告白が失敗した…そこから出来ることは

告白が失敗した…そこから出来ることは-1

好きな人に気持ちを伝える時は、大丈夫だと自信を持って伝えるパターンと、不安な思いと少しの希望を抱きながら告白に挑むパターンがあります。

一大決心をして、相手に告白しても失敗することもあるのが恋ですよね。自分だけの気持ちだけでは、どうにもならないことも。しかし、告白に失敗した後が大切なのです。今回は、告白に失敗した後の取るべき行動についてお話していきましょう。

 

前向きになれることを始めよう

告白に失敗した時は、気持ちの整理をつけるまでに時間が掛かるもの。想いを伝えたことを悔やんでしまう自分がいますよね。やっぱり告白しなければよかったと、何度も自分を責めてしまう人も。自分ばかりを責めても、相手の気持ちが変わることはないのです。失敗したことばかりを振り返っていても、過去を変えることは出来ないもの。

辛い気持ちが落ち着くまで、前向きになれることを始めませんか。好きなことをしている間は、心も落ち着き穏やかになれます。好きなことを始めながら心の整理をしていきましょう。

 

恋は当分の間休憩しよう

無理に恋愛をしようとするのではなくて、自分にとって元気になれることを優先とした日々を送るのも、新しい自分になるための方法です。告白に失敗したと感じると、恋をするのが怖くなってしまう場合もあります。そのため、好きになるという感情がわからなくなる人もいるでしょう。

恋を忘れるには新しい恋をと言いますが、他の女性を好きになれる自分なんて想像がつきませんよね。無理に好きになろうとしても、想われた相手は嬉しくないもの。

気付かないうちに、自分が傷つけている立場になってしまう場合があります。いつの間にか好きになっているのが恋ですよね。次の恋の予感が訪れるまでは焦らずに休憩も必要です。

 

一人で悩まず友人に相談

告白に失敗して立ち直れない時は、一人で考え込まずに誰かを頼りましょう。ショックが強いと、一人だけでは抱えきれない場合も。現実を受け入れたくないと、逃げ出したくなる時もありますよね。

信頼できる人に心の中の悲しみを打ち明けることも、乗り越えるための方法になります。溜め込んでいた思いを吐き出すと、我慢していた感情が溢れ出して心の重荷が軽くなるものです。

気持ちを理解してくれる人がいるだけで、心が救われる時もありますよね。どうしたらいいかをアドバイスしてもらえたり、一緒に考えてくれたりする友人は、かけがえのない存在です。告白が失敗しても、友人の後押しによって良い方法が見つかる可能性も高くなるでしょう。

告白が失敗した…そこから出来ることは-2

恋愛にこだわらない関係もある

彼氏彼女の関係に憧れますが、好きな人に告白しても失敗する時もあります。恋人になりたい思いが強くても、友達のままでいたいと断られるケースは、よく耳にする返事ですよね。しかし、告白が失敗したという事実だけを考えてしまうと、ショックが大きくなりますが前向きに捉えることもできる答えなのです。

恋愛にこだわるのではなく、ここから自分の良さを知ってもらえるチャンスになります。彼氏になれなくても、好きになってもらえる機会はまだあると思うと、前向きになれますよね。自分を磨いて、いつか想われる存在になれる努力をしていきましょう。

 

変わらない態度でいよう

告白が失敗すると、気まずくなるのは自分だけだと思ってしまいますよね。しかし、気まずいのは、告白を断った相手も同じ。どんな顔をして接すればいいのか悩んでいるのです。

ぎこちない様子で接していると、周囲も二人に対して気まずくなってしまいますよね。告白が失敗したという結果が、周りに知られてしまうのも辛いもの。いつもと変わらない態度を心掛けながら、平常心を取り戻していきましょう。恋愛としては結ばれなくても、この関係は変わらないのです。後は自分の気持ちの切り替え次第ですね。

 

好きすぎて諦められないならば

好きな気持ちが強すぎると、告白して失敗しても想いを消し去ることが出来ないもの。再度アピールしたい思いが沸き起こってくる場合があります。一度断られてしまうと、もう一度告白するのは覚悟が必要になりますよね。

二度目の告白は、相手の気持ちがこちらに傾くまでの長めの時間が求められます。しつこく迫ったところで、相手に嫌われてしまうことが予測できます。

好きになってもらうには、受け入れてもらえなかった理由を受け入れること。目標をしっかり持つと、自らが自分自身の変化に気付き始めます。そこから、二度目の告白をするのかを考えたいですね。

 

まとめ

告白を失敗してから学ぶことは多く、愛情の伝え方を考える機会を与えてもらえた貴重な時間です。告白する勇気は、恋をしなければ持てなかった勇気ですよね。

この素敵な気持ちに気付かせてくれた好きな人に感謝をすると、立ち止らずに次のステップへと歩きたくなります。告白に失敗するから恋をしないのではなくて、この経験があったからこそ人の痛みや優しさもリアルに伝わってくるのです。

ゆっくりと心の傷を癒してから、恋する楽しさを感じるその時まで告白をした自分を思いっきりケアして労ってあげましょう。

ページ上部へ戻る