サングラスをかける時の心理にはこんな思いが潜んでいた!

サングラスをかける時の心理にはこんな思いが潜んでいた!

一度はかけてみたくなるサングラスは、カッコよくて憧れますよね。サングラスをかける心理には、男のロマンを感じるものがあります。表情から感情を理解したくても、サングラスで確認できずに心理状態を上手く隠されてしまうことも。

曇り空や暗闇でも、サングラスを外さない人もいますが、何を秘めているのか気になりますよね。今回は、サングラスをかける心理には、どのような思いが潜んでいるのかをお話ししましょう。

 

変身願望がある

サングラスをかける時の心理にはこんな思いが潜んでいた!サングラスをかける心理には、変身願望が込められることがあります。いつもとは一味違った雰囲気に、違う自分に変身した気分が楽しめるのです。服装に合わせて、フレームやレンズのデザインを変えるだけで、注目度が大きく変わる場合もあるでしょう。

イメチェンが楽しくなると、気持ちまで前向きに変化し、性格が変わったと感じる場合も。鏡に映る見慣れない自分の姿に照れますが、生まれ変わった気分になります。

今まで挑戦しなかった服装にチャレンジする機会も増えて、楽しみが広がるでしょう。ファッションアイテムとしても魅力を感じ、いろいろなデザインのサングラスを集めるきっかけになりますね。

 

臆病

サングラスをかける心理は、自分の胸の内を探られたくない思いの表れ。目は嘘をつけずに、感情が表に出やすい箇所として知られています。気持ちを読まれずに隠し通す対策として、サングラスをかけたい心理に。

弱さを知られるのは怖くて、関係が変わってしまうのではないかと不安になるのです。臆病な自分を隠したくて、必要以上に感情を表に出さずに接するでしょう。

自分から話しかける機会が少なく、おとなしく謎が多い存在と思われることも。多く語らず、表情が見えずに不信感が溢れ、何を考えているのかわからないと距離を置く仲間もいるでしょう。

 

強さに憧れている

髪の毛を染めたり、サングラスをかけたりと、少しでも強く見られるようにと外見から変えていく人も。サングラスをかけている姿は、堂々とした雰囲気を放っていますよね。怖さと強さを兼ね備えているように見えるため、憧れて真似したくなるのです。

どんな時でも逃げ出さずに、立ち向かう勇気が欲しくても、相手の迫力に負けてしまうことがあります。周りから自分を守る手段として、強くなりたいと願う場合も。相手と直接目が合う心配もなく、不安から強気な状態でいられるでしょう。

 

心を閉ざしたい時も

サングラスをかける時の心理にはこんな思いが潜んでいた!人間関係は、距離感が難しい時があります。自分の心の中に踏み込まれては困ると、意思表示を込めて、サングラスをかけて境界線を作る場合も。

自分の世界に浸れるスイッチのような感覚で、サングラスをかける人がいます。疲れた時やネガティブな思考が働くと、周囲と関わることが苦痛に感じる時もあるでしょう。

普段よりも内側に籠る様子が見られると、心配になり何度も声をかけたくなりますが、今はそっとしておいて欲しい心理状態に。

視界を遮りたいくらいに落ち込むと、周りの声も届かず悲しみに浸りたい心境です。一人になりたい時もあり、話し掛けてくるまではそっと見守る優しさが求められるでしょう。

 

気付かれたくない

自分だと、周りに知られたくない心境は、隠し事がある証。見られたら困る時に、サングラスをかけたい心理が働きます。気付かれるとバツが悪い状況ってありますよね。

知られたくない秘密を抱えているため、バレないようにとサングラスをかけて、周囲の目をごまかしています。意外と目立つサングラス姿は、すぐ見つかってしまいそうですが、雰囲気が変わるため瞬時に判断がつかない場合も。その場しのぎのプチ変装になりますが、警戒しながらこの状況を楽しむところがあるでしょう。

 

照れた表情を隠したい

恥ずかしがり屋で顔を見られるのが苦手な時は、サングラスをかけたい心理になります。目が合うと、緊張して平常心を保てずに慌てる場面も。

顔が真っ赤になることがあり、本音は顔を全て隠したい心境です。好きな人の前でも照れた表情を隠し、サングラス越しに熱い眼差しを送り続けてしまうでしょう。照れるところを周りの人に見られるのは、ちょっと抵抗があるもの。

カッコ悪いところを隠し通したい感情が強くなります。照れた様子を悟られる前に、サングラスで表情を隠せる準備をしています。一生懸命に表情を気にして隠いますが、恥ずかしい思いが隠しきれずに言葉や雰囲気から照れた様子が感じられるでしょう。

 

まとめ

サングラスをかける時の心理は、状況によりますが雰囲気で感じ取るのがコツに。褒めてもらいたくて、自慢気に近づき話し掛けてくる人もいるでしょう。

表情がわかりにくい状況ですが、無意識に口調や態度に感情が込められています。繊細な性格の持ち主が多く、からかう人の心無い言葉で想像以上に傷ついてしまうことも。

心を開いてくれるまでは、サングラスをかけたままの状態が続きますが、外すことを無理強いせずに個性のひとつとして受け入れたいですね。外見で判断せずに、お互いが本音で語れる関係が求められているでしょう。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>眼鏡を外す心理がはたらくそのワケは?

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る