連絡がマメな女性心理・避けたい時の対処法

連絡がマメな女性心理・避けたい時の対処法

連絡がマメな女性は、心理的に不安なことがあるのでしょうか。連絡が全くない人よりもあるほうが安心かもしれませんが、しつこいほど連絡がくるのは負担にもなりますよね。

仕事の場面では連絡事項はとても重要なので、漏れがないように何度も連絡する場合があるでしょう。しかし人付き合いの場では相手との関係性などを考えて、連絡したくても我慢する瞬間があります。

そこで今回は、連絡がマメな女性の心理についてご解説します。しつこくされたくない場合の、上手な対処方法も合わせて見ていきましょう。

 

連絡がマメな女性の心理的特徴について

連絡がマメな女性心理・避けたい時の対処法

頻繁に連絡してくる女性の存在。脈ありなのか、それとも他の意図があるのでしょうか。判断が難しい場合は、心理背景を考えてみましょう。

 

自分の存在を知ってほしい

「今日は雨が降るから、傘忘れないでね」「待ち合わせ場所の地図送るね」など、すでにわかっていることでも丁寧に連絡するマメな女性がいます。

心理背景として考えられるのは「連絡内容」が重要なのでなく、連絡することで自分の存在を知ってほしいため。1週間に1度しか連絡しない人と毎日連絡する人では、必然的に後者のほうが存在感が強くなります。

自分のことを覚えてほしい、興味を持ってほしいなどの意図があるため、さほど重要でないことでもマメに連絡してくるのです。このタイプは特定の人だけが対象になっているので、もしやと思ったら他の友人に確認してみましょう。

 

心配性だから

連絡がマメな女性心理は、基本的に心配性な性格が関係しています。大雑把な考え方をする人が多い男性と違い、女性はなんでも細かく計画して事前の準備も万端です。

たとえば出かける約束をした人と、きちんと内容が噛み合っているかどうか不安になると、確認のために連絡がマメな女性になってしまうでしょう。

心配性な人は、自分が相手に伝えた言葉を何度も思い返し、納得するために確認作業が必要になります。なんとかなるという考え方ができないので、連絡をもらう側からは面倒だと思われる場合もあるでしょう。

 

暇つぶしをしている

連絡がマメな女性心理ですが、連絡をもらう男性は「脈ありなのか?」と考えてしまいますよね。好きな人に対して頻繁に連絡をするのは、恋愛感情があると考えても納得できる行動。

用事がなくてもメッセージを送ってくるのは、特別な気持ちがあるからだと誤解するケースがあります。しかし実際は全く恋愛とは関係なく、ただ暇で寂しいから連絡がマメな女性になっているのかもしれません。

心理的には、かまってほしい願望があると考えられます。昼休みに一人で暇だから、移動中にやることがないからなど。思わせぶりな態度で、がっかりする男性もいるでしょう。

 

好意を寄せている

連絡がマメな女性心理は、相手に好意を寄せているためです。特別な用事がなくても何かしら連絡する用件を見つけ、自分の存在をアピールしてくる人。

このタイプは好きな人に上手く態度で示せないため、頻繁に連絡することで自分の気持ちを悟ってほしいのです。連絡がマメな人は、一途な性格ということが共通点として挙げられるもの。

他の女性と仲良くしていると、焼きもちを焼いて「さっき話してた人、誰?」とメッセージを送ってくるでしょう。好意を寄せている人とは、できるだけやりとりをする回数を増やしたいので、男性が喜びそうな話題を提供してくるはずです。

 

気が利かない

連絡がマメな女性心理は自己中心的なところもあり、周囲への配慮が欠けています。自分のことでいっぱいになると二人きりの時や、周囲に人が大勢いる時でも大胆な行動をする場合も。

あまり気が利かない可能性があるので、男性も次第に引いてしまいますが、ここから悪循環が始まってしまうでしょう。

 

