ドタキャンをする心理はどういうもの?理解しにくいその思い

  • 2017-9-7
  • ドタキャンをする心理はどういうもの?理解しにくいその思い はコメントを受け付けていません。
ドタキャンをする心理はどういうもの?理解しにくいその思い-1

ドタキャンをする心理は、約束を守る人から見ると理解しにくいものです。でも、これから仲良くしていく必要がある時も。ではどのような心理があるのかについて、一緒に考えていきましょう。


スポンサーリンク

当然のように思っている

ドタキャンをする心理はどういうもの?理解しにくいその思い

普段からドタキャンをするのが当然のように思う人もいます。ドタキャンをしても、相手との関係性が悪くならないように、後からうまくフォローできるタイプもいるでしょう。

こういうタイプの場合は、ドタキャンをしても全然平気なので相手に対して悪いという思いを持たないのです。悪いと分かっていれば、ドタキャンばかりしてはダメだな…と分かるはず。

 

ドタキャンが習慣化している

このようなタイプの人はドタキャン自体を、当然のように感じているのです。自分の中で習慣化していますので、今更変える必要は無いと思っているのでしょう。誰かからきつく言われた経験もないので、このままでいいと思っている場合もあるでしょう。

当然のように思っている相手に言い聞かせるのは、なかなか難しいものかもしれませんが、相手とうまくやっていこうと思うのなら、こちらの思いを伝える必要があるでしょう。

 

ドタキャンされた相手の気持ちを想像できない

ドタキャンされた相手がどう思うのか、それについて想像ができない性格の人なのです。でももし自分がドタキャンをされたら、とても怒ったり相手を責めたりするケースもあるでしょう。自分がするのなら構わないけれど、されるのは嫌という自分勝手な人もいるのです。

このようなタイプの人には、一度ドタキャンをされる辛さについて伝えて話し合う必要があるでしょう。

 

気分のままに生きている

ドタキャンをする心理はどういうもの?理解しにくいその思い

昨日まではこうしたかったけれど、今日になって気分が変わったとなると、ドタキャンをすることになるでしょう。つまりは自分の気分のままに生きているのです。気分のままに生きるのが、自分らしさだと思っているので特に悪いことだと思っていない場合が多いでしょう。

 

自分の気分を大切にしている

ドタキャンをする人を見ても、自分と同じタイプかなと思うだけで特に気に留めることもありません。自分の気分のままに生きるのが好きなので、それを崩したくない思いもあるでしょう。

気分屋だと人に言われる機会があっても、それを個性だと考えている人もいます。このため、今の自分を変えたくない心理もあるのでしょう。

 

束縛されたくない

こういう人は、他人から説教されたり諭されたりするのをとても嫌います。つまりは束縛されたくないのです。ドタキャンを平気でするのも束縛から逃れたい思いがあるためでしょう。自由でいたいという思いがあるので、当日の気分を大切にするのでしょう。

でもこちらとしては責任感がないように見えて「それなら約束をしなければいいのに…」と思ってしまうこともあるでしょう。多少の束縛については求める人はいても、過度な束縛を嫌う人は多いです。でもドタキャンについては、過度な束縛ではない場合も多いのですがこれについて不快になってしまう場合もあるのでしょう。

 

全体的にルーズ

ドタキャンをする心理はどういうもの?理解しにくいその思い

服装がだらしない、金銭感覚がずれているという人はドタキャンをする場合が多いでしょう。自分にとってはこれが普通なので、変える必要は無いと思っているのです。

全体的にルーズなので、約束に対してももちろんルーズに。待ち合わせをしても遅刻をしてくるのが、当然の場合もあるでしょう。例えば30分前に約束をしておくぐらいで、ちょうど良い時間に来るかもしれません。

 

相手のペースを見ている場合も

相手のペースを見て遅刻を当然のようにしてくるのなら、こちらも遅刻をするようにするか、わざと早い時間を相手に伝えるようにした方が良いでしょう。

特にグループでどこかに行くとなると、こういうタイプはとても迷惑をかけることになってしまうのです。旅行に行く時などは、1時間ほど早い時間を伝えておいた方が良いかもしれません。それでも当日1時間以上遅れてきて、なんとか皆に迷惑をかけずに済むような場合もあるでしょう。

自分のペースを中心しにているのですが、相手ペースを見て「このグループなら、多少遅れてもいいかも」と思うようなこともあるのです。これについては事前に理解をしておくようにして、遅刻をしないように相手に念押しをしておくようにしましょう。

 

ルーズな性格は直りにくい

今までルーズな性格でうまくやってきたので、急にルーズな性格を直すのは難しいでしょう。誰かから厳しく言われても、その時は謝っても気にしていないケースがほとんどなのです。

ルーズな性格を直すには、根気よく相手に伝えるようにしたいですね。というのもルーズな性格のままでは、今後困るのはその人自身なのです。相手のためを思って心を込めて伝えるようにすることで、少しはこちらの話を聞いてくれるようになる場合も。

 

お人好し

ドタキャンをする心理はどういうもの?理解しにくいその思い

実はお人好しの性格の場合も、ドタキャンをすることになるのです。例えば誰かと最初に約束をしていた場合でも、誰かから「今日話を聞いてほしい!」と連絡があると、断われないのしょう。

最初に約束をした方を優先するのが普通ですが、後から言ってきた方がなんだか大変そうだと、断れない場合が多いでしょう。ある意味優しい性格の場合もあるのですが、ドタキャンをされる側としては辛い思いをしてしまいますよね。

 

お人好しと優しいは違う

「お人好し」と「優しい」は違うので、それについては伝える機会を持つようにしましょう。お人好しの性格の場合は、表面的なものを信じてしまう純粋さがあるのです。このためついドタキャンをしてしまうのでしょう。

理由をきちんと伝えられたとしたら、ドタキャンを受け入れるしかないかな…と思う気持ちもありますよね。でもこれは優しさではなく、優柔不断なだけの可能性もあるのです。

これについて、相手に対して伝えるようにすると「そうかもしれない」と自分自身を見つめ直すようになる可能性があります。

 

自分を最優先している

ドタキャンをする心理はどういうもの?理解しにくいその思い

どんな時でも自分を最優先する人もドタキャンをします。好きな人が出来ても目上の人でも関係なく、自分が最優先というタイプはドタキャンをするのが当然になるでしょう。

何よりも自分を優先したい思いがあるので、他の人の優先順位がかなり下になるのです。自分には甘く人には厳しくする場合もあるでしょう。でももしそうしたとしても、理解してくれる人がいるため、そのままで生きてこられた人もいます。

 

人を優先することを意識させる

「それは良くないことだよ」と言ってくれる人がいれば、今とは違う自分だったかもしれません。心の中では、これでいいのかな…と思わなかったわけではない場合もあるでしょう。そのためこういう相手に出会った時には、人を大切にしてこそ自分は幸せになれるものだと教えてあげると良いでしょう。

時には人を優先することも必要だと伝えると、その言葉をきっかけに考えをあらためるケースもあるのです。

 

まとめ

ドタキャンの心理は自分のペースを守りたい場合が多いでしょう。自分のペースを守りたいのは分かるのですが、約束は相手があってするものですよね。

一人で好きな場所に行くのならスケジュールは自分で立てればいいのですが、約束をするというのはそういうものではないということを、出来るだけ早い段階で理解する必要があります。その方が相手のためでもあるため、相手に対して穏やかにドタキャンについて「出来るだけしない方が良いと思うよ」と伝えるようにしてみましょう。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>飲みすぎる人の心理的な原因と対策について


スポンサーリンク

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る