好きな人と話せない…そんな状態から抜け出すための方法

好きな人と話せない…そんな状態から抜け出すための方法

好きな人と話せないと悩んでいるのは、女性だけではなくて男性にも多いのです。好きな人と話せないことがコンプレックスになっている場合も。

ではどのようにすれば、好きな人と話せるようになるのでしょうか。その方法をお伝えしていきましょう。

 

緊張しても構わないと思ってみる

緊張をしたくない、緊張をしていると思われたくないと思えば思うほど、逆に緊張をしてしまうものです。でも緊張をしても構わない、好きだから当然だと割り切るようにしてみましょう。

もしも言えるようであれば相手の女性に「なんだか緊張しちゃって」と伝えてみると、可愛い人だな…と良い印象を与えられる場合も。緊張をしていると伝えておけば、気持ちがかなり楽になる場合もあるでしょう。

緊張をしたらしたで、なんとかなると自分に言い聞かせれば、好きな人とも緊張しながらでも話せるようになるのです。

 

次のチャンスを待つ

もしも今日話せないとしても、明日は話せるようになるかもしれません。次のチャンスを待ってみるのも大切です。絶対に今日話す!と思うと、自分にとって強いプレッシャーを与えてしまうでしょう。

このプレッシャーが原因になり、好きな人と話せなくなる場合もあるのです。でももしも今日話せなくても次のチャンスがあると思えば、今日話さなきゃというプレッシャーを減らせるのです。次のチャンスがあると思えば、もしも今日話せなくてもあまり落ち込まなくても済むでしょう。

落ち込んでしまうと自信を無くして、更に話せなくなってしまう場合もあるのです。

 

自責の念を持たない

好きな人と話せないと自分を情けないと思ったり、自責の念を持つような場合もあるでしょう。でもこの自責の念が自分を苦しめて、余計に話しにくくさせている場合もあるのです。

自責の念を多少持つのは構いませんが、でもそれで苦しくなってしまうようであれば、自責の念が理由で話せないのかもしれません。自責の念を持ってしまうタイプの人もいますが、ここで持つ必要は本来無いのです。

何も悪いことをしていないと自分に対して思い、自責の念はあまり持たないようにすれば、好きな人とも話しやすくなるでしょう。

 

好きな人の近くに行くようにする

出来るだけ話す機会を逃さないためには、好きな人の近くに行ける時には行くようにしてみましょう。近くにいるだけでも、話す機会は巡ってきやすくなるのです。自分の存在アピールにもつながるでしょう。

もしも好きな人の近くに行けそうなチャンスがあったのなら、思い切って行くようにしてみましょう。積極的に行くように心がけると、いつのまにか存在が近くにあるのが当然のように、好きな人から思ってもらえるかもしれません。

でもあまりいつも近くにいすぎると、怖がられたり嫌がられたりする可能性もありますので、この辺りはほどほどにするのが大切。

 

自分を褒めるようにする

挨拶が出来たけれど、挨拶だけでは…と自分に思わずに、好きな人と挨拶が出来た自分を褒めるようにしてみましょう。「今日は良い日になった」と思うようにすれば、今度は笑顔で話せるかもしれません。

挨拶だけでは意味が無いとか、挨拶なら誰とでも出来るものだから…と悪い方に思わずに、挨拶が普通に出来る関係になれたことを、嬉しいと思うようにしたいですね。こういったポジティブな気持ちがあれば、良い方向に向かいやすいのです。

 

まとめ

好きな人と話せないと、好きな人が他の男性に取られてしまうのではと不安になったり、このまま仲良くなれないのかも…と落ち込んだりする気持ちが強くなってしまいますよね。

でも以上のような方法で、好きな人とのやりとりを少しずつでも出来る日々を重ねていけば、いずれは好きな人と話せるようになれるでしょう。

ページ上部へ戻る