、その日は大切な出来事があるのかもしれません。

 

地味なネクタイを好む人

ブラウンやグレー、紺など。無難で地味なネクタイを選ぶ人は、冷静で落ち着いています。どのような場面でも自分を失わない性格で、客観的に物ごとを見るので失敗が少ないといえるでしょう。

周囲との調和を大切にするので、自分のことよりも相手を優先する思いやりのタイプ。ただしネクタイと同様に真面目な性格なので、何を考えているのかわからない不思議な存在に思われる場合もあります。

 

素敵なコーディネートのコツ

一日スーツで仕事をする男性は、ネクタイは個性をアピールできるアイテムになります。大切なポイントは自分らしくコーディネートすることで、スーツ全体との相性やトーンを考えて判断すると、失敗が少なくなるでしょう。

スーツの色と類似する色、またスーツの色とネクタイをそれぞれ活かす、正反対の補色カラーなど。

わからない時はネットで調べたり、スーツ専門店のスタッフにアドバイスしてもらったりして、自分らしいコーディネートを考えてみましょう。

 

まとめ

ピンクのネクタイをする心理は、自分の性格をもっと周りに知ってほしい、オシャレを楽しむなど、色々な意味があります。

ネクタイ一本でがらりと男性のイメージは変わりますので、色々なデザインや色にチャレンジすることをオススメします。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>ペン回しする人の心理を知って接するコツとは

ページ上部へ戻る