ラーメンが食べたい心理と衝動を抑えるコツ

ラーメンが食べたい心理と衝動を抑えるコツ

ラーメンが食べたい時は、どういう深層心理があるのでしょうか。国民食となっているラーメンは人それぞれのこだわりが強く、行列ができるお店などもあり興味をそそる食べ物です。

そんなラーメンについては、嫌いな人は世の中にほとんどいないはずですが、ある日突然無性にラーメンが食べたくなる時がありますよね。

食べ物の衝動は体が欲するだけでなく、心理的にも意味があるようです。ではラーメンが食べたい心理と、食べ物の衝動をコントールするコツをご紹介しましょう。

 

ラーメンが食べたい心理について

ラーメンが食べたい心理と衝動を抑えるコツ

ラーメンが食べたい心理について、考えられる理由をご解説しますね。毎日食べても飽きないほどのラーメン通がいるように、今や世界的におなじみの食べ物になっています。

 

懐かしい気持ちに浸りたい

ラーメンはB級グルメと呼ばれ、各地で名物になるほど定番ですが、食べ物にも時代の流行があるようにラーメンは昔を思い出させてくれる食べ物です。

子供時代に食べたラーメンの味が懐かしく、いつまでも探し続けている人がいるように、レトロで懐かしい気持ちになります。

生活に追われてふと疲れた時、過去を思い出すラーメンに遭遇すると、心が優しくなってきますよね。家族揃って通ったラーメン屋さん、今は閉店した近所のお店など。思い出に浸りたい時に、無性にラーメンが食べたくなります。

 

ストレス発散したい

熱々のラーメンや激辛のラーメンなど、種類によっては食べる時にかなりエネルギーを発散します。仕事で辛いことがあった時に、仲間とラーメン屋さんで一杯食べるのは、イライラやストレスを解消したいためなのです。

額からこぼれる汗は、エクササイズをした時のような爽快感を得る場合もあるでしょう。ラーメン屋さんの近くに来ると、ほんわりと漂うスープの香り。今が食べるタイミングだと、急に方向転換したくなります。

 

濃いキャラクター

ラーメンは選ぶ味によって、性格やその人の特徴がわかるといわれています。醤油や味噌、塩など。メニューを見ながら迷っても、ラーメンの味だけは必ず自分の好みに従ってしまいますよね。

こってりとした豚骨ラーメンを選ぶ人は、ラーメンと同じで性格が濃い人が多いようです。オーバーリアクションで周囲の注目を浴びる、集団生活で目立つ存在になっています。

しかし濃い性格の人は、冷淡に自分自身を見る場面もあり、そのギャップが特徴的ですね。

 

こだわる性格

ラーメンが食べたい心理になるのは、こだわる性格があるためです。とくに塩ラーメンのようなさっぱり系は、周囲にも聡明なイメージを与えているものの、実はこだわりがあり付き合いにくい性格も隠されています。

塩ラーメンは味噌や醤油のバックアップのような存在になり、必ず迷う対象です。こだわる性格の人も目立つ存在ではありませんが、周囲に不思議な魅力を与えているでしょう。

視線を気にしながら、上手く周囲と調和を合わせるために、無理をしてしまう場面もあります。

 

のんびりとした癒しタイプ

ラーメンが食べたい心理になるのは、のんびりと癒されたい時です。とくに味噌ラーメンは家庭的で、味噌汁や鍋などの温かい料理を思い出します。

味噌ラーメンを好む人は積極的に人付き合いするよりも、家でのんびりと快適に過ごしたいタイプ。仕事をテキパキとこなせる人だと思われていますが、プライベートを大切にするので、オンとオフの切り替えが上手なのです。

 

無難な道を選ぶ性格

醤油ラーメンを選ぶ人は失敗を怖がり、無難な道を選ぶ傾向があります。どこのラーメン店でも醤油はお店の顔で、失敗するリスクは低いですよね。

変わったメニューに挑戦したくても後悔したくないので、醤油を選ぶことがよくあります。無難な道を選ぶのは安全。

しかし新しい世界をなかなか発見できないので、人に後れをとるケースもあるかもしれません。

 

