パーカー好きの心理・パーカーを着る理由とは

パーカー好きの心理・パーカーを着る理由とは

パーカー好きは心理的な理由があるのか、ただパーカーのデザインが好きなのか、気になったことはありませんか。ファッションの好みは人によって違い、オシャレな人やこだわりがある人などもいます。

パーカーは誰もが、一着は持っている洋服のひとつ。とくに意識して集めたわけではないけれど、なぜかパーカーが多いというケースもあるでしょう。

洋服は自分の外側を飾るアイテムなので、色やデザインには深層心理が反映されていることがあります。そこでパーカー好きの心理について、詳しくご解説しましょう。

 

パーカー好きの男性心理について

パーカー好きの心理・パーカーを着る理由とは

パーカーは、カジュアルなオシャレをする時に欠かせないアイテムですが、パーカーばかりを選ぶのはどのような心理があるのが、考えられる理由を見ていきましょう。

 

ストリートファッションが好き

ウエストが大きめのずり落ちそうなパンツを穿き、パーカーのフードをかぶって下を向きながら歩く男性。

そんな印象を与えるストリートファッションが好みの人は、パーカーをたくさん持っているかもしれません。

ファッションには人それぞれ好みがありますので、好きなデザインや色に偏ってしまう場合がよくあります。

ダンスが好きな男性など、ストリート系やヒップホップ好きは、カジュアルなファッションを上手く着こなしています。

海外の映画や音楽ビデオなどには、素敵なパーカーファッションがよく登場するもの。そんなオシャレにこだわりを持った男性は、パーカー好きの心理があるのでしょう。

 

顔を見られたくない

パーカーの特徴はフード部分があるので、顔をすっぽりと覆い隠すことができます。映画やドラマなどに、フードを深くかぶった人がよく出てきますが、パーカー好きの心理は人に顔を見られたくない理由があります。

たとえば顔に怪我をしている、自分に自信がないなど、その理由は色々と考えられるでしょう。目立ちたくない目的でやっているつもりでも、逆にパーカーをかぶっていると視線が集中する時がありますよね。

たとえば、カフェでコーヒーを飲んでいる場面。フードをかぶったままだと、不審な目で見られる可能性があります。

 

なんにでも使える機能性が好き

パーカー好きの心理は、洋服の機能性を気に入っていることが考えられます。パーカーはフードがついているので、急に雨が降った時に便利。

起きたばかりで髪がぐしゃぐしゃでも、パーカーなら安心です。寒い時にニット帽の代わりにフードをかぶるなど、使い方のアレンジは数えきれません。

そんな機能性がたっぷりのパーカー。男性にとっては、とてもよいツールになっているのでしょう。

普通のトレーナーやシャツにはできないことができるので、オールインワンのような便利な存在です。しかも着心地がよくゆったりとしているので、部屋着にもなります。

 

飽きずにいつまでも着られる

多くの人が利用する大手のアパレルチェーン店などでは、必ずパーカーを販売しています。特売されることもあって安く買える洋服なので、何枚も持っている人は多いでしょう。

パーカーのよいところはトレンドがなく、いつまでも着られること。カジュアルファッションの代表的なアイテムで、性別に関係なく人気があります。

少し寒い時に羽織りたい、カジュアルファッションの仕上げに使いたいなど、時期に関係なく活躍する洋服だといえるでしょう。

ただパーカーは、若い人が着る洋服というイメージを持つ人もいるので、似合う間にたくさん着こなしたいですね。

 

カッコよく見せたい

パーカーを着ている男性は、なんとなく素敵に見えるもの。女性が好きな男性のスタイルのひとつで、そんなところを狙ってあえてパーカー好きの心理になる人もいます。

第一印象においてその人の顔や表情、そしてファッションセンスは大きな判断ポイントになりますよね。カジュアルなファッションは、その人の本当のセンスがわかるもの。

パーカーなら女性に好感を与える可能性が高いため、相手の好みがわからなくてもとりあえずパーカーを選ぶ人もいるでしょう。パーカーをオシャレに着こなせる人は、女性の熱い視線が集まってきます。

 

オシャレが苦手

パーカーは着こなし次第で素敵に見える反面、ただの普段着になってしまうケースもよくあります。オシャレが苦手な人はパーカー好きの心理になり、他のアイテムにチャレンジする勇気がありません。

パーカーなら一枚だけでもインパクトがありますので、重ね着をしたり他の洋服とコーディネートしたりする必要もありませんよね。

オシャレが苦手な男性は、簡単に着られる洋服が好き。スウェット上下のように、考えずに選べるものが楽なのです。

 

洋服でわかる心理について

パーカー好きの心理・パーカーを着る理由とは

クローゼットやタンスの中を見ると、自分の心理がわかるといわれています。ワードローブは年齢や職業、性別により異なりますが、どのような整理収納をしているかにより心の中までわかってきます。次のような場合は、自分の心理状態を示しているかもしれません。

 

常に新しい洋服を買う人

クローゼットの中がいつも新しい洋服で埋め尽くされている人は、外側から自分を飾ることにこだわりがある自信のない人かもしれません。

新しい服を買い続け、自分に似合う服を探し求めるのは、自分自身に満足できないため。派手な服やシックな服など、あらゆるジャンルが常に入れ替わりクローゼットを埋め尽くしているのは、心の隙間を埋めているのでしょう。

オシャレな人も洋服の数は多いですが、自分のテイストやセンスに自信がある人は、持っている洋服全てに統一感があります。

 

古い洋服ばかり持っている人

男性に多いのが、古い洋服ばかりを持っているタイプ。パーカー好きの心理にも共通しますが、着心地のよいものや好きな洋服を、何年もずっと手離さず大切に着る人です。

このタイプはものを大切にする心があるため、洋服ならもう着られない、という状態になるまではしっかりと着ているでしょう。

もしくは洋服自体に興味がなくて無駄な買い物に感じる人も、クローゼットの中が古いアイテムばかりになっているかもしれません。

 

カラフルな洋服

自分の好きな色は洋服にも反映されているので、全体的にモノトーンだったりブルー系が多くなったり。

洋服はその時の感情を示すアイテムになりますので、元気になりたい時には必然的に派手な色を選ぶこともあります。持っている洋服全体がカラフルな印象を受ける場合は、色々なものに興味を持っている人です。

色を統一して自分の可能性に限りをつけず、あらゆる環境でも対応できる柔軟性があります。どのような色でも着こなせるという、センスを持っているのでしょう。

 

黒のパーカーが多い人

パーカー好きの心理で多いのが「黒」のパーカーばかりを集めてしまうこと。デザインに関係なく洋服で黒を選ぶ人は、自分を隠している意味があります。

たとえば能力不足、体形のコンプレックスなど。表面を取り繕い、自分を大きく見せたい願望があります。

また黒は不安やストレスを示す色でもありますので、今心の中にトラブルを抱えている可能性もあるでしょう。

黒を好む人は固定観念が強い傾向がありますので、人付き合いで失敗しないためにも、柔軟に洋服の色を選べるようになるとよいでしょう。

 

まとめ

パーカー好きの心理について、自分に当てはまる内容はありましたか。洋服は自分の魅力をアピールするものなので、パーカーだけでなく色々なアイテムにチャレンジするのも楽しいですね。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>オールバックの心理とは?雰囲気を変える意味

ページ上部へ戻る