好きなタイプの男性について話す時の女性心理はどんなもの?

好きなタイプの男性について話す時の女性心理はどんなもの?-1

好きなタイプの男性はどんな人か、女性に質問する機会は案外多いもの。好きなタイプの男性を語る時に、女性はどんな心理を持つものなのでしょうか。

女性が語っている男性のタイプに気を取られて、それを語っている心理にまで想像が広がらない場合もあるでしょう。では好きなタイプの男性を語る時の女性心理について、一緒に考えていきましょう。

 

好感を持ってもらいたいと思う

好きなタイプの男性を語って、それを聞く男性に好感を持ってもらいたいと思う女性心理があります。打算的であるとも言えますが、男性が好きなタイプの女性を語る時にも、これを聞く人達に好感を持って欲しい…と意識するケースもありますよね。

例えば本当は年収の高い男性が好きでも、人前で好きなタイプの男性を語る時には「真面目なタイプの男性が好き」と言う場合もあるでしょう。このようなパターンでは、これを聞く男性の好感を狙った内容を語っている心理が考えられます。

好感を持たれたい内容は、事前に考えておく場合やこの場にいる人達の雰囲気を見て即興で答える場合などもあるでしょう。例えば男性が聞く人達の好感を上げるのを狙って、好きなタイプの女性を語ると、印象が良くなる場合もありますよね。

これと同じで、女性としても自分の語る「好きなタイプの男性」により、この女性は内面を見る素敵な人だな…と思われたい気持ちがあるのです。外見重視や収入についてばかり考えているように思われると、自分にとって損になりますよね。

それよりも、内面重視の性格の良い女性を演じたい思いがあるのです。

 

相手に悪い印象を与えないように無難に語りたいと思う

好きなタイプの男性を女性が語ると、聞いた相手に悪い印象を与えてしまう場合もあります。例えば、「自分よりも頭の悪い男性」と言われたら、聞いた男性は「性格の悪い女性だな」と感じるでしょう。

好きなタイプの男性を語って、相手に悪い印象を与えないように無難な内容を語っておこうと思う女性心理もあるのです。でもこのように悪い印象を与えないように語ろうと思って、以前好きだった男性について語ったことにより、男性たちに引かれた経験がある女性もいるでしょう。

好きな男性のタイプは?と聞かれた時に、無難に答えたいと思った時の回答としては「優しい男性が好き」「一途な男性がいいな」などがよくあるものです。少なくとも優しい男性が好きと答えられて、この女性のイメージが悪くはならないでしょう。

それが分かっているので、女性としては無難な答えをするようにしているのです。本心が違ったものでも、とりあえずこの場の雰囲気が悪くなるような内容は言えない…と思っている場合は多いでしょう。これは男性と二人きりの時にでも言えることなのです。

 

脈ありを伝えるために利用しようと思う

好きなタイプの男性について語り、相手に脈ありサインを見せようとする場合もあります。例えば、好みのタイプを聞かれた時に、脈あり男性の雰囲気を「好きなタイプの男性」として語る場合もあるでしょう。

興味を持った男性が性格の明るいタイプなら、好みのタイプの男性を語る時に「明るくて元気の良い男性」と語る場合も。相手にさりげなく脈ありを伝えたくて、好きなタイプの男性についてうまく語れる女性もいます。

これを言うことにより、自分にとって気に入った男性に気が付いてほしい!という願いを持っているのです。「俺のことかな?」と男性が思ってくれるのを、女性としては期待しています。

この質問を、二人の距離を近づける良いきっかけにしたいと思う女性心理も。でも鈍感な男性の場合は、女性が語っている好きなタイプについて自分だとは気が付かずに、流してしまう場合あるでしょう。

好きなタイプの男性について話す時の女性心理はどんなもの?-2

好みのタイプの男性を語るのが楽しいと思う

人によって好みのタイプは違います。そんな中には、好きなタイプの男性に対してこだわりがある場合もあるでしょう。好きなタイプの男性を語るのを楽しいと感じる場合もあります。

男性相手に好きなタイプを語る時は、イメージを損なわないように気を使っていても、同性相手には気兼ねなく話せる女性も。例えば男性の場合でも、仲の良い友達と好きなタイプの女性に関して語り合って、案外話が盛り上がって楽しい時間を過ごす時もありますよね。実は仲の良い友達は、意外な女性が好みだった…というケースもあるでしょう。

男性に好きなタイプを聞かれて、それを語って男性とのやりとりを楽しむ女性もいるのです。好みのタイプを聞かれるのは、少なくとも自分に興味を持ってくれているから…と思うと、女性としては嬉しい気持ちになる場合もあるはず。

 

好きなタイプの男性を語るのが面倒だと思う

好きなタイプの男性を聞かれて、面倒だなと感じる場合もあります。好きなタイプの男性を語ると、相手は色々な反応を返すことが考えられます。例えば好きなタイプの男性を語ったら、驚かれたり引かれたり喜ばれたりする場合もあるでしょう。

特に相手が眼中にない男性だったら、そうした反応さえも女性から見て煩わしく感じるかもしれません。加えて「〇〇さんはこんな人が好みなんだって」と噂話の種になるケースもあるのです。

こういうことを、とても面倒だな…と感じる女性もいるでしょう。このように好きなタイプの男性を語るのは面倒だと思っている場合は、語った内容が本心ではないケースも考えられます。

女性が楽しそうに語っているからと言って、全てが本心だということは無いのです。慎重で真面目なタイプの女性の場合は、先々のことを考えて語る場合もあるでしょう。

 

まとめ

好きなタイプの男性を語る時の女性心理を理解すれば、語っている内容が必ずしも本心ではないことを理解出来るでしょう。もし片思いの女性が語っていた好きなタイプが、あまり自分に当てはまっていなくても、諦めなければ…と思うのはまだ早い場合も多いのです。

現実に、恋人や結婚した相手が自分の好みのタイプではないという例もたくさんありますよね。相手の好きなタイプの男性については参考程度に聞いておいて、その後にどのようなアプローチをしていくかを、じっくり考えるようにしましょう。

ページ上部へ戻る