誘ってほしい

連絡がマメな女性心理は、男性から誘ってほしいためです。自分からデートに誘いたいけれど恥ずかしいので、積極的に自分から連絡してそれとなく相手の反応を待っています。

何度もメッセージや電話がくると、対応するのが面倒に感じて「今度会ってゆっくり話そう」とその場をやりすごす場合があります。そんなチャンスをずっと待ちながら、デートする日を楽しみにしています。

 

好きすぎる

気になる人の存在から大好きな人の存在に変わると、女性の態度も積極的になりがちです。気持ちが強くなると、相手の思いを考える余裕がなくなり「なんで返信してくれないの?」と束縛するような行動をとってしまいます。

好きすぎると他のことは目に入らないため、思考パターンも悪いサイクルが始まってしまいます。

 

しつこい!と感じた時の対処策

連絡がマメな女性心理・避けたい時の対処法

自分のことを気に入ってくれるのは嬉しいですが、連絡がマメな女性心理が働くだけでなく行動がエスカレートすると、もっと周囲にもわかるようにアピールしてくる人がいます。

迷惑に感じた場合やしつこいと思った時は、相手の心を傷つけない丁寧な対処が必要です。

 

自分からは関わらない

連絡がマメな女性は男性の反応を期待していますので、相手から連絡をもらったり誘われたりするとさらに態度がしつこくなります。自分から行動を起こすと「好意がある」とみなされてしまうので、相手からしつこいほどメッセージがきても、こちらはあくまでも返信するだけ。

自分から発信するのはなるべく控えましょう。面倒でも人付き合いを大切にしてくれる優しい男性はモテるので、とくにしつこくされたくない相手とは適度な距離を置いてください。

 

返事をしない

好きな人がいるのか、週末は何をしているのか。色々な質問をしてくる女性は、こちらを恋愛対象として考えているサインです。

興味のない人なら、中途半端な態度で相手を喜ばせるのは可哀想なので、返信をしない、無視するという徹底的な態度も必要かもしれません。

恋をしている自分に酔っている女性は、相手の行為を全てよい方向に捉えがちです。すぐに連絡がこなくても、きっと仕事が忙しいからだと都合よく解釈しています。

そのような失敗をしないためにも、自分のプライベートは隠して返事をしない姿勢を意識してください。

 

同情しない

連絡がマメな女性にしつこくされると、迷惑と思う反面、冷たい態度をとったら相手に申し訳ないと思いますよね。好意を持ってくれるのは嬉しいことで、タイプでない女性でもアプローチしてくれるのは決して嫌な気持ちにはなりません。

しかし女性のしつこいアプローチに、毎回相手が喜ぶように対応してしまうと、両想いだと誤解される可能性があります。可哀想だからと同情する前に、きっぱりと態度に示すのも相手を思う姿勢です。

頻繁なメッセージがエスカレートしたらどうなるか、少し先のことを考えて予防策を張っておきましょう。

 

正直な気持ちを伝える

連絡がマメで、お互いにいつまでもメッセージにラリーをしたい相手ならよいのですが、誤解されたくない相手には自分の気持ちを知ってもらうのが必要です。

たとえば友人や知り合い以上に進展させたくない相手なら、自分があくまでも「友人」であると伝えてください。しつこく連絡がくる場合は「夜は忙しくて返信できない」など、それとなく優先順位を知ってもらうのもよいでしょう。

あらゆる手段を使っても、相手が納得しない場合は最終的に「好きな人がいるから」と言ってみるのも方法のひとつです。

 

まとめ

連絡がマメな女性は心理背景を考えて、お互いに一番良好な対処をとる必要があります。なぜか本命ではない人から、積極的にアプローチされる場合は多いもの。

嬉しい気持ちもあるかもしれませんが、相手を傷つけないためにも早めの対処を考えておきましょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>失恋ソングを聞きたい心理と気分転換するコツ

ページ上部へ戻る