目をそらす心理で考えられる5つのもの

目をそらす心理で考えられる5つのもの-2

目をそらすという心理には、何か相手の気持ちが隠されているようで気になりますよね。目をそらされた側から見ると、悪いことをしてしまった心理状態になることもあり戸惑うものです。

反対に、目をそらす側の心理はどのような状態なのでしょうか。お互いの気持ちがすれ違っている場合があり、相手の気持ちを読み取るのは難しいですよね。今回は、目をそらす時の心理についてどんなことが挙げられるのかを探っていきましょう。

 

緊張している

緊張すると目が泳いでしまったり、ドキドキが止まらなかったりしませんか。周囲を見渡した時に、思わず目をそらすという心理が働くことがあります。あまりに緊張し過ぎてしまうと、この場から消えてしまいたいと思ってしまう時も。

心の中の葛藤を繰り返していると、周囲との目線を合わせるのを避けたくなりますよね。ドキドキする気持ちを周りに悟られるのは、さらに自分自身が緊張の渦にのまれてしまう事態になりかねません。

少しでも冷静になれるようにと、心の中のもう一人の自分が起こしてしまうのが「目をそらすこと」です。緊張している相手の様子を見て目が泳いでいるように見えた時は、こちらもあまりじっくりと見るようにせずに、温かい心で見守ってあげたいですね。

 

自信がなくて気まずい

目をそらす心理で考えられるものと言えば、自分に自信が持てないことが挙げられます。相手の目をまっすぐ見て自分の意見が言える人は、意思をしっかり伝えたいという思いが感じますよね。

でも目をそらすという心理は、自信のなさや気まずさが垣間見られる行為と言えるでしょう。誰かに不確かなことを伝えるのは不安になりますよね。この気持ちが目に現れて、視線を合わせることが出来なくなってしまうのです。

確信が持てない時や、ごまかしたいとの思いが強くなると無意識に反応してしまうもの。偽ることが出来ない、自分に正直な心の持ち主の可能性は高いでしょう。

目をそらす心理で考えられる5つのもの-1

照れ屋を隠したい

目をそらす心理には、見られている恥ずかしさや、どのように対応したらいいのかがわからないという気持ちが伺えます。照れ屋でも上手く表現出来ない場合は、話している側に不快な表情として受け取られてしまうケースもあるでしょう。

不愛想だと自覚していているからこそ、自分に苛立つという人もいます。その感情の流れから、不愛想で不機嫌なオーラを作り出してしまうのは、目をそらす心理に繋がっていることも。相手が視線をそらしながら不機嫌になっても、前後の会話を汲み取って、柔らかい気持ちで次の会話へシフトチェンジしていきましょう。

 

期待を持たせないため

異性が目をそらすという心理は、やはり気になってしまいますよね。好意を抱いてくれたら嬉しいですが、すべてをプラスに捉えてしまうのは少しリスクがあります。好きな人に対して見つめてしまうのと比べて、見つめてしまうほど好きな人が目をそらすことが多くなっているかをチェックしてみましょう。

嫌そうに視線を合わせないようにしているのであれば、残念ですが好意がないというアピール。相手も意識しながら、嬉しそうに見てくれる雰囲気を感じた時は、好意を持っている可能性が高くなります。心理を探りたい時は、好きな人の表情をよく確認するのがポイントですね。言葉にするのが難しい分、態度で示すこともありますので、目線や表情は細かくチェックして気持ちを読み取りましょう。

 

程よい距離間を保ちたい

目をそらすという心理には、パーソナルスペースを意識することがあります。相手との立ち位置が近すぎると感じると、自然に一歩後ろへ下がってしまうこともありますよね。

他人が自分に近づいて不快に感じる距離というものがあるのですが、慣れない人や職場や見知らぬ人との距離感は、120~350センチ以上離れて接したいと思ってしまいます。

親しい人には密着して安心感を得たくなりますが、目をそらされた場合は自分が親しいと感じていただけで、相手にとっては距離感が欲しい存在の可能性が考えられるでしょう。

親しき仲にも礼儀ありといいますので、もう少し控えた接し方を心掛けていくと、相手との距離感の相違にも気付きます。

コミュニケーションは近すぎても上手くいかない時もあれば、遠すぎても上手くいかないこともあって難しいものですよね。周囲の接し方をよく見て、同じようなラインで合わせていくことがコツになります。

 

まとめ

目をそらすのは心理的に、好きでも嫌いでも視線を合わせない人を意識している証になります。どんな感情を抱いているかを知ることによって、受け止め方や今後の接し方にも影響が出てくるでしょう。でも相手から良く思われていない証だと思い込んでしまうと、落ち込んでしまう場合も。

心のすれ違いは感情の受取り方の違いですから、歩み寄れる良い機会だと思うようにしましょう。好きな人には、自分に好感を持ってもらえる機会、周囲からはもっと話しやすく頼もしいと思える存在になる試練の期間だと切り替えていくと、自然にポジティブになれます。

ちょっとした変化で、付き合い方や雰囲気が大きく変わることも。自分で勝手に思い込むのではなくて、相手の態度や雰囲気をよく観察して上手く接していきたいですね。

ページ上部へ戻る