麺の硬さで異なる深層心理

ラーメン通の中には、麺の硬さにこだわる人もいます。カップラーメンですらお好みの麺の硬さにするために、時間を自己流に調整する人もいるでしょう。

心理学的に「噛む」という行為は攻撃する意味があるといわれ、硬い麺を好む人のほうが攻撃衝動があります。

逆に柔らかい麺が好きな人は平和を好み、ストレスや不満などはあまり抱えていない心理状態があるのです。

 

食べたい衝動を抑える方法について

ラーメンが食べたい心理と衝動を抑えるコツ

ラーメンが食べたい心理は、誰にでもあり得るものです。意識せずラーメンを食べる時は、自分の心理状態も少しだけ気にするとよいかもしれません。

しかしラーメンは塩分や脂が多く、食べすぎると健康やダイエットにデメリットになる場合も。食べすぎてはいけないものがどうしても我慢できない場合、衝動を抑える方法を実践してみましょう。

 

他の選択肢を考える

ラーメンが食べたい心理がある時、ダイエット中なのでできれば我慢したい場面もあります。しかし人間の欲望の中でも食欲は抑えるのが大変で、意志の弱さで自分が嫌になることも。

衝動を抑える時は、他の選択肢を思い出してください。たとえばラーメンが食べたい心理のように、どうしてもスープの香りが頭から離れない時がありますよね。

そんな場合はラーメンでなく、他の食べ物を考えてみましょう。「ラーメン」にこだわるのは、心理的な欲望かもしれません。本当は空腹だからなんでもよいはずなのに、ラーメンだけに執着しているのです。

 

エネルギーを他に向ける

特定の食べ物が食べたくなると、食べるまでは欲望が満たされません。衝動的に感じる食欲を抑えるためには、無理に「食べない」と我慢するよりも、他のことにエネルギーを向けて思考転換しましょう。

たとえばラーメン。どこのお店に行くか考え出すと、ほぼ頭の中では食べるのが確定していますよね。

そんな時間を費やすよりも、散歩したり音楽を聴いたり、違うことに意識を集中させるのです。別に夢中になるものが見つかれば、食べたい衝動は軽減するでしょう。

 

誰かに話す

ダイエット中の食事制限のように、自分で決めたルールがある時。なるべく食べないようにしている脂っぽい食べ物などは、つい今日だけ…と油断する場合もあるでしょう。

食べたい衝動を抑えるには、徹底して自分に厳しくするのが大切です。もしダイエット中なら、普段周囲の人にダイエットしていることを公言して、食べそうになったら止めてもらえば安心です。

欲望に負けそうな時は誰かに相談したり、話をしたりするだけでも気分転換になります。

 

我慢しなかった後を考える

ラーメンが食べたい心理になり、そのまま気分に流されて食べたとしましょう。もしダイエット中だったり、血圧が高いので注意しなければならなかったりする場合。

たった1杯のラーメンが、自己嫌悪に陥る原因になります。我慢しなければならない場面は、自分との闘いでしょう。

我慢して自分を褒めるか、衝動に負けてしまいずっと引きずるか。その判断をするためにも、食べたい心理に動かされてはいけない時もありますね。

 

水を飲む

食べたい衝動が湧いたら、水を飲んで空腹感を満たしてください。ラーメンがどうしても食べたくなるのは、お腹が空いているのも大きな理由になります。

水でお腹を膨らませると、冷静に判断できるかもしれません。またコーヒーや紅茶などのカフェイン入りの飲み物は、食欲を抑える作用が期待できますので、ラーメン屋さんに行く前に紅茶を飲んで考え直すのもよいでしょう。

 

まとめ

ラーメンが食べたい心理には、心当たりがありましたか。なんでも食べすぎは体によくありませんので、健康的に食べるためにもバランスのよい食事を心がけてくださいね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>物欲の心理をおさえて快適に暮らす方法!

ページ上部へ戻る