高級腕時計を持つ心理と仕事やセンスの関連性

高級腕時計を持つ心理と仕事やセンスの関連性

高級腕時計を持つ心理は自慢したいからなのか、それとも自分で気づかない深層心理が関係しているのか、少し気になるところですよね。

男性の腕時計は、女性がよくチェックするところ。あまりオシャレでない腕時計をつけていると、センスの悪い人だと思われてしまいます。

持っている腕時計で、その人の性格や心理がわかるといわれています。無意識で選んだつもりでも、その時計が欲しいと思う理由がどこかに隠されています。

そこで気になるのが、高級腕時計を持つ心理について。また仕事がデキる男性に共通するオシャレのポイントについても、詳しくご解説していきましょう。

 

腕時計からわかる心理状態について

高級腕時計を持つ心理と仕事やセンスの関連性

毎日身につけるものは使いやすさや好みだけでなく、心理的な内容が関係している場合もよくあります。

高級腕時計を愛用するヤングセレブなど、気になる存在はいつもオシャレのポイントが光っています。では腕時計でわかる心理について、いくつかのものをご紹介しましょう。

 

高級腕時計は上昇志向が高い人

有名な高級腕時計を持つ心理は上昇志向が高く、腕時計にふさわしく振る舞いたい、似合うようになりたいという願望を持っています。

高級腕時計は新車が買えるほど高いものも色々とあり、普通のサラリーマンなのに手首だけが輝いている人もいますよね。

男性にとって腕時計はシンボルのひとつなので、ブランドやデザインにこだわる人も多いでしょう。海外の有名腕時計などを好む人は、いつか自分がそのレベルになりたいと思うため。チープな腕時計だと、そのレベルに留まってしまう不安があるのでしょう。

 

オープンで親しみやすいタイプ

高級腕時計ではないけれど、スポーツタイプで頑丈なブランドを好むタイプは、友人が多く親しみやすい性格です。

スポーツタイプの腕時計は色々な機能が装備されているので、人間関係でもオープンで効率的な関係を築く人が多いでしょう。

隠しごとをしない性格なので異性の友人も多く、誰とでもすぐに仲良くなれる性格が魅力。どのような環境にも対応できる柔軟さが、心理的な特徴としてありますね。

 

社会的欲求を満たしたい

手元で目立つ腕時計は、社会的欲求を満たすアイテム。もっと仕事で評価されたいと思う時や、自分をアピールしたい時に高級腕時計を持つ心理になります。

男性の場合はファッションでライバルと競うことが少なく、代わりに腕時計やバッグ、お財布などのアイテムで自分をアピールする場面が多いですよね。

とくに腕時計はその人のセンスが光るアイテムなので、周囲に注目されたい時は奮発して高級腕時計を買ってしまうこともあるでしょう。

 

男性の好みがわかりやすい

高級腕時計を持つ心理や個性的な腕時計を使う人など、色々なパターンがあります。男性でもオシャレにこだわりを持ち、興味を持っている人は大勢いますが、腕時計はシャツやジーンズとは違って男性特有の意味が隠されています。

そもそも腕時計は、小さな精密機械。女性の苦手な機械関係が得意な男性は、腕時計にこだわりを持ちやすいのです。

車に興味を持つ男性が多いように、腕時計も男性のシンボルのようなもの。毎日つける腕時計なので、さらに自分が快適で気に入ったものを選びたくなります。

自分が満足するものでないと使えない腕時計には、男性の好みが確実に表れるといえますね。

 

男性が心理的に腕時計に求めるもの

高級腕時計をいつか買いたいので、お金を貯めている人もいるでしょう。最近は腕時計をする人自体が減っているといわれ、女性はスマホを時計代わりにしている人も少なくありません。

男性にとって腕時計は、機能性やデザイン性、ブランドなどのこだわりを求めるアイテム。Tシャツに大きくロゴがプリントされたものを着用するように、人に何かアピールしたいものがあるのです。

アクセサリーのように腕時計をコーディネートする女性とは違い、もっと心理的な意味を持つのが男性の腕時計だといえるでしょう。

 

仕事ができる男性に共通するオシャレとは?

高級腕時計を持つ心理と仕事やセンスの関連性

仕事ができる男性は高級腕時計を使い、いつもきちんとしたスーツで登場します。第一印象はとても大切なものなので、仕事ができなくても見た目からアプローチするのも必要です。

では仕事がデキる男性に共通する、ファッションポイントをご紹介していきましょう。

 

場面ごとにファッションを変える

仕事ができる男性は相手によって会話の内容を変えるように、ファッションも柔軟性があることが特徴です。

場面ごとによって変わるコーディネートは、自分の存在感を上手くアピールできることにもつながっています。

たとえば仕事後にデートの場合は、いつもより派手なネクタイをつける、お得意先と重要な会議がある時は清潔感のある白を基調にするなど。

いつも同じスーツとネクタイでは、違った自分の魅力をアピールできないので、仕事の幅も狭くなってしまいます。

 

しわや汚れがない

寝坊して慌ててやってきたような服装は、どのような場合でも避けたいところ。仕事ができる男性はシャツやパンツなどは必ず事前に準備し、アイロンがきちんとかかって見た目から段取りが感じられます。

靴の汚れや爪の長さも注意しているため、全身に隙がない印象がありますよね。生活感を感じさせないのは、社会的に認められるためにも大切なポイントです。

朝忙しい人は1週間分のコーディネートを準備して、慌てないように事前に整えておきましょう。

 

こだわりがある

どこにでもありそうなスーツやシャツ、しかし他の人とは違ったファッションセンスを持っている人がいます。

その理由は、自分のこだわりポイントがあるため。高級腕時計を持つ心理のように周囲に何かアピールしたいことがある人は、アクセサリーやバッグ、コロンなどの自分がこだわる一品を持っています。

好きな色だけを着用するなど、いつもブレない統一感があるファッションはとても個性的で素敵ですね。

 

自分に似合うシンプルなファッション

仕事ができる男性ほど、ファッションはシンプルにまとめています。派手な洋服で周囲の注目を集めても、仕事の成績がよくなるわけではありません。

自己顕示欲が強い人はそこだけにフォーカスしてしまうため、肝心な内容が抜けてしまうのです。仕事ができる男性はプライベートでも自分らしさを忘れず、シンプルでありながらも人目を集める存在になるでしょう。

自分に似合うデザインやカラーを知っているのが、輝いている理由かもしれません。無理してトレンドを追いかけるようなことはせず、自分のスタイルを持っているのが必要です。

 

腕時計でわかる恋愛観について

男性にとって腕時計は、恋愛観を示すアイテムにもなっています。たとえば毎日必ず身につけるのは、彼女といつも一緒にいたい人。

安い腕時計を選ぶのは恋愛に興味がない人で、腕時計を何種類も持っている人はすぐに飽きてしまうタイプです。

モテる男性が使う腕時計は、自分のライフスタイルに合っているもので、少しだけこだわりを感じることがポイントでしょう。

時間を調べるツール以上に、女性は男性の腕時計をチェックしていますので、ファッションに気を配り全体的にコーディネートしておくと安心ですね。

 

まとめ

高級腕時計を持つと自然と気分が高まり、普段の生活が刺激的になるかもしれません。たったひとつのアイテムでこれほど影響を与えるのは、男性にとって腕時計は心理的な意味を持つものだからでしょう。

自分だけの大切なストーリーを持つ腕時計。お手入れをして大切に使う人は、女性からも気にかけてもらえる存在になります。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>腕時計を外す心理は女性を落とす必殺技

ページ上部へ戻る