一緒にいると落ち着く心理・癒される関係とは

一緒にいると落ち着く心理・癒される関係とは

一緒にいると落ち着くのは、どのような心理のためでしょうか。大好きな人と二人だけの空間で、相手によってはドキドキしてしまい、落ち着くどころか緊張してしまう場面もよくありますよね。

一緒にいると落ち着くと言われるのは、とても嬉しいことではありませんか。とくに好きな人からそう言われると、褒められたような特別な気持ちになります。

毎日の生活の中で交流する、さまざまな人たち。性格が違う相手から受ける印象は、人によって違いますよね。

しかし稀に感じる「一緒にいると落ち着く人」。その時の心理について、詳しくご説明していきましょう。

誰にとっても、一緒にいて癒される関係は理想的。素敵な相手と出会うには、落ち着くことができる人がベストなのです。

 

一緒にいると落ち着く人のタイプ

一緒にいると落ち着く心理・癒される関係とは

楽しい人、ドキドキする人、嫌いな人など。あらゆる人と人間関係を築き、相手によってはストレスを感じてしまう場合があります。

一緒にいると落ち着く人にはどのような特徴があるのか、次のポイントを見ていきましょう。

 

話をじっくりと聞いてくれる

一緒にいると落ち着く心理になるのは、いつも話を聞いてくれるタイプの人です。話をする立場と聞く立場では、話をする人のほうがストレスを発散しやすくなります。

そのためいつも話をじっくりと聞いている人には、愚痴こぼしや弱音を吐くことができるため、心の癒しのような存在です。

一緒にいると落ち着くのは、広い心で受け止めてくれるところが魅力かもしれません。とくに聞き役になってくれる人は、相手のネガティブな部分を黙って受け入れてくれるのです。

 

話し方が優しい

話し方や声のトーンは、個人差がありますよね。自分と気が合う人とは、そのような部分からも意思疎通がしやすく、逆に激しくまくし立てる人だと話がしづらいケースがあります。

一緒にいると落ち着く心理になるのは、その人の話し方が優しくて攻撃的でないのが特徴。ゆっくりとしたスピードで話してくれるので、会話の内容に行き違いがなくしっかりと思いが伝わります。

声のトーンは、低すぎるよりも中間的なほうが聞きやすいといわれていますが、相手に与える印象を考えながら話し方を工夫するのも大切ですね。

 

心遣いがある

疲れている時にそっとコーヒーを運んでくれたり、寒い時にストーブの向きを相手に向けてくれたり。

些細な心遣いを自然にやってくれる人は、一緒にいるとホッとしませんか。自分よりも相手を優先できるのは、我慢強い性格の持ち主だから。

気配りができる人は、自分を相手の立場に置いて物ごとを見てくれるので、タイミングよく手を差し伸べてくれます。

 

時間に追われない

いつもバタバタしている人は、周囲に一人は必ずいますよね。落ち着きがない人と一緒に行動すると、失敗も増えてしまい緊張感にあふれます。

しかし一緒にいると落ち着く人は時間配分が上手で、自分のせいで周囲を振り回すことはしません。

一緒にいる時間がゆったりと流れ、このまま一日を過ごしていたいなと思うこともあるでしょう。相手を急かす態度もなく、いつものんびりとできるタイプの人です。

 

一緒にいると落ち着くと言う女性の深層心理について

一緒にいると落ち着く心理・癒される関係とは

一緒にいると落ち着くと女性に言われたら、どのような気持ちになりますか。素直に嬉しいと感じるこの言葉。女性が言ってくるのは、次の深層心理が考えられます。

 

気持ちをアピールしている

好きな男性に、はっきりと「好き」とは言えないシャイな女性は、好感を残すように一緒にいると落ち着くとアピールする時があります。

相手を喜ばせる言葉で、親近感を持ってほしい気持ちの表れなのでしょう。たとえば、公園でのんびりとデート。

時間がゆっくりと過ごせる条件が整っていても、相手によっては落ち着けない場合があります。

しかし癒される関係の築ける人とは、どのような場所やシチュエーションでも、お互いに居心地よく感じるものです。

 

