独り言の心理に隠された気になる5つのこと

独り言の心理に隠された気になる5つのこと-1

考え事をしている時に、言葉に出して呟いてしまうことがあります。周囲に独り言を指摘されて、ハッとして気付いた・・・ということはないでしょうか。自分では脳内で考えているつもりでも、独り言として呟いてしまうのは、心理的に問題があるのかと気になりますよね。

ボソボソと呟く独り言は、良い考えが浮かぶこともありますが、周囲には何と言っているのかがわからないので、変な目で見られてしまうのが辛いところです。この独り言の心理は、どのような状態の時に呟いてしまうのでしょうか。今回は、気になる独り言の心理についてお話しします。

 

独り言の心理はストレス解消の一つ

誰もいない部屋でテレビに向かって話し掛けてしまう、物を失くした時に一人で呟きながら探しているなど・・・。思わず声が出てしまう独り言は、ストレス発散のために無意識に行っていることがあります。

言葉を発する機会が少ない時や、一人で黙々と作業をするような時は、無意識に言葉を吐き出したくなるものです。一言でも声に出すことで、ストレス解消に繋がります。気を抜いている時に、独り言が出やすいとも言われていますが、今の感情を呟くことで心の負担を少しずつ減らしているのです。しかし、周りに人がいる時は迷惑になりますので、周りを意識することも必要です。

 

自分自身を落ち着かせるため

独り言の心理は、自分自身を落ち着かせるためだと言われています。あまり気が乗らないことを行う時や緊張しすぎて困った時に、独り言を呟いてしまうことがありますよね。自分の心の中だけでは、抱えきれない極度の不安や緊張は、溜め込み過ぎるとストレスになってしまいます。

無意識のうちに、自分の限界を吐き出す効果が独り言なのです。独り言でも、気付いたら自分に向かって「大丈夫」と言い聞かせている時があります。緊張感が高い時の自分の言葉は、とても信じられる強い言葉に聞こえますよね。独り言は外に吐き出すだけではなく、自分に勇気をくれる言葉として伝わるでしょう。

 

独り言の心理は一人が寂しい時の表れ

年齢を重ねていくと、独り言が増えると言うことを耳にしますよね。一人になる機会が増えると、話し相手がいなくなるため独り言が増えてしまうため必然とも言えるでしょう。言葉を発することは、周囲に迷惑がかからなければ、決して悪いことではありません。ペットに話し掛けてしまうことも、変ではありませんよね。

人は寂しいと感じた時に、耐えられなくなると独り言を呟く傾向があります。日頃からストレスを溜めない生活を意識することがポイントです。友達にLINEやメッセージを送って、適度にコミュニケーションをとるように心掛けましょう。

独り言の心理に隠された気になる5つのこと-2

独り言によって悩みが解決することも…

必死で悩んでいる時に、思わず独り言を呟くことがあります。意識が悩み事に集中しているため、周りを気に留めることもなく、自分の世界に入り込んでしまうのです。

自分の世界に入り込んでしまうと、思いがけない発想に辿り着くことが…。突然仕事の企画が思いつくことや悩みの解決策が見つかると、独り言を呟くことも悪くはありませんね。気持ちを整理する作業にも、独り言は一役買っていると言えるでしょう。だからと言って、どこでも呟いていいとは言えませんよね。時と場所を考えて、集中して物事を考える時間を作るように気を付けることがコツになります。

 

心の叫びはSOSの可能性

独り言の心理は、周囲に自分の存在を気付いて欲しいと言う、SOSのサインの時があります。人見知りやコミュニケーション不足の人に多く見られる傾向なのですが、人前で呟くことで誰かにこの気持ちを伝えたいという願望を表現しているのです。

直接話し掛けてくれればいいのに…と思いますが、恥ずかしくて話し掛けられないため、近くで独り言として呟いてしまいます。ちょっと面倒な人と見られてしまうので、周囲も関わらないように距離を取ってしまいますよね。この心のすれ違いが、さらに独り言を強化する事態に発展させてしまうのです。話しやすい環境を作り出すためには、こちら側から話しかけてあげる習慣を作るのが対処法になります。話すことが慣れてしまえば、独り言を呟かずに直接伝えてくれるようになるでしょう。

 

まとめ

聞き取りにくい独り言もあれば、大きく周囲に向かって呟く独り言まで呟き方法はたくさんあります。無意識に言葉として吐き出してしまう気持ちは、あなたの心のストレスがMAXになっている証でもあるのです。

最近独り言が多くなったと感じた時は、疲れていることもありますので、生活習慣を見直す努力や適度なストレス発散を行うように心掛けていきましょう。一人暮らしの生活が長くなった時は、実家に帰る日を定期的に増やすことも独り言の減少に繋がります。

心の負担を減らすには、一人で不安や悩みを抱え込まないことです。辛いと感じた時も、溜め込んでしまうと苦しくなってしまいますよね。一人で解決しなければいけなくても、どうしても無理だと思った時は、周囲に打ち明ける勇気を持つことが必要です。

ページ上部へ戻る