目が合う時の心理は好きだから?隠された気持ちとは

  • 2017-4-27
  • 目が合う時の心理は好きだから?隠された気持ちとは はコメントを受け付けていません。
目が合う時の心理は好きだから?隠された気持ちとは-1

目が合う心理について気になる時がありますよね。同性でも異性でも目が合うと、相手の心理も気になるものです。よく、見つめ合うのは恋をしているからと言いますが、好きな人がいたら見てしまうもの。目は、いつでもあなたが見たい物を意識しながら映し出します。

見てしまうのは、気になるからと言うのが男性の心理にありますが、女性も同じような気持ちを抱いてくれているのでしょうか。大抵は、すぐに目をそらされてしまうことが多いので、その後の気まずさと動揺が走りますよね。今回は、目が合った時の心理についてお伝えしていきましょう。

 

目が合う時間は関係しているの?

目が合う時の心理は好きだから?隠された気持ちとは

目が合う時間が長いと、心理的に「もしかして…」と期待をしてしまう場合があります。好きな人に対する気持ちが強くなると、今までよりも目が合う時間が長くなった気がしますよね。目が合う時間は、感情と関係があるのでしょうか。

 

伝えたいことがある可能性

3秒間、目が合った女性と恋に落ちる…と言う話を耳にしたことはありませんか。しかし、実際はそれだけでは恋に落ちませんよね。見つめているのは恋とは関係なく、こちらに対して何か伝えたいことがある可能性を考えた方がいいでしょう。伝えたい思いがあるけれど、それができずにこちらを見つめてしまう人もいるのです。不器用なタイプの人に多いといえるでしょう。素直に伝えることができればよいのですが、それができずにいるのでもどかしい思いを持っているでしょう。

 

観察するのが大切

仕事の話や友達からの伝言など、目で何かを訴えているような眼差しをしていないか、心理状態を焦らず観察していくことが早とちりをしないコツになります。相手のことをよく見るようにすれば、何を伝えたいのかがわかる可能性が高くなるでしょう。表面だけを見て判断せずに、相手の性格も理解したうえで思いを察知するのが理想的といえるでしょう。

 

恋人同士は愛情確認の証

目が合う時の心理は好きだから?隠された気持ちとは

何回も目を合わせて微笑む恋人を、見掛けることがありますよね。これは、お互いの愛を確認するための行為になります。目が合うと心理的に落ち着くので、付き合って間もない時やお互いの感情が盛り上がっている時の、素直な愛情表現です。ラブラブな雰囲気を見ていて、羨ましいと感じる時もありますよね。

 

絆の深さについて

言葉では表現しなくても、目が合うだけで信頼関係が築けるというところに、恋人同士の絆の深さを感じます。言葉に出して伝えなくても、好きだという気持ちは表現できるでしょう。しかし女性は、言葉に出して愛を伝えると、もっと喜んでくれるものですよね。時には言葉でも愛を伝えることで、彼女を幸せいっぱいの笑顔にしてあげましょう。

 

目が合わなくても不安にならない

相手のことがとても大切だと、こちらと目が合わなくて不安に感じてしまうケースもあるでしょう。目が合う機会が多いほど愛情が深いと思い込んでしまう人もいるのです。そのため目が合うように、こちらが努力をするようにしてしまう場合もあるでしょう。でも相手としては用事があったり多忙だったりして、こちらの思いに気がつかないこともあるのです。先入観から「愛情がないのでは…」と不安になってしまうのはとても残念なので、しばらく様子を見るようにしてみましょう。

 

目が合って恋に落ちるのは男性に多い

目が合う時の心理は好きだから?隠された気持ちとは

好きな人と一瞬でも目が合うと、嬉しくて心が温かくなりますよね。恋愛において心理的に、男女の温度差があるといわれています。気になる人からの視線はドキドキして心も弾みますが、女性は警戒心が強いため、これだけでは恋に落ちることはありません。女性は意外と現実的なところがありますので、冷静に判断する傾向があるのです。男性は、目が合う機会が増えてくると、恋愛のスイッチが入ってしまうことが多いといわれています。

 

男性の恋愛傾向について

男性は気になる女性と偶然目が合ったとしても、何度も起こると必然だったのではないかと、プラスに考えるところがあります。これが、好きになるきっかけだったと言う男性も多いでしょう。一目惚れも男性に多いのは、この心理が働く可能性があるからです。男女の違いを知っておくと、女性に告白するか悩んだ時の参考になるでしょう。

 

視線を合わせるだけじゃ物足りない女性

目が合う時の心理は好きだから?隠された気持ちとは

男性は好きな人と目が合うだけで心理的にも満足できるところがありますが、積極的な女性はそれ以上を求めることがあります。恋をすると周りが見えなくなり、時には大胆な行動に走ることもあるでしょう。

 

女性の恋愛傾向について

目を合わせるだけではなくスキンシップを取りたがる女性は、もっと好きな男性に近づきたいと言う気持ちが、強く表れています。飲み会の時によく見る光景ですよね。男性が嫌がるような表情をした時は、何もなかったように女性は距離を置くでしょう。これが女性の恋愛パターンだと思うようにしておくと、やりとりがしやすくなるかもしれません。

 

表面だけで判断しない

表情は笑顔でも内面は落ち込んでいますので、相手を深く傷付けないような言い方を心掛けましょう。女性に対する気配りが出来ると、好きな女性との距離も縮まるヒントが見えてくるかもしれません。表面だけで判断してしまうと、女性の本音がわからないまま恋愛を進めていくことになってしまうのです。表面でしか女性を判断できない男性は、モテない可能性があるでしょう。内面もしっかり男性を女性は求めているのです。

 

恋愛感情以外には何があるの?

目が合う時の心理は好きだから?隠された気持ちとは

電車や街並みで知らない人を見てしまうのは、服装や顔が気になったからと言う理由が多いですよね。このように、気になると目で追ってしまうことがあるでしょう。目が合う時は、男女のうちのどちらかが色や形に反応して見ていることもあります。全てに恋愛感情が働いているとは限りませんので、思い込まないように気を付けましょう。

 

平常心でいるのが大切

目線が合ったからと言って、どうして相手はこちらを見たのかが気になりますが、あまり敏感にならない方がいいことも。できるだけ平常心でいるのが必要になるでしょう。相手と目が合ったからといって、過敏に反応してしまうと後から自分の勘違いに気づき、自責の念を持ってしまうこともあります。相手が好きな女性だからといって、平常心を失わないようにするのが重要なのです。

 

知人の可能性もあり

こちらに気付いて欲しいために、わざとこちらを見ている人もいます。気になった時は知り合いの可能性もありますので、軽く笑顔で挨拶をしましょう。近所の人や上司など、相手から声を掛けてもらうことを待っているのも考えられます。相手の視線の意味について冷静に判断するように、普段から意識するようにしましょう。相手がこちらに何を求めているのかが、わかってくるようになるはずです。

 

まとめ

目を合わせる機会が多くなると、次第に気になっていくのが人の心理ですよね。好意のある視線は、どこか恥ずかしくて嬉しくなりますが、行き過ぎてしまうと嫌な気持ちにさせてしまう場合があります。相手に迷惑をかけないようなマナーが求められるでしょう。

自分勝手な解釈をしてしまうことにより、関係性が悪くなることも実際にあり得るのです。視線が合った時は、軽く笑顔か会釈をする程度の反応を示すと、仲良くなれるきっかけに繋がりますよね。出会いはどこにあるのかわかりませんので、周囲を意識しながら日々を過ごしていきましょう。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>視線で好意を感じるのはこの5つの時!

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る