電話に出ない心理で考えられる理由とは?

電話に出ない心理で考えられる理由とは?

電話に出ない人は、心理的な理由が考えられます。たまたま手が離せなくて電話に出られない場面も時々ありますが、目の前で着信音が鳴っているにもかかわらず、完全に無視する人がいます。

電話をかけるほうからすれば「着信拒否されているのかもしれない…」と不安になるもの。このような状況について、電話に出ない心理と対策をご解説しましょう。

電話は相手が見えないものなので、責めたくても責められないもどかしさがありますよね。

 

電話に出ない心理について

電話に出ない心理で考えられる理由とは?

LINEやメールとは違い、電話がかかってくると緊急性を感じる人がほとんどでしょう。もしかしたら大切な用事かもしれないのに、無視してしまうのは次のような深層心理が考えられます。

 

電話で話すのが苦手なため

電話は顔が見えないコミュニケーションなので、キャッチボールのように話を続けるのが難しいですよね。仲がよい友人や家族でも、話題がなくて困ることがあります。

忙しいわけでなく、電話に出ない人は話し下手の特徴もあり、電話だと急に滑舌が悪くなるので負担になるケースもあるでしょう。

得意な話ならスムーズに言葉が出るのに、興味のない内容だと言葉が詰まり、変な空気が流れてしまう場合。

また電話は音がクリアに聞こえないこともありますので、相手に何度も聞き返されると自分の話し方にコンプレックスを抱いてしまいます。このタイプは電話だけでなく、対面して話をするのもあまり得意ではないでしょう。

 

マイペースな人

電話に出ない心理は、自分のペースを崩されるのが嫌いなためです。たとえば読書好きの人が一番よい場面を読みかけている時、電話の音がけたたましく鳴ると嫌気が差してしまいます。

普通なら緊急の用事を想定して電話に出るのですが、マイペースな人は自分の空間を乱されるのが嫌なので、そのまま無視してしまいます。

何もしていない時、暇で困っている時くらいしか電話には出ないでしょう。このタイプだと、電話をかける人がタイミングを掴むのに苦労するはずです。

 

誘われて断るのが面倒

急ぎの用件でなければ、LINEやメッセージで充分。電話に出ない心理は一歩先を考えて「急ぎで誘われるかもしれない」と警戒しているためでしょう。

友人や仕事の同僚の中には、その場で思い立ったように人を誘って遊びたがるタイプがいますよね。「今近くまで来ているけれど、すぐ来られる?」など、相手の都合を考えず強引に誘ってくる人からの電話は危険です。

もし誘いだったらどう断るか、無理やり行く破目になったらどうしようなど。用件がわからなくても、すでに不安なのです。それならいっそのこと、電話に出ないほうが安心だと思いますよね。

 

電話が怖いため

スマホの着信音や家の電話の音など、静かなところでいきなり鳴り出す音は、一瞬ドキッとしませんか。電話に出ない心理は、恐怖心を抱いているのが理由です。

そもそも電話というものは、急にかかってくるイメージがありますよね。突然の音や相手との会話などを考えると、ストレスになってしまいます。

過剰に恐怖心を抱く人なら、着信音を聞いただけでパニックになる場合もあるでしょう。すると相手が誰でも、電話に近づくことすら抵抗になり、結果的に電話に出られなくなります。

仕事の電話応対で失敗した経験がある人などは、トラウマになってしまうかもしれません。

 

沈黙するのが嫌

楽しいのか怒っているのか、声だけでは判断できない電話の会話。話し慣れた相手でも、急に沈黙が続く場合がありますよね。

気まずい雰囲気が嫌いな人は、直接本人に会って話をしたほうが安心です。またさほど仲がよくない人からの電話だと共通の話題がなく、電話の会話を続ける自信もなくなります。

メッセージなら、スタンプや絵文字を使ってごまかせますが、電話ははっきりと言葉にしないと相手に伝わりません。

そのため言葉が上手く出ない、話題がないという時はつまらない電話になってしまうでしょう。沈黙しそうな人からの電話は、忙しいふりをして出ない場合もあります。

 

電話に出ない人とコミュニケーションをとる方法

電話に出ない心理で考えられる理由とは?

いつ電話をかけても出ない人とコミュケーションをとるのは大変ですが、準備をしておけば相手も快く電話に出るようになります。その際のポイントについて、詳しくご説明していきますね。

 

メッセージで電話をかけることを事前予告する

電話に出ない心理は、それぞれ事情があります。共通するのはいつ電話がかかってくるかわからないので、突然の音にストレスや恐怖を感じて電話嫌いになること。

どうしても声が聞きたい場合や大切な用件がある時は、事前にメッセージで「何日の何時ごろに電話する」と伝えておきましょう。

電話で伝えたいことがあると先に連絡しておけば、相手も心の準備ができるので電話を無視されるリスクはないはず。

基本的に電話が嫌いなタイプは、留守電にメッセージを残してもかけ直してこない場合もあるので、チャンスを逃さないよう下準備するのがコツです。

 

電話の内容を先に知らせておく

電話に出ない心理は、相手の用件がわからないのも理由。話す内容についてあらかじめ連絡しておけば、ストレスを感じず電話に出てくれるでしょう。

いきなり飲み会に誘ってくる人の場合、電話に出なくても内容が想像できるような場合がありますよね。全く用件がないのに、暇つぶしで電話をかける人もいます。

そのような時間をなくすためにも、事前に「○○の件について電話で話したい」と伝えておくのがポイントです。

確実に電話に出てもらうためには、不要な内容でないと知ってもらいましょう。電話は相手によっては、突然どうしたのか?と不思議に感じる場合がありますよね。

重要な話の時しか電話をかけてこない人、そんなイメージを普段から植えつけるのも方法のひとつです。

 

相手のライフスタイルを考える

お風呂に入っている、寝ている、仕事が忙しいなど。電話をかける時に相手が何をしているか、一瞬考えてしまいます。

よほど緊急な場合は連絡するのが優先されますが、それ以外は相手の都合を考えて電話することがマナーだといえるでしょう。

深夜の電話を不快に感じるのと同じで、迷惑に感じるタイミングだと話をしたくなくなります。電話に出ないのはあまりよいことではありませんが、出ない理由を考えて相手の負担にならないよう心配りするのも大切ですね。

 

相手にかけてもらう

電話に出ない心理は、恐怖心やストレスを抱く人など、精神的な負担を感じる人も少なくありません。そのような理由が考えられる人なら、あらかじめメッセージで相手から電話をかけてもらうように促しましょう。

もしくは電話に出ないなら、留守電にメッセージを入れて電話をかけ直してもらうのも方法です。着信音が鳴っただけでメッセージが残っていないと、さほど大した用件ではないと思いますよね。

緊急性や重要性をアピールするなら、留守電に簡単に用件を伝えてかけ直してもらうことがスルーされないコツです。

 

まとめ

電話をかける理由があるように、電話に出ない人にも心理的な理由があります。一番避けたいのは、相手が電話に出るまでしつこくかけること。

電話のやりとりは人間関係にも影響する場合があるので、相手の性格なども考慮してタイミングを掴みましょう。

またメールやLINEですぐに対応してくれる人なら、電話を使わずメッセージだけでやりとりするのも方法です。

着信音を聞いて、誰でも一度は面倒に感じた経験があるでしょう。お互いにプレッシャーを与えないように、電話をかけるのが大切ですね。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>急に連絡が来なくなった心理に隠れた思い

ページ上部へ戻る