彼女にイライラしてしまう…と思った時の5つの対処法

彼女にイライラしてしまう…と思った時の5つの対処法-2

付き合っていると、彼女にイライラすることがありますよね。まだ付き合い始めた頃は、こんな気持ちになることはなかったのに…。我慢しなくてはと思っていても、溜まってしまったイライラはストレスへと変わってしまいます。

お互いが慣れてきた証なのかもしれませんが、彼女に伝えたところで、険悪なムードになってしまうだけですよね。今回は彼女にイライラした時の対処法についてお伝えします。

 

イライラを予測しておく

付き合いが長くなるにつれて、イラッとするタイミングもなんとなく掴めるようになりますよね。彼女にイライラする前に、事前に阻止してしまいませんか。

気になる行動や発言を言わせないように、いつもとは違う問いかけや行動パターンを用意しておくと、彼女の行動や発言も気にならなくなります。

こちらが気に掛けた行動や言葉を投げかけるので、気を使うという意味では負担に感じることもありますが、慣れるまでの辛抱です。コツが掴めれば、考えなくても予測が可能になり少しでもイライラを回避することができるでしょう。

そろそろ来るかな…と感じた時に、その場を離れるのも対処法のひとつになります。相手のイライラを予測しておく能力は意識すれば持てるもの。

 

彼女の良い所を思い出す

一つ嫌な所が見えてしまうと、どうしても相手の悪い部分ばかりを見てしまいますよね。そんな時は、彼女の良い所を思い出してみましょう。

少しの時間でも彼女の良い所を考えるだけで、嫌な部分の割合が小さく感じるもの。眉間のシワも緩んで、相手をみつめる眼差しも柔らかくなれるでしょう。嫌だと思ってしまうと、どうしても良い所がかき消されてしまいます。

悪い所もありますが、見直すと良い所もたくさんありますよね。彼女の良い所を一つでも多く見つけ出すことで、イライラすることを抑えられるヒントになるでしょう。良い所を見つけ出そうと無理をする必要はありませんが、自分の中で、彼女のここが好き!と思う面があれば、イライラする気持ちを抑えることが可能になるのです。

 

友達に相談をしてみる

彼女にイライラしてしまったら、友達に相談をしてみませんか。彼女に対してイライラする自分…それについての悩みは、友達に話すのが一番の対処法だと言えるでしょう。友達に聞いてもらうだけでも、心がスッキリしますよね。

でもあまり彼女の愚痴を友達に言うのは、ちょっと気が引ける…という男性もいるでしょう。ところが心の悩みを吐き出してしまうと、聞いてもらって良かったと思える時が多いのです。元気をもらえることで、彼女との関係もギクシャクしないで保てる場合も。

彼女と二人で過ごす時間も大切ですが、友達との時間も貴重なものです。よく理解してくれている相手だからこそ共感してくれる存在は、本当にかけがえのない大切なものですよね。

悩んでいる内容を理解してくれて、とても的確なアドバイスをしてくれる友達なら、イライラした気持ちを溜め込む前に、友達に話を聞いてもらうとイライラを軽減できるようになるでしょう。

彼女にイライラしてしまう…と思った時の5つの対処法-1

距離をあけて考えてみよう

近くにいすぎてしまうと一緒にいることが苦痛に感じて、訳もなく彼女にイライラしてしまうことがありますよね。ついキツイ言葉をぶつけてしまい後悔することも。

でもどうしようもない苛立ちを、相手にぶつけても意味がありませんよね。イライラを軽減させるために、彼女から少し離れてみましょう。近すぎて気付かなかったことが、離れることによって見えてくることがあります。

一緒に居られない寂しさから相手を想う気持ちに気付き、大切さを実感することもできるでしょう。離れてみなければわからなかったことは、嫌な思い出ばかりではなくて良い思い出ばかりのことに気付いた時、やはり彼女以外の女性は考えられない!と真実にたどり着けるのです。

 

素直に諦めると楽になることも

どうしても許せないことや、彼女にこれだけはやめて欲しいと思うことは、思い出すだけでもイライラしますよね。相手に告げても全く変わる気配がないと、イライラ度がMAXになることも。でもこんなに苛立っているのは自分だけだと思うと、虚しくなる時があるでしょう。

育った環境が違いますので、価値観が違う部分があるのは仕方がないことですよね。それでも彼女と一緒にいたいと思うのであれば、多少の歩み寄りは仕方がないことなのかもしれません。一部にこだわるよりも、それも個性だと思い直すことで、気にならなくなってくることも。

彼女のイライラする部分を直したいところですが、無理に直そうするからこちらが疲れてしまうのです。嫌な部分を見ないようにするだけでも、気持ちは楽になります。

諦めるまでに、自分の中で葛藤があるかもしれませんが、これも愛情表現のひとつではないでしょうか。相手の嫌な部分を受け入れることで、2人の関係が上手くいく場合は多いのです。少しずつの歩み寄りが、彼女の気になる部分を変えさせるきっかけになる可能性もあるでしょう。

 

まとめ

彼女にイライラする時は喧嘩になることもありますが、でも怒ってばかりいると彼女の心も折れてしまうかもしれません。強そうに見える女性でも精神的に弱い場合もありますので、彼女を責めてしまうのはあまりいい方法ではありません。

これからも仲良くいるためには、イライラすることがあっても気にしないように、違う方向へ目を向けてみましょう。心を広く持とうと思ってもすぐには持てないかもしれません。でも少し意識をするだけで、自分自身が良い方向に変わる場合もあるのです。それが自分自身の成長にもつながっていくでしょう。

相手からイライラさせられている…と被害者のような気持ちになるかもしれませんが、もしかしたら彼女もこちらに対してイライラしている場合もあるのです。

自分だけがイライラしていると思わずに、相手の気持ちを少しずつでも理解してみるようにしましょう。お互いに何でも話し合える関係でいられると、イライラを最小限に抑えることも可能になります。相手のせいばかりにせずに、自分自身を見つめ直すようにすると、お互いの気持ちがより近いものになるでしょう。

ページ上部へ戻る