すぐキレる人をキレさせない上手な関わり方

すぐキレる人をキレさせない上手な関わり方-1

身近にちょっとしたことですぐキレる人がいると、いつもビクビクしながら相手の行動を伺ってしまいますよね。どうしてこんなことで、キレてしまうのかがわからないと言う人もいるでしょう。怒りのスイッチは人によって違いますが、溜め込むことができない場合は、その場で感情的になってしまいますよね。

言われた通りに動いても、納得してもらえずお手上げ状態になることも…。なぜ、いつもキレられてしまうのでしょうか。それは、相手の特徴を理解していないことが考えられます。特徴を知れば、クセのある人とも上手く関わることができるのです。今回は、すぐキレる人の対策を一緒に考えていきましょう。

 

聞き流すことが大切

理不尽なことで、すぐキレる人もいますよね。明らかに非がない人に向かって、当たり散らすようなキレ方をされると、周囲まで気分が悪くなってしまいます。しかし、こういうタイプの人は、意外にも自分が理不尽なことを言っていることに途中で気付くことがあるのです。わかっていても後に引けなくなってしまうので、キレた後に気まずくなってしまうことがあります。思わず反論したくなりますが、相手の立場も理解してあげるのも、優しさの一つです。

こんな時は、聞き流してその場を乗り切りましょう。真剣に聞き入ってしまうと、途中で何のことについてキレているのかがわからなくなってしまい、話の整理をするのも大変ですよね。聞いているフリも時には必要です。

 

ストレス発散でキレることも…

いきなり怒り始めたと思ったら、すぐいつもの雰囲気に戻るのが気の短い人には見られます。その変わり様に、どうしたらいいのか戸惑ってしまいます。感情を吐き出すと、スッキリし感情が落ち着きますよね。このように、自分では気付かずにストレス発散をしているのです。

ひどくなると、ただ当たっているだけにしか見えなくなりますよね。相手にしていると気持ちが疲れて凹んでしまいますので、周囲に相談して関わらない選択も考えておく必要があります。あなたに対して、言いやすいからと言う理由も考えられますが、相手にしないで距離を置くように心掛けましょう。

 

すぐキレる人の言いたいことを理解する

伝えたいことが相手に伝わらないため、つい感情的になってしまうと言うのが、すぐキレる人から耳にすることがあります。確かに、伝えたいことが相手に理解されないとイライラしてしまいますよね。いつも否定されることを言われてしまうと、嫌われているのかと思ってしまいますが、本当に嫌いな相手には言葉すら掛けたくないものです。あなた以上にすぐキレる人も、もどかしさを感じていると言うことを忘れてはいけません。

伝え方の問題なのか、相手の理解力のなさが問題なのか…。これは、お互いの意思の疎通が出来ていないことが原因ですが、職場の上下関係の中で仲良くなると言うのも、時間が必要になってくるものですよね。相手に対して歩み寄る姿勢が、キレさせない人間関係を築く近道になるでしょう。何を伝えようとしているのかを、見抜くことが求められます。

すぐキレる人をキレさせない上手な関わり方-2

知識をしっかり教えてもらおう

すぐキレる人は、自分の描いている通りに物事を進めていかないと、ストレスが募ってしまいます。その過程が、決して効率的ではなくても、自分のやり方を基準としていることがありますよね。しかし、そこまでのこだわりを持っているのは、知識と経験があってこそではないでしょうか。

あなたが納得できない場合は、理解できるまでとことん話し合ってみるというのも一つの関わり方になります。お互いが納得することで、相手が怒る理由も見えてきますし、同時にキレさせないコツも身につくでしょう。あなたを見込んでいるからこそ、熱が入ってしまうとプラスに捉えることも乗り切る秘訣です。

 

言われる前に先に言葉を発してみる

付き合いが長くなると、すぐキレる人のスイッチが入る瞬間がわかるようになってきますよね。何かのタイミングで、そろそろスイッチが…と感じた時に、先にその件について言及してみませんか?

第三者が原因であれば、その相手に対して言いそうな言葉を…。あなたのミスが原因であれば、自分に対して怒りをわかりやすく表現してみると言うのもありでしょう。違う人がキレている姿を見るとハッと我に返り、怒りの感情が抑えられるはずです。言いたかったことを、周囲が代弁することで怒りも頂点まで達することなく、感情の波も安定します。今後の態度にも変化が期待出来るでしょう。

 

まとめ

人間関係は、一方的過ぎても上手くいきませんが、相手の行動を理解することも円滑にするポイントになります。嫌だから避けようとしても、いつかは向かい合わなければいけない時も訪れるのです。

すぐキレる人とはあまり関わりたくないですが、あなたの行動を変えるだけで状況も変わっていきますよね。自分に非がないと思っていても、気付いていないだけと言う可能性も捨てきれません。なぜ言われてしまうのかを改めて考えることで、あなた自身の成長へと繋げていきましょう。

ページ上部へ戻る