腕まくりをする心理からわかる5つのこと

腕まくりをする心理からわかる5つのこと

腕まくりの心理は表情から捉えてしまうことがありますが、季節の変わり目や急に気温が上昇して暑いとの理由を真っ先に考えます。

しかし、どんなに寒い日でも袖をまくる人も見かけることも。長袖は温度の変化に対応出来て便利ですが、腕まくりをする心理には、自分が気付いていない気持ちが詰まっているのです。

それでは、腕まくりをする人の心理を探りながら、相手の仕草に見える心の奥の本音に迫っていきましょう。

 

気合いを入れ直している

腕まくりをする心理からわかる5つのこと腕まくりをする心理は、やる気と気合いを入れ直している状態です。心の中を覗くと長袖をまくりながら、気が乗らない思いを心の奥に閉じ込めたい心境に。

面倒な仕事に取り掛かる前や気分が乗らない時に、自分のやる気を奮い立たせたい思いが腕まくりの心理なのです。

自分自身に気合いを入れると、もうひと踏ん張りできそうになります。気分次第で仕事の捗り方も変わりますが、モチベーションを上げて頑張りたい気持ちが、周囲から見ても感じ取れるでしょう。

気持ちを一新させるには、エネルギーが必要です。自分にやる気を意識させる方法も、気合いの入れ方のひとつ。気持ちを切り替えるために、袖をまくって正面から取り組もうとしているのです。

 

長袖が作業の妨げに

いつも腕まくりをしている人は、手を動かす作業が多く袖まわりが邪魔で妨げられる心理に。手首の周りが長袖によって窮屈に感じると、気になって作業に集中できない人もいます。

昔からの癖で、腕まくりをしてしまうという理由が挙げられるでしょう。長袖が苦手で、一年中七分袖や半袖を好んで着用する場合も、長袖を着なければいけない時は腕をまくるといった心理になるもの。

腕をまくるとスッキリするので、作業に支障をきたすものがなく安心して取り掛かれますね。作業に集中できるきっかけになるため、腕まくりをした途端に作業効率にも繋がります。一生懸命取り組む姿勢は、周りにも刺激を与えるでしょう。

 

自慢したい気持ち

腕まくりの心理には、自慢したい気持ちが表れています。鍛え上げた腕の筋肉を見せたいだけでなく、ブランドの腕時計を自慢したい時に、周りを気にしながらワザと袖を折り曲げる仕草を見せることも。

自慢したい空気を漂わせて、周囲も嫌な予感を察して急に忙しく仕事を始める場合もあるでしょう。始めは周囲もニコニコと対応しますが、2回目以降になるとやめて欲しいと表情や態度で示すため、空気の重さを察することが求められるように。

周りに見て欲しい気持ちはわかりますが、見せつけるだけで肝心な仕事をおろそかにするのは反感を買ってしまう行為に繋がります。誰よりも仕事や作業を早く行うと、自慢したい腕に視線も集まるでしょう。

 

大切な洋服だから

自然に着慣れた雰囲気をアレンジする時に、腕まくりをしてさりげなさを演出したい心理が働きます。少しの変化で、男らしさが表現できるところも魅力的。

しかし、お気に入りの洋服は極力綺麗に着たいものです。袖まわりは汚れやすく自分の目で確認できるため、汚したくない思いから腕まくりをしたくなる心理が高まるでしょう。

自分の体形をバランスよく見せる演出を考えるだけではなく、大切な洋服に思い入れがある強い気持ちも隠されているのです。

手作業を行う時に汚しやすいと自覚している人は、必要以上に気にして作業に取り掛かることも。汚れないようにと注意をしながら動くので、ぎこちない動作になる人もいますよね。

自分の袖口汚れは気になりますが、周囲はそこまで気にならないもの。クリーニングや市販の染み抜き洗剤を使うと、気になる袖まわりの汚れも綺麗になるでしょう。

 

闘志が溢れている状態

腕まくりをする心理からわかる5つのことやる気に溢れてエネルギッシュな状態は、腕まくりの心理に表れることも。やる気がない時にも行う仕草になりますが、やる気に満ちた時にも気持ちを抑えようとするのです。

テンションが高すぎると、自分でもコントロールするのが難しいところ。仕事やプライベートにも支障が出なければいいのですが、興奮し過ぎた状態では周りとの温度差が生まれてしまうでしょう。

エネルギッシュな状態は時間と共に低下していき、我に返った頃にはエネルギーを使い過ぎて疲れることも。そのため、自分だけではなく周囲もギャップについていけずに対応に困りますよね。

気持ちが高ぶっている時は、何にでも挑戦できる気持ちになりますが、調子に乗り過ぎると痛い目に遭う場合も。やる気に溢れている時は、集中力も高く自分の世界に入ってしまうので気持ちが落ち着いた時に再度ミスがないかを確認しましょう。

 

まとめ

腕まくりをする心理は、感情の高まり具合に関係があります。一つに集中して向き合おうとしている態度の表れなので、周りから頼りたい存在になる人も。

周囲をまとめるタイプや、物事をまっすぐ捉えるタイプにも腕まくりをする人が多いでしょう。笑顔で腕まくりをする姿から、リラックスした心理状態がみえます。

やる気を表す腕まくりの仕草は、かっこよさを見せるだけではなく周囲の心を一つにさせるためのスイッチに。お互いを理解しながら、心の距離を縮めていくようにしましょう。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>自慢の心理に隠されているのはこの5つの思い

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る