電話が多い心理・好きな人と電話したい訳

電話が多い心理・好きな人と電話したい訳

電話が多い心理的特徴について、詳しくご説明していきましょう。「彼氏がいつも電話ばかりで嬉しいけれど、少し迷惑」という女性の声もたまに聞かれますが、電話が多いのは心理的にそうさせる背景があります。

可愛らしい彼女がいると、つい話したくなってしまうのは自然なこと。電話が止まらないのは、どのような意味があるのでしょうか。電話が多い心理を知り、お互いの仲をもっと深めてみましょう。

 

電話が多い心理的特徴について

電話が多い心理・好きな人と電話したい訳

電話が多い人の心理的特徴についてご説明しましょう。自分でもわからないけれどやめられない、そんな衝動が湧いてくるのは意味があるからなのです。

 

彼女のことが大好き

女性とは違い、言葉で気持ちをきちんと伝えられないのが男性の特徴。電話が多い心理背景は、彼女が大好きで愛情表現しているためです。

電話が多くなってしまうほど相手のことが好きで、自分の気持ちをしっかりと受け止めてほしいので、ついやってしまうのでしょう。

リラックスしている時間ならよいのに、場合によっては彼女が仕事中でも電話をしてくる人もいます。愛情表現とわかっていても電話が多すぎると、複雑な気持ちになってしまうでしょう。

 

寂しいから

孤独感が強くなると、電話が多い心理が働きます。よく考えずに、本能で行動してしまう場面もある男性。寂しい時にふと好きな女性のことを思い出すと、どうしても声を聞きたいという衝動に駆られてしまいます。

電話なら愛情を込めてスキンシップできるので、同時に寂しさも和らぐかもしれません。一人で寂しい時、好きな女性がいると電話したくなるのは、これからもっと仲良くなりたいのも理由です。

 

愛情確認したい

女性にとって電話は、好きな人とするから嬉しいもの。電話が多い心理は、男性が愛情を確認する作業でもあります。自分の気持ちを伝える行為、さらに相手がどう思ってくれるか確認するにもよいチャンスです。

お互いに気持ちが通じ合う関係なら、電話が多くても受け入れてくれるはずです。本来なら言葉で確認したいこと。でも恥ずかしいので、電話で相手の反応をチェックしているのです。

電話が多い心理は、心のどこかで不安を抱えている可能性もあるので、気になることがある場合はやりとりする機会を増やしましょう。

 

コミュニケーションのひとつ

カップルなら電話をしたりLINEでメッセージを送り合ったり、コミュニケーションは日常的です。電話が多い心理は、コミュニケーションのひとつと思っているため。

特別意識していなくてもカップルなら、電話したい時にするのが当然だと考えているのです。電話は愛情表現、寂しい気持ちのアピールなどあらゆる意味がありますが、コミュニケーションとして行う人ならどのような時でも気軽に彼女に電話する可能性は高いでしょう。

もし彼女が困っている場合は、様子を見ながら電話したほうが安心かもしれません。

 

自己主張している

電話が多い人の心理は、自己主張しているのが理由です。何度も電話をかけてくると、ひとつひとつの愛情表現が濃いものではないように感じる人もいるでしょう。

しかし相手の気持ちよりも、自分の存在感を知ってもらいたい人は電話が多い心理が働き、チャンスさえあれば電話をしてくるはずです。

とくにロマンチックな雰囲気が好きなタイプは、彼女に対して頻繁に電話する自分に酔いしれているのでしょう。

 

甘えている

電話が多いのは、心理特徴として甘えん坊な性格が関係しています。いつも誰かのそばにいないと不安なので、電話してつながっていたいため。

付き合い始めた時はあまり感じなかった甘えん坊の性格も、慣れてくるとどんどんアピールしてきます。徐々に電話の回数が増えてくるのは、心をオープンにしているサイン。

お互いになじんでいくと甘えて、相手からも電話をしてもらうようにおねだりしてきます。

 

好きな人がもっと綺麗になる?電話のメリットとは

電話が多い心理・好きな人と電話したい訳

電話は恋人同士の愛情表現のひとつ。さらに電話がもたらす効果は色々とあり、恋人関係を充実させるためにも電話は欠かせません。ではどのような効果が期待できるか、電話について詳しい内容を見ていきましょう。

 

ストレス解消

電話が多い心理は、無意識に自分のストレス発散のためにしているかもしれません。一人で過ごしている時や、直接会っている時でも場合によっては距離を感じますが、電話した後は気持ちが楽になったと思った経験はありませんか。

電話のメリットは、ストレス解消やリラックスの効果が期待できるといわれています。とくに恋人など、信頼できる人との電話は癒しにもつながり、イライラ解消にもよいかもしれません。

電話するとホッとした気分になるのは、愛情の交換ができるだけでなくストレス軽減もできる可能性があるためです。

 

愛情関係が強くなる

恋人同士はお互いにわかっているつもりでも、言葉なしでは通じ合えない場合がありますよね。たとえば喧嘩した後、このまま別れてしまうかも?と不安を抱いた経験は誰しもあるでしょう。

揉めてしまった時、電話を一度しただけで、男女の仲を改善できるケースがよくあります。気持ちが冷静になり、電話をしている間はお互いを共有している関係です。

電話は恋人同士が仲良くしていくうえで重要なものなので、恥ずかしさを乗り越えて積極的に自分から愛情を伝えるのも必要です。

 

前向きになれる

仕事で辛いことがあっても「後で彼と電話で話せる」と思うと、乗り越えられる女性は多いでしょう。これから先も落ち込むような出来事があったとしても、電話で彼の声を聞くだけで前向きな気持ちになれるのです。

自分でも驚くような効果が、彼氏からの電話にある可能性も。前向きになりたいと思った時には、女性のほうから電話をして彼と他愛ない話をするだけでも、気持ちが前を向けるでしょう。

 

幸福度が高まる

電話をたくさんしてもらうと、愛されていると実感できます。その気持ちは自然と幸福度へとつながり、毎日の生活が楽しく充実するメリットにもつながる可能性があります。

恋愛は女性にとってとても重要で、恋をしていないと毎日が退屈。男性は仕事や友人付き合いなどがあり、恋愛は後回しになるケースもありますよね。

しかし好きな人から得る幸福感は、仕事の成功や趣味から得ることはできません。愛されることで幸福を感じられるのは、とても素敵なことですよね。

 

恋愛をすると綺麗になる

彼女に電話を欠かさずにすることにより、女性は愛されているという確信を持てるので、自然に綺麗になることができる可能性も。体型を整えたり肌を綺麗にしたりしようと、自分なりに努力をしようとするでしょう。

電話をすると、彼女が素敵に輝く可能性が高くなるといえますね。

また男性にとっても、彼女がどんどん美しくなる光景は自信にもつながるでしょう。綺麗になりたいと自然に思わせてくれる愛する人からの電話は、女性が美しくなる効果が期待できるのです

 

心がつながる

電話のメリットは身体的なつながりというより、心のつながりが強化されるのもメリットです。スキンシップだけで伝わらない気持ちは電話など、恋人同士のコミュニケーションが何よりもよい方法。

電話した後にもっと相手を好きになるように、精神的なつながりを強める際にも電話は大切ですね。

 

まとめ

電話が多い心理は、恋人が大好きという感情が土台にあります。気持ちを我慢せず、ストレートに表現し合える関係はとても素敵ですが、人によっては躊躇して相手の出方を待っている可能性も。

これからはとくに用事があるわけでもなく、電話が自然にできるような恋人関係を目指してみましょう。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>会いたいと思う心理は好意から?意味を知ろう

ページ上部へ戻る