よく笑う人の心理について…どのような思いがあるの?

  • 2018-10-27
よく笑う人の心理について…どのような思いがあるの?

よく笑う人の心理には、こちらが想像している以外のものも。では今回は、よく笑う人の心理について、どのような思いがあるのかを一緒に見ていきましょう。

 

笑顔でいるように心がけている

よく笑う人の心理について…どのような思いがあるの?

普段から、できるだけ笑顔でいるように心がけている人も。できるだけ笑顔でいたいと思っているので、人から見ると「あの人はよく笑うね」と思われているのです。

 

自分を励まそうとしている

本当は元気が出なくて笑うことなんて無理…と思う時でも、自分を励ますために笑うような心理もあります。

自分を励ましたい、このためには落ち込んでいるのではなくて笑顔でいるようにしようと、自分なりに決めているのでしょう。

笑うことで、自分自身も元気が出てくるような時がありますよね。これを理解しているので、よく笑うようにしている人もいるのです。元気の出し方は人により様々。このひとつが笑うこと、という人もいると理解しておきたいですね。

 

笑顔が一番魅力的だと思っている

笑顔でいる自分を一番魅力的だと思っているので、よく笑うようにしている人も。実際に多くの人は、笑顔が一番似合う、笑顔でいるのが一番素敵だと思われやすいですよね。

自分でもこれを理解しているので、笑顔でいるように心がけているのです。笑顔でいる自分に対して、人から褒められた経験を持つ人も。

笑顔でいると、自分らしくいられると思う場合にも、笑顔でいようとするでしょう。笑顔が一番魅力的だと自分で思うので、自撮りをして楽しむような人もいるのです。

 

よく思われたい

人からよく思われたいので、笑顔でいるような人もいます。笑顔でいると人からよく思われると信じているのでしょう。

つまりは好感度を高くしようと思い、笑顔でいるのです。周りから感じの良い人だと思われると、この場の空気も良くなりますよね。

でもこれだけではなくて、自分にとって居心地の良い空間になるケースもあるのです。自分にとって、その場所を素敵なものにしたいと思うので、笑顔でいるように心がけるケースも。

ムスッとしていると、この場がなんだか居心地が悪く感じる時もあるはずです。

 

ストレス発散をしたい

人によってストレス発散の仕方は様々。例えばよく笑うようにすれば、ストレスが発散できるような人もいるのです。

 

辛い時ほど笑うようにしている

辛いなぁ…と落ち込んでしまいそうな時ほど、笑うようにしている人もいます。辛い気持ちのままでいるよりも、笑うようにすると心がスッと楽になるように感じるのでしょう。

自分にとってのストレス発散は、やはり笑うことだと思う人は、できるだけよく笑うようにしているのです。

泣くことによりストレス発散ができる人もいれば、音楽を聴いて気持ちが楽になる人など。

ストレスを軽減させる方法は人により違うので、色々と試してみると自分に合うストレス発散法を見つけられるはずです。

 

笑って忘れてしまいたい

嫌な出来事があったけれど、これについていつまでも悩んでいたくない。このためには、できるだけ笑って忘れてしまいたい思いがあるのです。

いつまでも悩んでいても、前には進めないと考えるので、できるだけ早く忘れるためにも笑って忘れるようにする人もいるでしょう。

笑うだけでは忘れられないくらい深くて辛い内容の場合は、親しい人と笑顔でお酒を飲むような機会を持つ場合も。

自分の中にある辛い思いを、よく笑うようにして無くしてしまいたい、こう思う時はほとんどの人にありますよね。

 

大丈夫かどうか試したい

笑っている自分を見ると、まだ今の状態ならなんとかなると思う時も。本当に辛い時には、笑うことさえできないものです。

でもまだ人と話しながら笑えていると自分で感じて、これなら大丈夫だと思うのでしょう。

穏やかな気持ちでいられるためにも、笑っていたいと思う気持ちも。でもこれが本当にできるのかどうか、自分自身を試したいと思う時もあるのです。

笑うことさえできない…という状態になっていないかどうか、こうなる前には自分なりに行動をしないと!と思うので、先に試しておきたい思いがあるのでしょう。

 

笑うのが習慣になっている

よく笑う人の心理について…どのような思いがあるの?

よく笑うのが、普段から習慣になっている人もいます。「笑っていない〇〇さんは、想像できない」と言われるぐらいに、よく笑う人がいますよね。これは、習慣や癖になっている場合があるのです。

 

笑うとNGの場面で笑ってしまう時も

こういうタイプの人は、ここでは笑うとNGと周りが思う時でも、笑ってしまうのです。自分でコントロールしたい思いがあっても、これができないのをもどかしく思うでしょう。

どうして、ここで笑ってしまうのだろう…というところで笑うのは、照れ屋の性格の場合もあります。

笑ってなんとかこの場を切り抜けたい、こう思うので笑うのですが周りからみると不真面目な性格のように取られるケースも。

笑ってなんとかしたいと思っても、まずは言葉で相手に誠意を伝えるようにしましょう。言葉を考えているうちに、笑わずに済む可能性もあるのです。

 

癖を直そうとしている人も

よく笑う自分に対して、できれば直したいと考える人も。なぜよく笑うのだろう?と自分でも思うのですが、周りに親しい人がいるとつい嬉しくて笑ってしまう心理もあるでしょう。

プライベートならいいのですが、ビジネスなどではそれは通用しませんよね。笑うことにより、相手に失礼になってしまうケースもあるのです。

これに対して、自分でもミスをしてしまった…と感じて、よく笑う癖をなんとか直したいと、自分で思う人もいます。

緊張から笑ってしまったり、現実逃避がしたくて笑ってしまったり。様々な例があるのですが、状況や場面によっては笑ってしまうと、自分や周りにとってマイナスになるケースもあるのです。

 

まとめ

よく笑う人の心理について、すぐに怒る人よりもやりとりがしやすいと思われる場合もあるでしょう。

でも自分では、このままでは嫌だなと思っている人もいるのです。よく笑うことで、楽しくて明るい人だなと好印象を持たれる場合も。

でも逆に、なんだか軽くて真剣さを感じないと思われてしまうケースもあるのです。それぞれの場面により、うまく笑えるように工夫をしていくのが必要になると言えるでしょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね!

>>>笑ってごまかす時の心理について見てみよう!

ページ上部へ戻る