いつまでも一緒にいたいサイン

女性が一緒にいると落ち着くと言ってくる心理は、その瞬間をずっと維持したい気持ちをアピールしているためです。

デートで別れるのが辛い時や、相談ごとに乗ってもらった場合など。いつまでも、二人の時間を過ごしていたいと思っているのです。

でもはっきりと言うのはストレートすぎるため、そんな気持ちを悟ってもらうために、一緒にいると落ち着くと言ってくるのです。

 

自分を特別に見てほしい

何時間でも話題が尽きずに一緒にいられる人は、限られていますよね。たとえ自分がそう思っても、相手が同じ感情のレベルとは限りません。

二人が同時に快適に感じる関係はとても特別で、選ばれた人だけが得られるメリットだともいえるでしょう。

女性からそんな態度でアプローチされた時は、もっと特別視してほしい願いの表れかもしれません。他の人にはない関係が私にはある、そう言っているのでしょう。

 

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている時は、疲れる人からはできるだけ距離を置きたくなります。一緒にいると落ち着く心理は、女性が精神的に疲れている可能性があります。

聞いてほしい話があるのか、それともトラブルから解放されたいのか。そんな時に落ち着く人と一緒にいると、心が癒されて気分転換ができます。

この場合は恋愛感情よりも、友人や兄弟的な存在の人かもしれません。ホッとしたい時に笑顔が素敵な人のそばに行くと心が温められるように、女性も癒しが欲しい時は信頼できる人のそばにいたくなるのです。

 

癒される関係になるためのポイント

癒される関係は、恋人同士にも欠かせない要素になります。癒し感がたっぷりとある女性は男性にもモテる存在で、毎日仕事のストレスで疲れている人にはとても魅力的に見えるでしょう。

では癒される関係になるためには、どのようなポイントを考えるとよいのかお伝えしていきますね。

 

無理して自分を作らない

相手に気に入ってもらう、もっと好感を持ってほしいなど。無理に自分を演じてしまうと、その場の空気が不自然になってしまいます。

一緒にいると落ち着く人とは、気楽に過ごせるのが条件なので、自分らしく過ごすことを意識しましょう。

 

仕草や表情を意識する

話題が全くなくても一緒にいると落ち着ける人とは、静かな空間でも違和感が残りません。そのような関係になるには、言葉で相手の興味を引くよりも話し方や態度、笑顔など、雰囲気作りが大切です。

怒った表情やいつもイライラしている性格だと、逆に一緒にいる人がストレスになりますので注意しましょう。

 

相手の意見を否定しない

話を聞いてくれる人と意見交換をする人とは、立場が若干違います。癒し感を覚えるのは、ひたすら話を聞いてくれる人。

相手の意見や考えを一切否定せず、心の中を全て解き放てる相手が理想なのです。癒される関係を作るには、いつも楽しそうに話を聞き共感してあげることがコツですね。

 

困った時にそばにいてあげる

一緒にいると落ち着くのは、心理的に弱くなった時に必ずそばにいてくれる人。辛そうな顔や元気がない態度を察してくれて、そっと自然に優しく近づいてくれる人が癒しの関係になるでしょう。

マイペースでも肝心なタイミングを必ず掴んでくれる、そんな姿に女性が思わず頼りたくなります。

 

まとめ

一緒にいると落ち着く関係は、長く付き合える素敵な存在になるでしょう。恋人や友人など、自分にとって大切な人には、楽しいだけでなく心が欲する人になってあげたいものです。

ストレスにあふれた今の時代、人間関係の土台になるのは「癒し」なのかもしれません。このまま快適な空間にいたいと周囲から思われる人を、これからは目指してみませんか。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>ミラーリングの心理で気になる人と接近する方法

ページ上部へ戻る