好意を伝えるのが苦手…そんな時の5つの解決法

好意を伝えるのが苦手…そんな時の5つの解決法-1

好意を伝えるのは難しいですよね。ほとんどの人が好意を伝えるのを苦手だと思っているでしょう。例えばカップルならば、好意を伝えるのもスムーズに出来る人は多いですが、片思いや自分の気持ちや意見を相手に伝えるのが苦手という人にとっては、どんな関係でも、好意を伝えるのをとても難しく感じるのです。

そこで今回は好意を伝えるのが苦手な時に試してほしい解決法をご紹介していきます。好意を伝えるのは苦手、でも伝えたほうが良い時もありますよね。好意は相手に感じ取られていたとしても、しっかりと伝えてほしいと思うものでもあります。

片思いにしろ、恋人にしろ、好意を伝えるのはとても大切なコミュニケーションですから、苦手意識を克服して、自分の素直な気持ちを伝えていきましょう。

 

自分の伝えたい気持ちを整理してみる

好意を伝えるのが苦手な人は、そもそも自分の気持ちが整理出来ていないという場合があります。例えば好意を伝えるのではなくて、何か話をしたり説明をしたりしたいのに、なかなか上手く相手に伝えられない人も。

その人は自分の伝えたい内容が、頭の中で整理が出来ていないからこそ上手く伝えられないとも言えるのです。何かを伝える場合でも、好意を伝えるという目的でも、まずは自分の伝えたい気持ちを整理してみましょう。

整理というと難しく感じるかもしれませんが、好意ってなんだろう?と考えてみると、とてもシンプルなもの。好意を表す言葉は本来とてもシンプルです。自分がどんな気持ちを伝えたいのか、そう考えると複雑なのですが、どの表現が一番的確なのかを考えてみると、何を伝えたいかが自分の中で見えてきます。そして好意を伝えることが楽に出来るはず。

 

手紙にして渡してみる

手紙にして渡してみる方法も、好意を伝えるのが苦手な人にはオススメです。手紙を書いたり渡したりするのも緊張してしまうものですが、渡してしまえば自分の好意を伝えることが出来ますよね。

渡すまでが難しい…という意見はよく耳にしますが、それは勇気を持って頑張ってみてください。好意は伝えるべき時に伝えないと、伝えるチャンスをずっと逃してしまったり、後悔してしまったりする恐れがあります。

好意を伝える手紙を書いたなら、口で好意を伝えることが出来ない分、手紙をしっかりと渡してみましょう。

手紙は手書きですから、読み手からすれば心が温まる感じがして好意が伝わりやすいアイテムでもあるのです。好意を伝えるのが苦手で喋るのが苦手…そんな人は自分の気持ちや好意を手紙に綴り渡してみましょう。きっと素直な好意が伝わります。

 

電話で伝える

好意を伝えるのが苦手な人の中には、面と向かって伝えるのが恥ずかしい…という人もいますよね。確かに相手を実際に前にしてみると、恥ずかしくなってしまうもの。緊張してしまって好意を伝えるのが難しくなってしまうこともあるでしょう。

そんな場合には、電話で好意を伝えてみてもいいですね。電話でも緊張はするものですが相手の顔を直接見ない分、落ち着いて好意を伝えることが出来るはずです。

好意を伝えると決めたからには、絶対に伝えないと後悔してしまいますから、面と向かって好意を伝えるのが苦手な人は、電話で好意を伝えるようにしましょう。

shutterstock_572240788

「伝えたいことがある」と前もって相手に宣言しておく

好意を伝えるのが苦手な人の多くは、勇気が出ないという理由から好意を伝えられない場合が多いですよね。好意を伝えるのは、勇気が必要な行為です。でもその勇気がないと、好意が伝えられないというのも当然と言えるでしょう。

そこで、先に思い切って相手に伝えたいことがあると宣言をしてみましょう。好意を伝えるのが苦手な人にとって、先に相手に伝えたいことがあると宣言をするのも、勇気が必要なものです。

でもストレートに好意を言葉に表しているわけではないので、そこは思い切って宣言をしてみましょう。相手に宣言してしまった以上、好意を伝える必要が出てきますよね。この勢いで好意を伝えることが出来るはずです。勇気を持って宣言をして、好意を伝える準備を整えていきましょう。

 

体で表現をしてみる

好意を伝えるのが苦手な人の中にはどんな方法を試してみても、言葉で伝えるのは無理…!と思ってしまう人もいるでしょう。言葉で表すのは確かに勇気が必要になります。日頃から気持ちを表すのが苦手な人にとっては、好意を伝えるのはハードルが高すぎる…と思ってしまう気持ちもあるでしょう。

そんな場合は、体で表現をしてみる方法があります。それは誰にでも出来るわけではなくて、恋人限定にもなってしまいますが、恋人に日頃の気持ちや好意を伝えたいのに伝えられないという場合には、思い切って抱きしめてみたり、キスをしてみたり…それだけでも好意を伝えることが出来ますよね。

恋人じゃない相手に体で好意を伝えるのは難しいですが、例えばプレゼントを用意してみたり、スキンシップをしたりして好意を見せることは出来ます。言葉では好意を伝えるのが難しい…そう思った場合には、言葉ではなくて別の方法で好意を伝える方法を考えてみましょう。

 

まとめ

好意を伝えるのが苦手な人にとって、どんな方法でも好意を伝えるのはハードルが高いと感じるもの。でも好意を伝えたいと思う相手がいるなら、そんなハードルも勇気で乗り越えて好意を伝えたほうが良いでしょう。

伝えないのは簡単ですが、伝えないままでは現状維持、またはカップルの場合には相手が不安に思い関係がこじれてしまう場合も。好意を伝えるのはとても勇気が必要で、人によってはかなり難しい場合も。

それでも難しいと誰もが思うからこそ、好意を伝えられた側はより嬉しく感じるものです。勇気を持って好意を伝えたことは、相手にしっかりと伝わるでしょう。

好意を伝えるのは勇気が必要ですが、それでも伝えた後は気持ちもスッキリもします。二人の距離が縮まる可能性も高くなるはず。好意を伝えるのは苦手と思う人が多いからこそ、勇気を出してチャレンジしてみましょう。今回ご紹介したことを参考にして、好意を伝えたいと思った相手には、しっかりと自分の気持ちを伝えてみてくださいね。

ページ上部へ戻る