自信をつけたい時にあなたにしてほしいこと!

自信をつけたい時にあなたにしてほしいこと!-2

自信がない時というのは、ひどく落ち込み、暗い気持ちになることも少なくありませんよね。この状態になってしまうと何をやっても上手くいかずに、集中力もなくなってしまうでしょう。結果として余計に自信がない状態が続いてしまい悪循環になります。

しかし自信がないのは気持ち的な問題でもありますから、明るい気持ちになれば自信がない状態から抜け出せると言えるでしょう。

今回はそんな自信がない時に考える、明るい気持ちになれる7つのことを紹介していきます。自信がない、何をしていてもやる気が出ないという場合には参考にしてみると、明るくて前向きな気持ちを取り戻すことが出来るでしょう。

 

自信がない理由を考える

自信がないのはどうしてなのか、理由について考えてみると何か解決方法がひらめいて、気持ちが前向きになれるかもしれません。

自信がないというのは、何らかの理由があったり心当たりがあるからこそ不安な気持ちになってしまうもの。その理由をしっかりと自覚出来れば、対策方法を考えることが出来るので、不安な気持ちを解消していけるでしょう。

理由がわかっていたとしても、何がどう不安なのか、自信がないのか具体的に考えるのが必要。具体的に理解をしたほうが、意外と頭も冷静になれるため、気持ちも落ち着きを取り戻して、物事に取り組んで行けるでしょう。

 

自信がないのは気のせいだと割り切る

自信がないというのは、ほとんどの場合は思い込みとも言えます。自信がない状態になるとどんどん悪い方向へと物事を考えてしまいがちになりますから、必要以上に自信がないと感じて落ち込んでしまい、完全に視野が狭くなってしまうのです。

考えても悪い方向にしかならない可能性も高いですから、いっそ自信がないのは気のせいだと割り切ってみると、案外気持ちもスッキリするでしょう。自信がないのは気のせいだと割り切るのは無理やりのように感じるかもしれませんが、思った以上に気持ちがスッキリしますから、あえて自信がないことから目をそらすのも、明るい気持ちになれる方法なのです。

 

とにかく楽しいことを考える

とにかく自分が楽しいと思えることを考えてみると、自信がないと落ち込んでいた気持ちもいつの間にか明るいものに変わっていくものです。自信がないと、その事柄に対して深く考えて、より気持ちを沈めてしまうものですが、自信がないものとは無関係な楽しいことを思い浮かべて考えてみると、気持ちもリフレッシュ出来て、冷静さも取り戻せるでしょう。

楽しいと思えるものならば、どんな内容を考えても問題ありません。趣味や楽しみにしている予定など、とにかく今自分が最も楽しいと思えるものを思い浮かべて、自信がない状態を一度リセットしてみましょう。

 

美味しいものを食べて気を紛らわす

自信がない時ほど美味しいものを食べてみましょう。美味しいと思えるものは、自信がない状態だとしても「美味しい」と無条件で思えるものなのです。美味しいと感じることによって自、信がない状態を一度落ち着かせて気分がリフレッシュするもの。

美味しいものを食べれば、少なからず人は幸福感を感じていき、悪い考えや自信がない状態から意識をそらすことが出来るのです。自信がない時に自信がない状態のままでいるのは悪循環でしかないでしょう。

でも美味しいものを食べて幸せな気持ちになれれば、自信がない状態に戻った時でも必要以上に落ち込まずに済みます。さらに幸せを感じたことによって、前向きな気持ちになりやすく、自信がない状態から抜け出せる場合も多いのです。

 

趣味を楽しんで自信がない状態を忘れる

趣味や得意なものがある場合には、とにかく思い切り楽しんでみましょう。自信がない時というのは何をしていても嫌な気持ちになったり、落ち込んでしまいがちです。でもそれは自分の深い思い込みでもあるはず。そこで全力で楽しめる趣味などに没頭してしまえば、思い込みをシャットアウト出来るだけでなく、自分の得意分野で楽しんだことによって、自信を取り戻していけるのです。

もしも趣味などで自信がないと落ち込んだ場合には、自分の力を安心して発揮出来る範囲で趣味を遊んでみましょう。他の趣味がある場合には他の趣味に意識を向けるのもオススメです。

趣味がある人にとって、趣味は自信の宝ものでもありますから自信がないと思った時には、自信があるもので自信をつけていくと良いでしょう。

自信をつけたい時にあなたにしてほしいこと!-1

自信がないと、友達に相談をする

自信がないと友達に相談をしてみると、思った以上に気持ちがスッキリとして、自信がないと思っていた物事も案外大丈夫かも…と自信を取り戻すことが出来る場合も。

自信がないと落ち込んでしまう原因の中には、自分の中で自信がないと不安を溜め込んで自己解決しようとしてしまうからだと言えます。

自信がないというのは自分の弱い部分でもあるため、他人に見せるのは勇気がいる行為でもありますが、弱音を吐き出してこそ強くなる場合もあるのです。

自信がないと友達に相談をすれば、自信がないと吐き出したことで、肩の荷が降りた気持ちになれたり、友達だからこその何らかのアドバイスをもらえるかもしれません。

 

少し遠出をして非日常を楽しむ

自信がない時は少し遠出をして気分転換をしてみると、気持ちがリフレッシュしていくでしょう。自信がない時は何をしていてもダメだという人もいると思いますが、それはいつもの環境にいるから思うものかもしれません。少し遠出や旅行をして、非日常を満喫してみると、いつもとは違った雰囲気の中で開放的になれて、自信がない状態がリセットされていきます。

特にストレスを溜めている人や完璧主義者の人は、急激な自信がない状態に落ち込む場合があります。これはその環境にいるからこそ本人を縛ってしまうものでもあるので、本人がありのままに自由でいられる場所や、何の縛りもない日常とはかけ離れた場所に行くことによって気持ちをリフレッシュさせて、自信がない状態を回復していけるのです。

 

まとめ

自信がないと思った時に最もやってはいけないのは、自信がないことに対して深く考えてしまったり、自分自身を責めてしまう行為。自信がない状態は何よりも傷付きやすく、自分が考えた冗談でも真に受けてしまう為、とにかく気持ちを自信がないと思える物事から切り離してみましょう。

また中には自信がない原因を追求して安心感を得られる場合もありますから、自信がないと落ち込みやすい人はいくつかこの状態から回復できる方法を覚えておくと、急な気持ちの落ち込みにも対応していけるでしょう。

ページ上部へ戻る