イライラを抑えるためにはどうすればいい?イライラした時の対処法

イライラを抑えるためにはどうすればいい?イライラした時の対処法-1

イライラを抑えるのは難しい…と思う人は多いもの。でもイライラするのには理由がある場合が多いため、その理由を明確にすればイライラを抑えることも可能になるのです。ではイライラを抑えるための対象法について、お伝えしていきますので参考にしてみてください。

 

知人に話を聞いてもらう

自分一人でイライラを抱えたままでは、その思いがくすぶってしまい更に辛くなってきます。こいう時には信頼できる相手に自分の思いを聞いてもらいましょう。相手に聞いてもらっているうちに、自分の心の中の整理が出来てくるのです。

「こんなにイライラするような内容でもなかったかもしれない…」と思えてくる場合も。人に聞いてもらうと、今の自分を理解することが出来る場合も。自分は今どういう状態なのか、高揚している時は分からない場合が多いのです。

でも知人に聞いてもらっているうちに、段々と自分の今の状態が分かってきて心が落ち着いてきます。アドバイスをしてもらえれば、尚更穏やかな気持ちになりやすいでしょう。

 

運動をする

イライラした時には、体を動かすとイライラを抑えるのに効果的。運動に熱中しているうちに、イライラを忘れてしまうのです。例えばスポーツクラブやジムなどに通うと、一心不乱に運動に夢中になれるでしょう。

今までこんなに熱中したことはなかったと思うぐらいに、集中する時間を持てるかもしれません。自分でもこんなに集中力があると思っていなかった…と後から驚く場合もあるでしょう。運動をするとストレス解消にもつながるのです。

運動が不足すると、イライラを溜めやすくなる場合もあるでしょう。今すぐに運動できない環境にいる時には、周りを少し歩いてみたりするだけでも、気分が変わります。自分自身の体を動かすと、穏やかな気持ちになってくるものなのです。

 

音楽を聴いてみる

イライラする時に激しい曲を聴くと、更にイライラしてしまう場合も。こういう時にはしっとりとしたバラードを聴いた方が、落ち着ける可能性が高いです。歌詞をしっかり聴くようにすると、バラードっていいなぁと思えてくるのです。

音楽の持つ力を利用して、イライラを抑えるようにしてみましょう。イライラを抑えなければ!と無理に思わずに、ただ曲に気持ちを向けるようにすると自然に音楽に浸ることが出来るはず。

自分にとって好きだなと思うアーティストのバラードなら、尚更穏やかな気持ちで聴けるでしょう。

一度聴いただけでは、まだイライラが残っている…と思うのなら、二回か三回くらい聴いてみると良いですね。聴きながら曲を口ずさんでみると、自然に曲が心にしみてきます。

そしてもっと音楽に浸りたい思いが強くなるでしょう。こうしているうちに、イライラしていたのが嘘のように、楽な気持ちになるのです。バラードのゆったりとしたリズムに心を任せてみるようにしましょう。

イライラを抑えるためにはどうすればいい?イライラした時の対処法-2

イライラの原因を紙に書き出してみる

なぜイライラするのか分からないことに、一番イライラする場合もあります。そのため、なぜイライラしているのかについて、一度紙に書き出してみましょう。いくつか要因が重なっている場合も。

でも紙に書くとイライラしている理由が分かるので、ここからどうしたらいいのかが分かってくるのです。こうすればイライラしている自分に対して、客観視が出来るでしょう。

自分の頭の中を整理しないことには、イライラを抑えられない可能性も。でも人に話すのと同じ様に、紙に書いてみると自分の頭の中を整理しやすくなるのです。

自分はこういう理由でイライラしていたんだと分かると、とてもすっきりするでしょう。それに対して矢印で、解決策や対処法を書いてみるとより気持ちが楽になるのです。

 

「いい人」になりすぎない

自分がいい人になれば、きっと職場全体がうまくいくと思い、無理をしている人もいるでしょう。でもそのしわ寄せが自分に来てしまうのです。周りは楽かもしれませんが、自分は無理をしている分辛くなる時も。

言いたいことも言えずに、相手に合わせるだけの日々を過ごしていると、いつの間にかイライラしやすくなってしまいます。結果としてストレスを溜めこんでしまうかもしれません。ストレスは溜まりやすいものですが、いい人になろうと思い過ぎると更にストレスを溜めやすくなりますので、気を付けましょう。

時には自分の考えや意見を言う勇気を持つことも、必要なのです。

 

まとめ

イライラを抑えるのは、案外簡単なものと言えるでしょう。でも自分でずっと抑え続けてきたイライラの場合は、なかなか抑えきれないものに。そのためイライラは小出しにしてでも、人に伝えたり解消したりするようにした方が良いのです。

イライラが溜まりすぎて、自分をコントロール出来ないと、生活に支障をきたしてしまいます。そうならないように、自分なりにイライラの上手な抑え方や対処法を得るようにしましょう。

ページ上部へ戻る