単細胞と言わせない!単純な性格を治すための5つの考え

単細胞と言わせない!単純な性格を治すための5つの考え

男性に対して単細胞という言葉はよく使われるものでもあります。単細胞というのは、単純だったり物事が表面でしか見られなかったりと、理解力に対して乏しい人のことを一般的に指します。

男性としては同時に複数のことを考えるのは苦手だと言われているので、仕方がないことではあるものの、それでも単細胞と思われるのは嫌なものですし、自分のコンプレックスになっているという人も少なくありません。

今回はそんな単細胞な性格を治したい男性のために、単純な考えを治すために必要な5つの考えを紹介していきます。

 

言葉の裏側を見つめる

単細胞と呼ばれる男性の特徴には、言葉をそのまま鵜呑みにしてしまうというものがあります。鵜呑みにしてしまうこと自体は悪いことではありませんが、何でも鵜呑みにしてしまうその姿には、やはり単細胞と感じる人も多いでしょう。

言葉には裏側があるものです。何故この人はそんなことを言ったのだろう?と考えて見るだけで、その人の話す言葉の裏側に興味を持つことも出来れば、その裏側を実際に見つけることも出来るかもしれません。

鵜呑みにするだけでなく、言葉の真意を知ろうというその行動が単細胞からの脱却になるのです。

 

その人の性格を考慮する

人にはそれぞれ性格や価値観というものがあります。そのため、たとえ同じ言葉や行動をしたとしても、誰もが同じ意味を持って言葉を発し、行動しているわけではありません。

単細胞な人の場合は、行動や言動という表面だけを見てしまい、それで完結をしてしまっています。それでは本当に表面の物事しか見ることが出来ずに単細胞となってしまうので、この人の性格や価値観、経験を踏まえて、何故その言動や行動をしたのかということを照らしあわせて考えてみましょう。

気付くと人によってはまったく意味が異なる言動や行動かもしれません。

 

物事の過程を考える

単細胞だと思われる理由の1つには、結果しか見ていないというものもあります。物事には必ず過程があり、過程があってこその結果があります。結果だけを見つめていては物事の本質を見ることは出来ませんし、表面上でしか考えられないため、どうしても単細胞と言われる考えになってしまいます。

何故こうなってしまったのか、誰がどうしてどうなったのか。もし目の前で何か気になる物事があったとき、すでに結果が出ていたとしても物事の過程を考えてみましょう。過程を知ることが出来れば、それを踏まえた上で立ち振る舞うことも出来るので、単細胞ではなく気遣いが出来る人へとなることが出来ます。

 

周りの価値観を感じる

周りの価値観と合わせて、考えを巡らせてみたり、行動や言葉を発してみることも、単細胞を治すために必要なことでもあります。

単細胞の人にありがちなのが、自分がこうと決めたらそうだと曲げない、負けず嫌いなところや、相手に自分の考えを押し付けてしまうところ。自分の中での考えは絶対的であるのは心が強いということで悪いことではないものの、その考えが他人にとっては正解であるかは別の話。

何か行動をするときや意見を言う時などは自分の考えで行動をすることも大切ですが、時には周りの人を観察して、この人ならばどういう考えをするのだろう?という周りの価値観に対して興味を持ってみるといいでしょう。

 

仮定をしてみる

単細胞な性格の特徴には、結果しか見えていなかったり、これはこういうものだ!と決めつけてしまうことがあります。決めつけてしまうことにより、周りへの気配りや注意力に欠けてしまい、失敗をすることもあれば、実際に単細胞だから仕方がないと言われてしまうこともあるかもしれません。

そうならないためにも、もしこうなったらどうなるのか?という仮定をしてみましょう。物事は決まったルートを進むわけではなく、時には自分たちが思いもしない方向へと歩みを進めることもあります。そうなった時のためにも、もし物事が別の方向に転がったら?そんな仮定をしてみると、視野も広がるかもしれませんね。

 

 まとめ

単細胞になってしまうのは、単純に考えが一直線であり、考え方を知らないからだとも言えます。考え方を知ることが出来れば、他の視点からの考察をすることや、時にはそれが思いやりや気遣いとなって、人を助けることもあるかもしれません。

自分は単細胞だから…と諦めている人や、柔軟な考えを持ちたいという人は、今回紹介した5つの考えを参考にして、考え方のバリエーションを増やしていきましょう。

ページ上部へ戻る